セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』
埼玉 平凡なOL

ラブサーチ

「もっと突いて」平凡な埼玉OLだけど正気を保てないくらいの激しいアナルセックスが好き!

投稿日:

平井賢に似た男性と出会い、アナルセックスを堪能しました。
ヒクヒクしているお尻の穴を舐められて…入れられて…。

洗ってないアナルを舐めるいやらしさに、もう濡れ濡れ状態でした。
かつてない激しい愛撫に、何度もイッてしまったのです。

マンコの100倍は気持ち良い体験はたまりませんでした。
たまにあの強い刺激が欲しくなって、求めてしまうんですよね…

平井賢似の濃い目のメンズと出会う

私は埼玉県でOLをしている、25歳の女です。

黒髪で真面目に見られるので、
会社の人達はセフレを確保しているなんて想像もつかないと思います。

しかもアナル好きですしね(笑)

“人は見かけによらない”とは、まさにこの事を言うのでしょう…。

私のお気に入りはラブサーチという大手のサイトです。
お昼休みに、会社の屋上でこっそり見るのが日課となっています。

…というか、平凡なOLの楽しみはこれくらいしかありません。

最近いろいろと溜まっていたので、自ら書き込みをしてみることに…。

===
20代後半の、平凡な女ですが大丈夫ですか?
可愛くもないし、モテた経験もありません。

大きな声では言えませんが、ちょっとマニアックなエッチが好きです…
そんな体験ができる男性を求めて、思い切って登録してみました。

今日か明日、お相手してくれる方を募集しています!

年上の方が理想で、エッチが楽しめる方が良いかな…
いろいろ条件つけてすみません、よろしくお願いします。

25歳 ノリ

===

「平凡」と書きつつ「マニアック」というのが矛盾していますが、そこが狙いです。
プロっぽい女の子と、それらしいエッチをするのって、そそられないと思うんです。

普通に会社にいそうなOLと、エクスタシーに満ち溢れるプレイをしたい!
…そんな男性を求めていました。

すると、そんな女の子を放っておけない!といった性分の男性からアプローチが。

===
こんにちは、ノリさん。
都内で会社員をしている、ショータです。

さきほど、このサイトでノリさんの書き込みを見ました。
マニアックなエッチが好き…というのが気になりました。

ぜひノリさんと一緒に、気持ちの良い時間を過ごせたらと思っています。
お返事もらえましたら、僕の写メをお送りします。

ひとまず検討してみて下さい。では!

ショータ 37歳

===

鼻息を荒くしているメンズかと思いきや、意外と冷静でした。

でもこの方法、出会い系サイトではよくあるやり取り(笑)
「返事がもらえたら、写メを送る」と言われたら、安心感がありますしね。

その背景を知りつつ返信をすると、ショータさんから写メが届きました。

…濃い!!顔が濃い!!

目鼻立ちがハッキリしていて、平井賢に似ていました。
偏見かもしれませんが、アナル好きな男性って、顔が濃い目なんですよね(笑)

今まで知り合った男性のほとんどが、日本人離れした風貌でした。
出会い系サイトで安全そうなイケメンと出会えるなんて期待していないので、これでOKです。

そんなわけでトントン拍子に話が進み、あっさり明日会う約束が成立しました。

平日18時、大宮駅待ち合わせ♪

待ち合わせ場所は、埼玉県の大宮駅。
ショータさんが、仕事帰りに東京から来てくれるので助かりました。

ちなみに埼玉に住んでいる人は、都会人になりきれないようなコンプレックスを感じている人が多いです。
地方出身者が集まっているエリアでもあるので、私からすると都内に住んでいるショータさんはワンランク上な感じです。

さて時刻は18時…この時間になると、大宮駅は帰宅ラッシュの時間帯に入ります。
多くのサラリーマンが行き交うなか、ポツンと一人で待っていました。

5分くらい遅れて、ショータさんが改札口から来るのが見えました。
顔が濃いせいか、すぐに見つけられました(笑)

私「ショータさんっ!はじめまして、ノリです!」

ショータさん「おっ、ノリちゃん。今日はよろしくね!」

私「すぐにショータさん、見つけられましたよ~♪」

ショータさん「やっぱり?(笑)てかノリちゃん、若くて可愛いね~」

軽く肩を叩かれて、さっそくスキンシップです。
お互いに変な壁がなくて、素のリアクションが嬉しかったです。

これは大当たりかもしれない…!
久しぶりにアナルセックスを楽しめる!!と変態モード全開でした(笑)

ひとまずここでは深い話はせず、お酒が入ってからエッチな話をしようと思っていました。

ショータさん「お腹空いたね。大宮駅近くでさ、よく行く店あるんだけどそこで良い?」
私「はい♪ぜひそこ行ってみたいです!」

濃い目のショータさんが、よく行く店ってどんなところだろう?(笑)
ワクワク、ドキドキ?しながらついて行きました。

ブラジルの燻製料理屋さんでがっつりご飯

大宮駅から歩いて5分、ブラジルの燻製料理を出してくれるお店がありました。
私はブラジル料理も、燻製料理も初めてだったのでびっくり(笑)

