セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』
体験談 埼玉 痴女性欲

PCMAX

男並みの性欲を持つ女がいる出会い系!自分から求めてくる痴女にフリーターの息子が大暴れ!

投稿日:

フリーターだって出会い系でデートからセックスまで一直線!
普段は真面目な先生だけどストレスと刺激のない日々が溜まったせいで、自らちんこを欲しがる痴女に大変身!

フリーターの僕は出会いの無さに泣くしかなかった

コンビニで働いていると、周りには高校生か大学生、僕と同じ様なフリーターしかいない。可愛い女の子はいつも彼氏がいるっていうか店に来るし、微妙な子は変に女の子ぶって相手にしてくれない。
やっぱりだ、甘えさしてくれる女性がいないというのは精神的にキツイ。。家に帰ってもゲームしかしてないせいもあるんだろうけど、女の子と接する時間がまずない。抱きしめてくれる女性なぞいない。セックスなんてある訳がない。うーん。参った。
ゴミの処理を一人、蒸し暑い倉庫のなか夜中に処理をしていると泣けてきた。
彼女欲しいなぁ。ゴミ袋にエロ本の裏側が見えた。
グズグズ鼻をすすりながら、エロ本を取り出す。PCMAX出会い体験談という特集か。
ぼーっと読んで、ユニフォームのなかに入れる。誰も困らないだろう。
店に戻ると、まんがを読み漁る同僚にお疲れ様~とケツを叩かれた。

始めるきっかけは汚いエロ雑誌!だけど、それがセックスのきっかけになる!

賞味期限の切れたおにぎりを食べながら、家路に着く。この時間になると制服姿もチラホラ。こんな若い子たちと青春できたら嬉しいのに。まあ無理だろう。
アパートのゴミ捨て場の前で、隠していたエロ本を思い出した。
結局話の筋はこうだった。始めたもん勝ち、当たりを見つけるまで粘れば必ず勝てるって感じだった。セフレだろうが、恋人だろうが必ずセックスに結び付くきっかけになるそうだ。僕は100ポイントだけ無料でもらえるクーポンコードだけ写メに撮って本を捨てた。
「結局のところ、お金だよな。」
アパートから少し遠いコンビニまで歩いた。5,000円分のビットキャッシュは中々の出費。ていうかゲーム以外でお金を使うのも久しぶりなのに、こんなもんに使っていいんだろうか。
シャワーを浴びてエロDVDを流しながら、プロフを登録した。フリーター王子って名前は我ながら痛い。遊びなんだし、これくらいアホらしてもいいか。
埼玉住みの女の子が意外と多いのには驚いた。同年代や年下には馬鹿にされそうだから、あえて40歳くらいのお色気ムンムンの大人の女って感じの人にメッセージを送る。変に気落ちしなくて済む、安全に会える人、確実に会える人がいい。
返事などどうでもいいや、そんな気分で眠りについた。

夕方近くに起きると、スマホにはどうでもいいメルマガと一緒に女の子からメッセージ受信のお知らせが入っていた。最初からメールでお知らせ機能をオンにしていたのか、これはこれで便利だ。今夜の休憩中にでも読もう。ポイントは腐るほどあるんだ。

休憩中に見たメッセージのなかでサクラじゃない感じの女の人が一人だけいた。
38歳、シホさん。普段は教師をしているとのこと。んー写メの感じがいかにもな教師だ。
自信たっぷりな笑顔、ちょっとふっくらした体。周りの女性も教師仲間とかなんだろう。
「初めまして、王子様。面白い名前だから気になっちゃった。こんなおばさんでもよければ、お返事下さい。待っています。」
メッセージ自体は柔らかい感じがしてよかった。適当な挨拶とネットで仕入れた口説きのフローチャートに従って、丁寧なメッセージを入れておいた。

シャワーから浴びるとシホさんは
「これから出勤!行ってくるお!」と車の中で撮ったであろう写メを載せてくれていた。
可愛い部類に入る顔つきだった。シックな服装も似合っている。
僕がシホさんとこんな合間を埋めるようなメッセージのやり取りを交わすうちに、ついにデートする事になった。

明るい感じの彼女の望みは、たった一つ!ちんこしかなかった

草加駅の上島珈琲。こんな洒落た喫茶店でシホさんを待つ。待ち合わせの時間を少し過ぎた当たりで、彼女は来た。
「よっ!王子くん!」
「シホさん、人前でそれは勘弁。」
シホさんのおかげで、笑いから出会いを飾ることができた。彼女はロータリーの隅に車を停めているから、ダッシュで行こうと僕をせかした。
車の中では二人ともチラホラ話すばかり。車は川沿いの遊歩道で止まった。
静かな夜。周りには車の音しか聞こえなかった。
「ねぇ、王子。ほんとはこんなおばさんじゃ嫌でしょ?」
「シホさん、それ前にも言ったけど、気にしすぎだよ。僕なんか見た目がおっさんじゃん。」
確かに出会い系アプリでセフレを作ってそうなイメージなぞ一切ないフリーター王子であった。シホさんが肩に顔をうずめてくる。
「もう、笑わせないでよ。」
ごめんと呟く。また静かな時間が経つと彼女は僕のシートを倒して、抱き締めてきた。
「あのね、こんな変態な女で本当に嫌かもしれないんだけど、最近全然してないのよ。」
僕の服のなかに手を入れてきた。乳首を触り、片手でチャックを下ろす。
息子は思った以上に反応していた。
「誰もいないし、中に出してもいいから欲しいの。」
返事を聞く前に舌を絡めて、シゴキはじめる。エロDVDで見た痴女物の感じがする。
シホさんのおっぱいを上着の上から触ると、彼女は乳首をつねって欲しいとおねだりしてきた。僕はもう言われるがままだった。
シャワーも浴びていないシホさんのおまんこを舐めて、クリも吸い上げた。
いきなりこんな展開になるとは想像していなかった。シホさんのフェラは口の中で出すと尿道まで吸い上げてくれる、オナニー以上に気持ちの良いものだった。
おまんこは正直キツイ感じはしなかったが、びちゃびちゃといやらしい音が突く度に響いて僕は彼女の中で何度もイってしまった。

結局アパートまで送ってもらって、次の休みは僕のアパートでセックスする話でお別れした。出会い系は確かにやったもん勝ちの世界だと身をもって体験する事が出来たのだ。

PCMAXのエッチ体験談一覧

-PCMAX
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」