セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

ハッピーメール

敦賀駅付近の安アパートアンアン喘ぐ女が、俺のセックスしたい気持ちに火をつけた!

投稿日:

出会ってやるだけが出会い系の楽しみじゃない。あえてお酒の力も借りて、彼氏にもしないようなエッチな電話を簡単にしてもらえる。アンアン喘いで、おまんこのくちゅくちゅ音で何度でもオナニーできる体験が出来る!

俺は恋に生きると決めた!

高校を卒業して郵便局に勤めている。大学に行くとかそういうのは考えてなかった。
進学と言っても地元を離れる気はなかったし、先輩達も大学に行っても同じような給料で
高卒組と飯を食っている。そんな現実を見ていると、俺も就職でいいかな?位だった。
結果として、毎日バイクで郵便物を配達する毎日。給料もまぁ人並みにはもらっていたから
悪い気はしなかったんんだけど、ある日を境に変わった。
ちょっとボロい、安アパートに配達に行った日だ。郵便受けに入れようとしたとき、女の喘ぎ声が聞こえてきた。
静かに声のする方を見ると、いかにも大学生のようなカップルがチチクリあってる。
男の方と目があって、中指を立てられた。睨むも何も俺自身が迷惑であるのは間違いない。
すっと静かにバイクに戻りエンジンをかけたとき、まるで自慢するように声が聞こえた。
「早くしゃぶれよ。」
俺はこんなに暑い毎日を汗だくになりながら、仕事をしているのに
女と言ったら局のおばちゃんしかいない。なのに、俺より遊んでそうな男のほうが、女とエロい事をしている。
こんな毎日最悪だ!不貞腐れて、敦賀駅へ逃げた。
途中で見た映画館にはカップルばっかり。俺のなかで何かの糸が切れた。
ファミマによって、タバコをふかす。携帯をさっと取り出して俺はハッピーメールに登録した。
アプリの使い方は以外とわかりやすかった。
もう登録目的は、セックス!セフレしかない。俺は日陰に隠れて携帯でドンドンプロフを作成する。
エッチが出来ればなんでもよかった。初投稿の掲示板には一言!
「エッチしたくて登録したバイク野郎です!我慢出来ずに登録しました!」
仕事中に俺、何やってんだろ。レジの可愛い子にも、ちょっと引かれた気がしたが関係ない。
俺はやけなんだ。

俺が敦賀で、あの子は美浜!

それから俺はハッピーメールだけが癒しだった。何人かのサクラ?みたいな可愛いモデルの女の子と
メッセージをしても音沙汰ない。そんなのは日常茶飯事だ。
俺は今日の配達がもし3時までに終わるんなら、20代。終わらなかったら30代にメッセージを
爆撃しようと決めた。途中時計も見ずに、2回目の配達。やっと終わってヘルメットをはずす。
誰も通らない空き地にバイクをとめて、タバコをふかした。
携帯を見ると、15時半。俺はしょうがねーなぁと出会いアプリを開くと、メッセージが着ていた。
「エッチな事したくなると、ハッピーメール使っちゃうよね。私もそうだよ。」
ん?なんか素人っぽい感じがした。相手の子の名前はアルファベットでクロダって書いてあった。
写メは手ぶらで隠したおっぱい。バスタブで撮ったのか湯気が見えた。
「初めまして。セフレ目的で登録したんだけど、全然だめな俺っす。」
よく分からないがそれだけしか浮かばない。
結局、俺がまともに会話できたのはその子だけだった。
クロダちゃんは美浜に住んでるらしい。隣の市だった。

生まれて初めてのエロい体験

今まで彼女は何人かいたが、仕事についてからは全くいない。
だからこそ、クロダちゃんとのやり取りは嬉しかった。年齢はまだ聞いていないが、俺と同じ20代だそうだ。
と言っても仕事はしてる訳だし、大学生ではなさそうだった。
事件が起きたのは土曜日の深夜。ビールにポテトチップスで一杯やってる時に、メッセージがきた。
「A君。電話したい。」
俺はラインはあまり使った事はなかったので、ドギマギしたが何とか交換できた。
「あ、もしもし?」
囁くような小さい声だったが、可愛げがあった。まるで高校生のような自己紹介。
「初めまして。」
彼女も実はお酒を飲んでいたそうで、酔った勢いで電話をくれたそうだ。
俺たちは缶ビールを何巻か開けて、深夜まで話し合った。好きな映画の話とか、好きなドラマとか。
夜中の2時を過ぎて、クロダちゃんが眠くなったとの事でその日はお開きになった。
電話を切って、俺がした事はオナニーだ。柔らかくて少しエロい話し方にびんびんだった。
久しぶりに興奮した夜だった。

初めてのオナ電話!くちゅくちゅ音にクラクラしちまう!

俺たちはいつも土曜日の夜は一緒に電話をしながら酒を飲んでいた。
タバコを吸いながら、彼女の話を淡々と聞いていた。
「ていうか、クロダちゃんってたまにエロい雰囲気するよね。」
「ど、どしたの?急に?」
笑いながら返事をするクロダちゃん。
「え?だってさ。たまにそんな雰囲気するよ?」
「あーまぁほら?お酒飲んでるじゃん?だからそゆスイッチ入るときあるよ。」
「スイッチってなんじゃ?」
「え?だから触っちゃう?ていうか?」
恥ずかしがりながら言うクロダちゃんに勃起した。
「なにそれ、興奮するんだけど。入れてるの?」
「もぅ!ストレートだなぁwww」
「なぁ、入れちゃよ!お酒飲んでるんだし、したくなった時もあるんでしょ?」
軽い押し問答のようなやり取りをして、ダメかな?と思ったらクロダちゃんが折れた。
「もうじゃあ、少しだけだからね?…んん!あん!」
「何本入れてるん?」
「言わせないで?もっとしたくなっちゃうよぉ!」
エロい声がどんどん大きくなって、いつの間にか俺もオナニーしていた。
「おちんちん、欲しいよぉ!おまんこ犯してぇ!!!」
どんどんエロいスイッチが入って、クロダちゃんはくちゅくちゅ音が鳴り響く位
ズボズボしている。
「ねぇAさん!イッてもいい?ねぇ?イク!イクウウウウ!」
クロダちゃんがエロエロの声でイッた。俺はティッシュも何も忘れていて
そのまま床にザーメンを吐き出していた。
それから数日して、いつの間にか返事が来なくなった。
そう、俺はいわゆるブロックされたのだ。こうして俺のちょっと歪んだ性癖は
電話でオナニーという特殊なものへ変化してしまった。そんな夏もありだと自分を慰めた。

ハッピーメールのエッチ体験談一覧

-ハッピーメール
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」