セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

ワクワクメール

Hオーケーサインを見逃さずカーセックス…木曾川沿いの駐車場でアナルを犯す!

投稿日:

出会い系を始めるならまずは、出会い系が得意な奴をまずは捕まえるべし。上手くいく方法をしっかり教わって後はやるだけで、エロい体験が出来てしまう!

ルーティンワークの奴隷

就職に失敗してから、俺は安易な考えでバスの運転手になった。この仕事は可哀想な位、女っ毛がない。いるのは、おっさんだけ。そのせいか、下世話な話は幾らでも転がっている。立呑屋でやけに盛り上がったのは出会い系の話だ。俺は昔やってみたが、金ばかり消えて良い思いは出来なかった。それなのに、なんで?詳しく聞いてみたら俺のプロフィールがダメなんだそうだ。
「良いですか?写真もないおっさんと仲良くなりたがる女なんて、詐欺目的の女しかいませんから。本当に出会いたけりゃ写メを一枚は顔出しで撮って下さいよ。」
最近入ってきた若者が講演会を始めた。おっさんだろうが、なんだろうがまずはキャラを作れという。
とりあえず、俺は好きな野球を全面に出して写メは試合観戦に行ったナイターの写真を使う事にした。
たまに金をためていくキャバクラ嬢からは受けがよかったので、まぁ大丈夫だろう。話の流れは後は、絶やすことなく女の子にメッセージをとにかく暇を見つけておくれって話で解散になった。これでうまく彼女でもできればいいか、セブンスターをふかしながら、適当に掲示板に投稿しておいた。

面白いもので、野球ファンが何人かいるみたいだ。俺が野球ネタや試合の感想を書く度に来る女性が何名かいた。
掲示板にも、野球ファンの人と仲良くなりたいだとか、ナイター一緒に行きませんか?って話を載せた。
事件が起きたのは5日後。一人の女性からメッセージが来た。
「初めまして。熱心に出会いを求めていらっしゃいますけど、最近はいかがですか?」
見透かされて馬鹿にされてる気がした。だけど、バスの運転手ならこれくらいの扱いはなれている。
敢えて乗っかってやった。
「飲み屋の女の子より、きちんと僕を見てくれる女性と仲良くなりたいだけですよ。」
それだけ書いて、仕事に戻った。今日は雨の日だ。道は渋滞。客は舌打ち。本当に素敵な職場環境だ。
ぐったりした体で座席から降りて、表の駐車場でタバコを吸う。つれぇなぁ。
思いだした様に携帯を出してみた。何件かの借金の催促のメールとワクワクメールからだった。
ミサキさん、34歳。俺に初めてメッセージをくれた女性だった。初めてミサキさんのプロフを見た。
ピアノ講師。一宮の自宅で仕事をしているらしい。名古屋市と言っても、車で30分もいらない。
俺は色々選ぶのも面倒なので、この人と仲良くなろうと思った。

飯を誘うのにここまで緊張するのか。

それから2週間が経った。筆不精な俺だけど、なんとか周りに協力してもらって関係を維持できた。
そろそろデートに誘えって言われたので、簡単に気取らず誘ってみた。
「ミサキさん、よかったら食事でもどうですか。」
それだけ送って仕事に入った。毎日雨ばかりで嫌になる。今日は朝から無理に両替を強いられて、自分の財布を開いてもういくら出したか忘れてしまった。
昼休み。返事も何もない。蒸したバスの中。冷房を入れてるつもりだが、俺のところにはなぜか当たらない。
脂汗を流しながら仕事をした。夜も携帯を見たが、何もなかった。今日は無理かと思い、寝ようと思ったが着信音がしたので、布団に入りながらも見た。
「Aさん、女性を誘うならもっと上手く書いて下さいよ。もう。来週の日曜日なら大丈夫です。」
俺が布団のなかで軽くガッツポーズをして寝た。俺を出会い系に誘った若者にさっそく相談してデートだのなんだの、色々と話を再度聞いた。焼き鳥屋で1万近くおごったが、悪くない時間だった。
そいつの話通り、デートの日はそいつのツーシートの車を借りることになった。着慣れないジャケットやらもそいつに任せて用意した。割と緊張した毎日があっという間に過ぎて、デートの日に。
彼女は岐阜駅まで来るとの事だった。車を駐車場に入れて駅前へ。
ミサキさんは、赤い眼鏡をかけて俺を待っていた。色白で静かな人だった。
「Aさん。」
「ミサキさん、初めまして。」
車止めてます、と簡単に挨拶を交わして軽い話をした。今日は夜まで大丈夫だそうだ。
国道に入って、木曾川に出ることにした。普段は使わない道、車。
静かな時間のなか、ミサキさんが出会い系を始めたきっかけを話してくれた。
彼氏に振られて何人かの男性と関係を持ったらしい。出会いアプリを使えば、安全にセフレをゲットできる。
ミサキさんはそれが癖になったと話す。
「ミサキさん、それってセックスまで関係を持った事ですか?」
「Aさん、相変わらずダイレクトに言うんですね。そうよ、あんまりこだわらないんだけど。」
彼女が急にブラウスのボタンを外して、シフトレバーを握る俺の左手の上に置いた。
俺は車を木曾川の路肩へ止めた。止めるというよりも誰もいない。
無理やりミサキさんの唇を奪う。嫌がりもせず、受け入れる彼女。俺は何かの糸が切れた。そのままズボンを下ろして彼女をうつ伏せにした。
「え?もう!本気なの?」
「ミサキさん、ごめんな。」
スカートをめくり、俺の息子をあてがう。むっちりとした太ももを無理くり開かせる。
「そんなにしたいの?ちょっと!あああ!」
俺が彼女の胸をブラウスの上から揉みしだき、息子をあてがった。
狭いツーシートのせいだ。俺はシートを倒して彼女のまんこに入れた。
「お、おっきい!ね、ゆ、ゆっくり!」
ゾクゾクしたせいで俺はそのまま根本までぶち込んだ。

エッチ目的ではなくても、本当はしたくて我慢できない女性がいる!

ミサキさんは、そのまま喘いで俺がイく前にイッてしまった。俺は締め付けるまんこから息子を引き抜き、ドアを開けて彼女を立ちバックの感じで突いた。ヒクヒクと動くアナルに親指を根本まで差し込んで広げた。
「あああ、お尻はダメなのおお!」
遊んでる感じだった。こんなに静かな感じの女性がここまで乱れるとは思わなかった。
俺たちは結局、路肩で2発セックスをして俺のアパートへ連れ込んだ。出会い系サイトに使う金のモトは取った気分だ。
俺はこの人以外の野球ファンの女子大生ともこんな関係になりたいと思いながら、風呂のなかでミサキさんにしゃぶらせていた。

ワクワクメールのエッチ体験談一覧

-ワクワクメール
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」