セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』
体験談 宮城 カーセックス

PCMAX

リーマンだって出会える!カーセックスを体験できる出会いアプリ最高!

更新日:

風俗遊びに飽きた俺が体験した出会い。
女の為に動けば、それに体で答えてくれる女性がいた。
週刊誌が作ってくれたきっかけと、とある女性。

リーマンの俺がセフレを作る理由!やるかやらないかがポイント!

サラリーマンしてると出会いなんてまずはない。
学生時代が懐かしいぜ、なんて嘆きながらピンサロに通うのもなんか虚しいわ。
週刊誌を立ち読みしてて、夏が近いせいか大人の恋愛事情の特集があった。
最近は出会いアプリで出会っている同年代は、まるでAVのジャンルかの様なエロい話を載せていた。
どうせいつもピンサロに出してるこのお金でセックスできるなら、試す価値はあるか。
缶ビールと一緒に週刊誌を買って家に帰った。

とりあえず、雑誌に書いてある通りに、プロフを充実させた。
ていうか、こんなに沢山書いて誰が読むんだろ。
そのあとは、自分の好きなタイプにメッセージを送るのだそうだ。
PCMAXのジャンルは即ヤリと恋愛系があるらしい。
俺はとりあえず友達募集の掲示板から、お団子頭にパリっとした白いブラウスを着たあゆみさんを選んだ。
彼女は普段、建築事務所で働いているそうだ。

俺はとりあえず無難な内容でメッセージを送り、ビールを飲んだ。
週刊誌では、女のプロフからどんな性格なのかを読み取れとあった。
俺に分かったのは彼女はBカップくらいのおっぱいで、今まで付き合った彼氏は5人以下という事くらいだ。

ただ顔は可愛い。
スタンプやら何やらで加工はしているがそれでも、顔つきがかわいいのは分かった。
残念ながら、その日は何もメッセージはなかった。

出会いを作るのは、素直な気持ち?昔に戻ろう。
青春を感じよう。

次の日の夕方、出会いアプリでメッセージが届いてるのに気づいた。
愛子バイパスを降りて缶コーヒーを飲む。

「メッセージありがとうございます。
私の周り、汗臭い男しかいなくて、コウスケさんみたいな爽やかタイプの男性とは中々出会えません。よかったら仲良くしてください」
あゆみさんは、想像通り今の職場にストレスを抱えているそうだ。
しかも自分から理想の男性像を伝えてきた。

「お返事ありがとうございます。僕も汗はかきますよ(笑)でも、爽やかだって職場には割と好評だったりします。あゆみさんの話、もっと聞かせて下さい」
可愛い女の子からメッセージをもらうと、それはそれでドキドキする。
うれしかったのはその日の夜、お互いが寝るまでずっとメッセージを交わすことが出来たのだ。

お互い愚痴を話したり、言葉も敬語からタメ口調で話すことが出来た。
最後に俺たちは週末ドライブする約束を結ぶことが出来た。

女を乗せてドライブするのは何年振りだろう。
金曜の夜、セルフスタンドで一生懸命に車を掃除した。
まぁ車弄りは好きだけど、掃除機をかけたのは何年ぶりだろうか。

あゆみさんは今日は飲み会だそうだ。
ある程度掃除を終えて缶コーヒーを飲んでいたら、メッセージが届いた。
「あいたい」ただそれだけだった。
彼女は仙台駅近くの飲み屋にいるらしい。
俺はその店を使ったことがあった。
田舎だからな。
笑いながら車を飛ばした。
彼女は紫の可愛らしいワンピースを着ていた。
顔つきで分かるくらい可愛い。

「あゆみちゃん。お待たせ」
「夜遅くごめんね、コウスケさん」
蒸し暑い空気のせいか、俺たちは互いの顔を見るばかりだった。

「送るよ」
「うん」
車に戻ると彼女はゆっくり話し始めた。
簡単な住所をナビに入力してから、彼女は俺に色々な質問をしてきた。
彼女はいるのか、女遊びはするのか、出会い系はいつも使うのか。
安全な出会いで、セフレを作りたい俺は彼女のポイントから外れないように答えていった。

「コウスケさんって彼女いるのかと思った。よかったぁ」
隣のシートをガタンと倒す彼女。

「ねぇドライブ連れていってよぉ。もう少し一緒にいよ?」
俺はバイパスに入って海岸を目指した。
お互いの昔話をしながらのドライブは、悪くない。
海岸線近くに出て車を止める。
誰もいない。

「あゆみさん、眠くない?」
「うん、眠い。ねぇ、来て?」
俺の腕を引っ張る彼女。
ぎゅっと彼女を抱きしめる。
彼女は少し疲れた顔をしていた。
クマが薄く見える。

「良い匂いする」彼女はクスっと笑いキスをしてくれた。
そのまま彼女の押し倒した。
車のなかでいやらしい音がする。
彼女の舌が首筋を這う。
俺は彼女のスカートをめくり彼女のパンツの上に指を当てる。

「もっと!もっとして?」
とろける様な顔で俺を見るあゆみちゃん。
パンツの間からおまんこを触る。
彼女は既にぐちょ濡れだった。

「どうして欲しい?」
「んんっ! ぁあっ!!」
指2本を潜り込ます。
ぐちょっとエロい音と共に喘ぐ。

「ああっ!指、動くうう」
腰をグイグイ動かしてくる。
俺はズボンを脱いで彼女に息子を掴ませた。

ゆっくり触ってはいるが、どんどんいやらしくなってくる手つき。
俺も我慢ができなくなる。

「入れるぞ?」
「んん!しちゃう?おちんちん入れるの?」
ぐっとキスを求めてくる彼女。
指を引き抜き、息子をそのまま押し当てた。
狭い入口を無理矢理こじ開けると彼女はビクビクと震えた。

「ああっふっううぅ!!!」
根本までぶち込むと彼女は酒のせいもあったのか、潮を吹いた。

せっかく掃除したばっかりなのだが、まぁいい。
俺はそのまま彼女の両足を広げピストンを続けた。
生のおまんこは、ぐちょぐちょと音を立てて絡んできた。

「あああ、いい!すごいいい!!!」
「おら、出すぞ?!」
彼女はビクビク震えている。
根本まで差し込んで奥の奥で射精した。

その後は、テンプレ通り。
落ち着いたら2回戦。
彼女のフェラを楽しみ、たっぷりとおまんこを味わった。

きっかけは簡単な週刊誌。
普段のビールよりも刺激的な日常は自分が動くしかない!ぜひ普段の生活に飽きたサラリーマン諸君。
まずはアプリに登録しようぜ!

PCMAXのエッチ体験談一覧

-PCMAX
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」