セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』
体験談 福島 ガリ巨乳

Jメール

ブスですが、脱ぐとすごいんです…福島のラブホで男性を虜にしちゃった!

投稿日:

私は随分と痩せていて、顔がビミョーです。
久〇雅美を、20代に戻した感じ…と言えば分かりやすいと思います。

でも脱ぐとすごいんです(笑)
たわわなオッパイに仰天し、私の体に虜になってしまった男性のお話しです。

写メを送ったら、男性に断られた過去…

かつて出会い系サイトJメールでやり取りしていた男性に、
「とりあえず会う前に、写メでお互いの顔を確認しようよ!」と言われ送ったところ、
当日ドタキャンされた過去がありました…

結局、男は女性を顔で選ぶんだなぁと痛感し、あまりログインしなくなりました。

それでもやっぱり、恋人は欲しいしこのままではいけない…
わたしも女だし、夜な夜なセックスしたくてたまらなくなる日だってあります。

半年くらい経ってから、またJメールに以下の書き込みをしました。
安全な出会い系アプリでも、傷が癒えるまでは時間が掛ったのです。

===
男性慣れしていないので、ドキドキしています…
見た目に自信がないので、それでもOKという方が希望です。

この歳になっても、あまり男性経験がないので恥ずかしいです。
できれば年上の方で、リードしてくれるような男性が良いです…

今度の休日、福島市内でお会いできる方…
メッセージ待ってます。

20代後半 スミコ
===

過去のことがあったので、先に写メを送るのだけはやめよう。
でも顔に自信がないことは、伝えておこうと思いました。

すると30分もしないうちに、ある年上の男性からメッセージを受信しました。

===
初めまして、スミコさん。
福島市で会社員をしている、マコトと言います。

偶然、サイト内でスミコさんの書き込みが目に留まりました。

女性は見た目も大事ですが、中身はもっと大事ですよ。
もし私で良ければ、一度お会いできませんか?

30代後半 マコト
===

見た目は気にしない…半信半疑でした。
そういう男性ほど、ルックス重視なことも多いので、正直迷いました。

でもマコトさんのファーストメールはあっさりしていて、
「写メを送ります」とか「送ってください」は無かったのが良かったです。

容姿に自信がない子に、萎縮するメールというのは厳禁だと思ってくれたのでしょう。
奥手な女性といったスタンスで、優しく接してくれました。

待ち合わせ…ゴメンと言われたらどうしよう

待ち合わせ場所は、福島駅東口の時計前。
たくさんの路線が走っているので、人は多いですが福島の待ち合わせには便利です。

いよいよご対面と思うと、何だか緊張してきました。
ワクワク感ではなく、「やっぱり…ごめん」そう言われたら…

何度も頭の中をループしましたが、気づけば改札を出ていました。

ほぼ時間通りに東口へ到着すると、マコトさんらしい人がすでに待っていました。
眼鏡を掛けていて、IT業界にいそうなキリっとした雰囲気。

“あ~…なんか苦手な人種かも…”

メガネ男子=おしゃれだから、芋臭い私を好むはずがないと思いました。

するとマコトさんが、私に気づいて笑顔で話し掛けてくれました。

マコトさん「スミコちゃんですか?僕マコトです!今日はよろしくね。」
私「あ、あ、はい。よろしくお願いします…あの…」

マコトさん「ん?どうしたの?」
私「マコトさん、私みたいので大丈夫ですか?」

マコトさん「何言ってるの~、僕の方こそオジさんだけど大丈夫?」

ちょっと冗談を交えながら、顔色を変えずに私を受け入れてくれました。
立ち話もアレだったので、そのままホテルへ直行することになりました。

盛り上がらない会話、一人でシャワーへ…

ラブホテルへ到着すると、マコトさんは私の体を視姦してきました。

マコトさん「スミコちゃんって、痩せてるよね~」
私「昔から太らない体質で…食べても吸入されないんですよ…」

マコトさん「僕はスレンダーな女性好きだから、気にしないでね」
私「あ、あの。マコトさんは、こういった遊びをよくされるんですか?」

マコトさん「最近はあんまりかな。スミコちゃんは、男性経験がそれほど無いんだっけ?」
私「そうですね…見た目に自信がないので…」

いつもこうやって、男の人の前でマイナスのオーラを出してしまいます。
あまり聞かない方が良いことをストレートに言ったり、空気が読めないんです。

会話も途切れ途切れになってしまったので、マコトさんはシャワーを浴びに行きました。
このまま帰る!と言われたらどうしよう…

ガリガリのブスは、本当に損だと思いました。
とりあえず私は歯磨きをして、続いてシャワーを浴びることになりました。

ついにベッドイン!マコトさん仰天のボディとは?

マコトさんがベッドで待っていたので、私も緊張して入ることに…

マコトさん「優しくするから、痛かったらすぐ言ってね」
私「は、、はい…」

まずは軽くキスして、掛け布団をめくり上げました。
そして私の巻いていたバスタオルを取り去ると、一瞬マコトさんが止まりました。

バスタオルを取った瞬間、たわわな胸が”ブルルンッ!”と左右に揺れたのです。

マコトさん「スミコちゃん、こんなにオッパイ…大きいの…!?」
私「あ…は、はい…胸だけは…」

ガリガリでしたが、Eカップなのでかなり胸のボリュームはありました。
着衣しているとセクシーさが無いのですが、脱ぐとすごいんです(笑)

マコトさんはもう勃起MAXの状態で、私の胸を手の平で優しく揉みました。
乳首を交互に口へ含むので、どんどん先端が固くなっていきました…

「き、気持ち良いです…」

さらに乳を真ん中に寄せて、左右の乳首を同時舐めしてきました。
私はそのいやらしい光景に、たまらず喘ぎはじめました。

マコトさんは、大きくなった勃起チ〇ポを私の太ももにこすり付けて、
ちょっとガマン汁を垂らしながらむさぼり付いていました。

激しいクンニに理性が吹き飛ぶ瞬間…

私の豊満なオッパイに虜になったマコトさんは、
体勢を入れ替えてクンニをしようとしてきました。

私「そ、そこは…ちょっと…あっ…!」
あまり男性に舐められたことがないので、恥ずかしくてたまりませんでした。

マコトさん「すごくきれいだよ…ほら…」

両手でビラビラを摘まんで、ヌメヌメしたマ〇コを広げました。
美味しい…美味しいと、ジュルジュル音を立てて、舌を奥まで入れられました。

ハァ…ハァ…イ、イっちゃう…・っ!!

腰をガクガク震わせて、吹き出しそうなマ〇コを突き出していました。
その後、指を2本も入れられて撫で回されてイキました…

私「マコトさん。そろそろ挿れて…」

するとズヴズヴっ…と卑猥な音を立てて、ゆっくりつけ根まで入れてくれました。

お、おお大きい…・!!
あれ?男の人のアレって、こんなキツかったけ?

するとマコトさんが、「スミコちゃんの、まとまりついて来る…ヤバイ…」
まだキツさを感じていましたが、マコトさんはガンガン腰を振ってきます。

「い、イクよっ」と声を掛けられた直後、マコトさんはフィニッシュ。

私「すごく大きくて、びっくりしました…気持ち良かった…」

…マコトさんとは体の関係だけですが、月1でセフレ関係を続けています。

やっぱり男性は、顔か体のどちらかを重視します。
私みたいなブスでも、おっぱいが大きければこんなに気持ち良くさせてもらえるんですね。

Jメールのエッチ体験談一覧

-Jメール
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」