セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』
石川 白下着の女

ラブサーチ

白い雪に白い精液、彼女から突然「出さないで!」という叫びが

投稿日:

もう最近では彼女が出来、彼女に申し訳ないので出会い系サイトのセックスフレンドとの出会いもしていませんが、一年前のボクは、 性を大いにランダムに満喫していましたね。

結局、彼女がいないでも、現代社会では性は充分こんな感じで開拓することができると思うのです。

いま、石川県で、彼女がいないで、悶々としているなら絶対に出会い系サイトって利用したほうが、この次彼女を見つけようという弾みにもなると思うのです。

悶々として家に閉じこもってしまえば、アダルト動画サイトなどで満足してしまって、次のステップを踏むことができない引きこもりになりますよ。

ボクが言いたいのは、セックスに大いに満足することができるし、セックスフレンドとのおつきあいはもうこの程度でいいかなという転機もきっと見つけられると言いたいのです。セックスってそういうものであり、セックス・セックスと飢えるヤツラも、やがて、精神的なものをもっと大事にしなければならないというモチベーションになるのではないだろうか。

ラブサーチで異質な出会い

出会いアプリだから、こんな感じで、結構セックスフレンドって見付かるものなのです。ボクも、こんなゴキブリホイホイのような感じで、相手がすぐに見付かるとは思わなかったです。

出会い系サイトは安全でないという声もありますが、そんな不安材料なんて一切ありませんでしたよ。それはラブサーチに限ったことなのかもしれませんが、運営会社が一生懸命監視しているから段々と昔ほど侵入する悪徳業者も少なくなって来たのかもしれません。

森口博子似の女の子

最初に、ラブサーチで出会うことができたセフレは、森口博子似という感じでした。年齢は、少し賞味期限切れという感じはあります。

写メではキラキラ輝いていたというのに。

写メでは、 尾山神社の前でキャピキャピやっていましたよ。

でも見た感じの彼女は、石川県金沢から来たのではなく、魚津あたりから来たの?という感じです。

魚津埋没林??

それはちょっと言い過ぎでしょう。

セックスフレンドたちは、くどくど面倒くさいことは言わないで、ホテルに直行です。

来て来て来て♪のサンタモニカです。

普通の出会いなら、言葉のやりとりも必要でしょう。しかしそういう無駄を排除することができるのもセフレのいいところなんです。

ボクは相手のことを何も知らない。知らないのにセックスしあうって非常に不思議です。
ただし、ルールとして「ゴムなしでいい?」と確認しました。

何かを言おうとしたかなと思ったとき、ボクはベッドに横になって座る彼女に対して、「肩凝ってない?」なんて、わざとらしいことをいい、彼女の肩を両手で揉み揉み、同時に既に彼女のキスをしました。セフレの関係で、ゴムなし挿入は当たり前のルールでしょう。聞くことが男のたしなみです。

愛情の存在しない口と口のキスって、それほど意味を持たないなという感じがしましたね。というか、何か懐かしい初恋の思い出もセックスフレンドの唇にキスをしているという行為によって、破壊してしまっている感じがしました。

そうだ、ボクはキスをセックスフレンドの相手として、以前の彼女とのスリリングなドキドキ感あるキスを思い出しているのだなということがわかりました。

ボクは口からはすぐに離れて、彼女をベッドに押し倒しました。彼女は、ちょっと不機嫌そうに「服がグチャグチャになってしまう」と。

相手の女の子も、別にボクに愛情を持っている訳ではないし、ちょっとした瞬間に、嫌悪の顔をボクに見せつけることがあります。

彼女はシャワーへ

彼女は、私は「先にシャワー浴びるね」といい、ボクから離れて行きました。 ボクは、窓のほうへ行き、彼女のことを待っていたのですが、外は雪が降っていました。

なんとロマンチックでない雪なのでしょうか。女の子から、「あら雪が降ってきたわ」という感嘆の声を聞くこともありません。

そういえば、会話ってお互い何してたのかなと。

結局「服がグチャグチャになってしまう」と「先にシャワー浴びるね」が一番彼女の長文だったのかもしれないです。

待ち合わせ場所でも、「ナナコさんですか?」と聞けば、彼女はコックリと頷くだけで、ボクが「行こう」といえば、半歩後ろに下がってボクに従っただけです。「ゴムなしでいいか?」の質問にも、回答なしでしたし。

ホテルを案内し、ボクが「ここだよ」といえば、ホテルの自由の女神をじっと見上げていました。会話がなくたって、セックスはすることができるけど全然、ロマンスがここには存在しないのです。

