セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

PCMAX

セックスレスに悩む伊予市の人妻は出会い系で即ハメさせてくれた!教師は恋愛御法度な世間体のなか、他人の家でやる子作りセックスは最高だ!

投稿日:

仕事柄、風俗すらまともに行けない。そんな僕に出会いの楽しみをくれたのはPCMAXだった。セックスを楽しみたいなら、男は出会い系で磨きをあげるべきなのだ。

学校の先生は恋愛できない

教職についてから、家に帰る時間がかなり減った。電気代が如実に現わしていた。宿直担当ではないけど、深夜まで残ると、朝までいいか?からの保険室で仮眠だ。ロッカーには僕の私物で埋もれている。風呂に入れないのが嫌だったが、電子レンジを使えば蒸しタオルは用意できるし、頭を洗うくらいなら家庭科室で十分だった。
テストの作成に、保護者会向けの資料、会議の資料。これらほとんどを作るのは、開いた時間。生徒が馬鹿をしなければ大丈夫と見越していたもの、喧嘩やら保護者の対応で正直、カップラーメンが僕の晩飯だった。
可愛い生徒もチラホラいるが、相手は中学生。全くもって色気がない。
ストレスの発散は毎月課金しているエロ動画くらい。僕の薄給じゃあ、デリヘルなんて貯金を崩さないといけない。腐った世界だ。仕事だけが積もっていく。

学校のトイレでオナニー

その日も僕は男子トイレでオナニーする為フラッと歩いた。すぐ横の女子トイレに電気がついていたので、まだ同僚の先生がいる事がわかった。僕はイヤフォンを取り出そうとしたとき、エロい声が小さく聞こえてきた。まさか?と思い女子トイレの前で張ると確かにエロい声が聞こえる。
そうか、男も女も性欲をもてあそぶのが教師か。そんな変な思いをしながら、見つかってはいけないと思い、男子トイレへ。興奮したせいか、ダウンロードしたAVを見るもスグに発射。トイレから出ると、前に女性の先生が歩いていた。
その正体は、学校のマドンナ!ではなく、中年のボサっとした人気のない社会の先生だった。眼鏡よりもほくろが目立つおばさん。僕は挨拶する以前に気持ち悪くなって男子トイレでタバコを吸った。

やっぱり人妻がいい

自分の仕事が特殊である以上、学生の頃以上に人と会うのに神経を使った。まさか会うとは思わなかった繁華街のラブホ近くを歩いているところを、保護者に挨拶されたり。それは最悪なもんだった。セックスはしたい。だけど、安全にセックスを楽しみたい。我が家のボロアパートじゃあ無論無理だ。愛媛県庁が微かに見えるそのアパートは過ごしやすいが、周りの住人は収入の少ないとび職のオッサンやら、年老いた婆さんくらい。色はなかった。そんな毎日、教師であるが故なのか、出会い系サイトにはまった。背徳感は出会う事のない女性とのエロいメールだけでオナニーを可能にさせる。
そんな繰り返しの毎日、1通のメッセージが来た。

隣の市なら問題なーし

メッセージをくれた女性は、30過ぎの人妻さん。世間でよく言う旦那とはレスの関係が続いて、旦那がトイレでオナニーしているのを見て、出会い系サイトに登録したという方だった。顔写真も載せていて、ちょっと昔の綺麗系の芸能人にいそうな感じの人。体つきも中々エロい。僕はこの人とはちゃんとメッセージしないといけないと思った。
「ミサキさん、初めまして。メッセージありがとうございます。僕はまぁいわゆる教師ってやつで、仕事のストレスから逃げたくて登録しちゃいました。うれしいです、ありがとう。」
「Aさん、メッセージくれて嬉しいわ。私ももうアラサーだし、こんな出会い系サイトじゃ相手にされないと思って、自分からAさんにだけメッセージしてみました。なんだかこういうのドキドキしていいですね。」
ミサキさんはその日から、事あるごとに日常系の内容のメッセージをくれたり、恋愛観を交えたお互いの恋バナのメッセージを送ってくれた。僕はそれを授業の合間、昼飯の合間に見ることで癒されていた。
2週間近く経ったころ、僕はなんとなくの気持ちで彼女を誘ってみた。

人妻は生ハメもオーケーなのか

ミサキさんは伊予市在住。僕はあえてお互いの真ん中で会おうと提案したが、彼女がたまには栄養のあるもの食べてくださいってことで、僕のアパートに来ることになった。その日から通販でラグを買ったり、色々小綺麗にするためにお金も時間も使った。ミサキさんと会うまでの休日は掃除しかしていない。もちろん、アダルト雑誌や漫画はすべて廃棄。
さらば、オナドル達。僕はちょっと痛い出費と汗を流して、なんとなく気持ちがスッキリした。

「わぁ、久しぶりだなぁ!この間取り!」
ミサキさんがスーパーのレジ袋を玄関に置いてから、僕の部屋に入った。この日はベージュのちょっと薄めのパンツを履いていたせいで、パンツのラインがくっきり見える。エロい。
「汚くてごめんね。頑張ってはみた。」
あはは、と笑いながらクッションに抱きついて、お邪魔します~!と笑顔を見せてくれた。その日彼女が作ってくれたのはカルボナーラ。炭酸水が濃いソースのうま味を良い感じに解いてくれて、二人ともスグに完食してしまった。
「ミサキさん、さすがだね!お店に出してもいいレベルじゃん。」
「最近作ってないから、作りたかったのよ。ほら、ウチの旦那なんて食に興味ないしね。」
旦那の愚痴を少しつぶやいて、寝転がる彼女。
「ねぇAさん、今日はありがとう。来てよかったわ。」
「僕もごちそうさま。全然もてなせなくてごめんね。」
昔から愛用している昔ながらのコンボの電源を入れて、ラジオを流す。静かな空間が少しマシになった。これからどうする?と聞こうと振り向こうとしたとき、彼女に抱きしめられた。
僕の足の間に片足を入れてきて、当ててくる。
「ねぇ、しよ?」
僕のズボンをゆっくり脱がし、息子をパンツ越しに掴んでくる。
「男の人の部屋にあがるなんて、ドラマみたい。そう思ったら我慢できなくなった。」
彼女の布越しの手コキを味わってから、僕はパンツを脱ぎ捨てて、綺麗な顔の前に息子を出した。
かじりつくように口に入れ、タマタマをこねる彼女。絶妙なテクに僕はあっさりとイッてしまった。
「すごい、こんなに精子飲んだの、初めてかも!」
僕は彼女を押し倒し、彼女を脱がせた。パンツの上からクリを吸うように舐めあげ、手を突っ込んでみるとグチョグチョだった。
「ミサキさん、すごい濡れてるよ。すごい。」
「あ…もっとして?ねぇお口でして欲しいの。クリもっとして?」
甘い声に言われるがまま、吸い上げ指を入れながらクリを愛撫した。
「あっあ…い、イク!いくうう!」
彼女は僕の前で腰を動かしてイッた。

赤黒いまんこに中出し2発

結局僕は、ミサキさんの赤黒い使いこまれた、エロいまんこにたっぷり中出し2発を楽しんだ。彼女は僕のセフレになりたいと言ってくれて、休みの日は必ずセックスをした。興奮するのはミサキさんの家でセックスをする。旦那の部屋で、彼女を押し倒し、アナルにねじ込み時間はなんとも甘美だ。この関係がどこまで成長するかわからないが、僕はいま大人の青春を楽しんでいる。

PCMAXのエッチ体験談一覧

-PCMAX
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」