ショータさん「ここで大丈夫かな?量が多いから、食べれるだけ食べてね!」
私「は、はい!お腹空いてるので大丈夫ですっ。」

とりあえずゲテモノ料理とかじゃなくて、良かった…(笑)

ブラジル風の惣菜パンとか、揚げ餃子など、アラカルト料理がたくさん出てきました。
燻製肉は絶品で、柔らかくてジューシーでとても美味しかったです。

ショータさんはわりと大食いで、がっつり食べて大盛り上がりでした。
コスパも良いし、二人でシェアしながら楽しめるお店でした。

ショータさん「結構スパイシーだね!お酒もいっぱい飲んでね。」
私「この味付け、クセになりますね♪ありがとうございます!」

燻製の独特な香りが食欲をそそり、お酒も進みました。
やっぱりお互いマニアックな嗜好があるせいか、こういった料理はご馳走です。

ガッツリご飯デートを楽しんだ後は…刺激的なセックスをしたい…!と思いました。
お腹もいっぱいになったところで、ショータさんからホテルへお誘いが。

ショータさん「ノリちゃん、お腹いっぱいになった?…そろそろ行こっか?」
私「は、はい♪」

さて、いよいよであります。
2人でかなりお酒を飲みましたが、それほど酔っていませんでした。

しっかり腕を組んで、ラブホへと直行しました。
今からこの人と…普通のセフレでは出来ないプレイと思うと興奮しました。

激しいドリル舐め…唾液かマン汁か分からなくなるくらい…

ラブホへ着くと、キスをしあいながらベッドへ倒れ込みました。
どスケベな本性が、丸出しになっていく…

私「い、いっぱい…気持ち良くして…」

近距離でおねだりすると、ショータさんのアソコがビンビンになりました。

ショータさん「わかったよ…ノリちゃんのお尻…キレイだね…」

下着の上から、エロ過ぎる手つきでお尻を触ってきました。
私は形が良くて、プリっとしたお尻をしています。

ショータさんに撫で撫でされたので、自らパンツを脱ぎました…

私「生のお尻…触って…」

ショータさん「す、すごいエッチなお尻…」

私「ア、アナル…ほじって…キレイにしてきたから…」

ヒクヒクしているお尻の穴を、自分の指で開いて見せました。
は、恥ずかしい。もしアブノーマル系の人じゃなかったら…!

すると次の瞬間、ショータさんが洗ってないアナルを舐めてきたのです。

ジュルルルュュュュ…!!

私「ああああんっ!き、気持ち良い…!!」

私は完全にアブノーマル側のスイッチが入りました。
洗ってないのを舐められるのは、たまらない背徳感があります。

ショータさんは恐らく、相当なアナル好きだ…!

穴の周辺をペロペロ舐めて、何度も舌を出し入れしてきました。

こ、こんな激しいドリル舐め…
指も2本は入っていたと思います。もうヤバい…。

私「んっ、んあぁぁ!!イッちゃうう!」

ショータさん「お尻すきでしょ…?こんなにトロトロ…」

ショータさんの舐め方が激しくて、何度もイカされてしまいました。

マ○コの100倍くらい気持ち良い感覚…試した女の子にしか分かりません。
私はシーツを握りしめながら、腰をカクカク動かしていました。

ショータさん「アソコもすごい濡れてる…」

お尻の穴で感じまくったせいで、私のアソコもぐっちょり濡れていました。
ショータさんはいやらしい指先で、マン汁をアナルへ流し込みました。

もう私のアナルの周りは、ローションを付けたように濡れていました。
ショータさんの唾液か、私のマン汁か分からないくらい…

「締まってる…」快感だけが脳にダイレクトに行き渡る!

ショータさんは、待ってましたとばかりに、ゴムを付けてアナルへ挿入しました。
もう十分ほぐれていると分かるのも、経験者だなと思いました。

ズズズズズズっつっ!!

ショータさん「おぅ…っ!締まる…締まってる…!」

私のお尻を両手で撫でながら、ゆっくりピストンを開始しました。

あああ~、気持ち良い~…!!

私「ショ、ショータさん…もっと…もっと突いてっ!」

正気を保てなくなるくらい気持ち良くて、私は半分壊れていました。

女の子の体はおもしろくて、突くほどマ○コが濡れてくるんです。
私は右手でクリとヒダを刺激して、さらなる快感を求めていました。

常にイッてるような感覚なので、私のアナルは全開になっています。
マン汁が回ってヌルヌルなので痛くなく、快感だけが脳にダイレクトに行き渡りました。

2~3分激しく腰を振ると、ショータさんが射精を迎えました。
ショータさん「も、もうヤバイ…イクね!」

ガガガガガっ!!ふ、ふぅ。。

ラストスパートの固くなるチ○ポは、アナルが刺激されて最高に気持ち良かったのです。

私「今度はたっぷりアナルの中に出して、精液がこぼれる…みたいなのやって♪」

ショータさん「…エッチだね。楽しみにしてるよ。」

これがショータさんとの初めてのアナルセックスです。

私のなかで、アナルができるセフレはとても貴重です。
彼氏にはお願いできないプレイも、セフレとだったらできますからね。

今では欲求不満になると、こうやって会ってはアブノーマルなプレイを楽しんでいます。

ラブサーチのエッチ体験談一覧

-ラブサーチ
-,

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」