ロマンスが枯渇している

ロマンスが存在しているから、ボクは、ここで女性にいい思われ方をしたいから、格好をつけたりもするのかもしれません。タバコを口にくわえたまま女性の衣服を脱がせるようなニヒルを演出し、オン・ザ・ロックで女性に、バーボンを口移ししたりする演出も、自分自身が格好良くなりたいためです。

しかし、そんなことをしようというモチベーションもボクにはない。

ある意味、ここには、本当の意味でのセックスという逃げ道のない手段が残されているだけです。ボクは、結局もうセックスから逃れることができないのです。

それを前提として、ボクは、彼女のシャワールームを襲う決心をしました。……と決心をしましたが、決断は遅かったですね。彼女は、既にタオルを巻いてボクの目の前寸前にいます。

ボクは、彼女を包み込むように抱き、背中から、彼女の幾分大きめの垂れたオッパイをグニュグニュしてやりました。

「あぁぁぁ あぁぁぁ あぁぁぁ……」

彼女相当オッパイが感じるようです。

オッパイは後回しにして、ボクは、彼女をオッパイの下から舐め回ってあげました。

オッパイの垂れたスキマをオッパイを持ち上げるようにしてキスをして、段々とヘソのほうへと向かって行きます。

彼女のヘソの側には、まるで明けの明星のようなホクロがひとつあります。ボクは、明けの明星をキスで集中攻撃して、先へと進んで行きました。

そしてヘソの掃除を、口でしてあげて、(ちょっと塩辛い味がしましたね)ヘソから下へ下がって行きます。

彼女は口を自分の手首で防ぎ、喘ぎ声を出さないような努力をしていました。しかし、それでも、声は外へともれて来ます。

彼女は、ずっとホテルの天井の方を見たままです。ボクを見ないから、別に相手はボクでなくても、失業していつも金沢南総合運動公園で寝ている大野孝典君でもいいんだろうなという気がしましたね。

いや眼鏡片方割れたままスーパーマーケットでレジ打ちをしている
8歳年上の中村美都子さんでも、彼女は、こんな感じで興奮して、天井を見ているのでしょう。

デルタゾーンまで行けば、ボクは肩すかしを食らわせるために、▼は避けて、足へと移行しました。

弾力のあるボワンボワンな彼女の腰にキスをして、更に下へ下へと下がって行きます。

もっと弾力のあるボワンボワンボワンとした太ももにキスをすれば、彼女、太ももにコンプレックスを持っているのか、ボクを太ももエリアから蠅のように追い払おうとしてしましたね。

それは、ひょっとしたら、▼に戻れという合図だったのかもしれません。

女の子の身体を舐めまわり

ボクは、女性の身体をこんな感じで舐めまわっていました。女性の身体って、こんなにも広いと思ったのははじめてです。舐めるのも本当に時給960円程度の重労働です。

上から足の爪まで“舐め”プレイが完了したとき、確実にボクは年をとってしまっているのでしょう。

ボクは、しっかり最後までやり遂げる性格なので、まだ太ももから▼ゾーンには戻らず、膝関節を舐めまくり、次は、ふくらはぎです。ふくらはぎあたりには、まだシャワーの水分が残っていて、ボクは、拭き取る感じでチュウチュウやっておりました。

彼女の足の指と指の間を、しっかりナメナメして掃除をしてあげて、今後は、彼女に奉仕をさせるために、彼女にボクのペニスを握らせた次第です。

ちゃんと勃起していたから安心しました。

実を言えば、出会い系サイトを利用する不安よりも、セフレという未知なる相手と向きあい、勃起できるかが不安でしたね。

ボクは、想像しているよりもデリケートな存在なのです。

ボクは、彼女の頭を両手で下へと押しやって行きました。フェラをしろという合図なのですが、 彼女はなかなかそれに抵抗しているのです。

ウブなネンネじゃあるまいし。フェラNGのセックスフレンドなんて聞いたことありませんよね。

ねえ。

でも、ボクは、このセックスを完結しなければならないmissionがあります。

ボクは、「入れたい?」と女の子に聞けば、彼女は放心状態で薄ら笑いを浮かべていました。

フェラチオが省略された仕返しに、ボクもオッパイ・▼の愛撫は中断して、彼女にボクのアレを挿入してあげました。

彼女のおマンコは何も触れていないのに、もう既に潮を勝手に吹くくらいにビショビショです。

ボクの精度の高いピストン運動で、彼女は、もう、喘ぎの極致であり、彼女の言葉にならない喘ぎ声は、一階のフロントまで届いているのではないでしょうか。

そのとき彼女は瞬間「出さないで!」と久々、セリフを発したのです。

遅い……。

いやギリギリ間に合ったという言い方が正しいですが。
なんで……???

周囲は意に反した白い精液まみれで、まるで果てしなく降り続けている雪のようでした。

ラブサーチのエッチ体験談一覧

-ラブサーチ
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」