セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』
体験談 群馬 人妻生ハメ

ワクワクメール

レスの人妻をカーセックスで生ハメする。自ら欲しがる雌豚を突き上げて吹かす!

投稿日:

出会いがない日々を終わらせるには、出会いアプリしかなかった。
優しい人柄の女性はセックスレスの人妻。車に入れば、男を求める女に変身。河川敷に移動すれば生ハメすら気にせず、セフレ願望丸出しの雌豚へ変わる女の姿。

出会いも何もない生活は、出会い系で変えるしかない!

ネットでは婚活だのなんだのって感じで出会い合戦を繰り広げている。一方こちらは男子寮でずっと一人住まいだ。高校を出てF-1に憧れてメカニックになるも、キャリア不足で大手自動車メーカーのメカニック止まり。メカニックと言っても、ただの修理担当。
いつのまに板金屋になったんだろうか。油まみれの手で週刊誌を読んでいる今も残業中だ。
俺は油を落としながら、出会い系サイトに登録する事にした。
月に一度のキャバクラ、風俗通いも楽しいもんだが、タダマンってのも経験してみたい。
今まで出会い系アプリってのは使った事がない。というか、どうせお金を使うのであれば、デリヘルを使ったほうが確実だと思った。
このまま同じ毎日を繰り返す位なら、変化が欲しかった。

メッセージを交わすうちに、俺は彼女しか見れなくなった

ワクワクメールってのは、週刊誌にも出ていた大手のサイトらしい。
見た目は分かりやすくていいもんだけど、俺のプロフを作成するのに小一時間かかった。
写メなんて何を使えばいいのか分からなかった。まぁ時間だけはたっぷりある。試行錯誤しながら使っていこうと思った。

登録してから5日。色々使っているうちに要領が分かってきた。
俺の好みの女の子を検索をするうちに、一人の女性が気になった。プロフを見ているとお菓子作りが趣味で、ちょいぽっちゃりらしい。色白の太ももが写った写メを見つけたが、なんともそそられる。
彼女の名前は、コウさん。コウさんは俺が足跡を残してから俺のプロフも見てくれたらしい。足跡があった。気になっているうちに、勢いでメッセージだけ送った。
「コウさん、初めまして。趣味のお菓子作りって素敵ですね。甘党の僕としては興味津々です!」
メッセージを送ってから3日間。何も返事はなかった。諦めていた夕方に一通のメッセージが来た。
「Aさん、メッセージありがとう。お菓子ばっかり作ってるんですよ。私、それしか出来なくて。」
彼女は優しいメッセージを送ってくれる。俺の話も聞いてくれるし、お菓子の写メも見せてくれたが美味そうなクッキーだ。顔の写メを一度もらったが、目がクリクリとして可愛い。普段はデパートで働いているとの事だ。
俺は高校生の頃のように、自由に恋愛をしていたときの感覚がもどった。出会いアプリってセックスだけでなく、こんな安全というか、ほんわかした気持ちにもなれるもんだ。
この気持ちのせいか、俺は彼女を食事に誘った。
彼女は高崎駅前のタカシマヤで働いていると教えてもらった。なら西口のアイリッシュパブがちょうどいいだろう。
彼女はいつもメッセージをくれるタイミングが遅いのだけど、今回の誘いのメッセージにはすぐに返事をくれた。
「Aさん、ありがとうございます!一緒にご飯行きたいです!」

まさかの展開はカーセックス!河川敷で生ハメ体験!

コウさんはタカシマヤのファンケルの中にいた。スタイルはモデル体系というよりかは、大きな胸に、ちょうど良いケツ。むっちりした脚のラインが網タイツで隠されていた。
「コウさん、初めまして。」
普段着慣れないスーツを着たせいか、ワイシャツがムズムズする。
「Aさん、ごめんなさい。ちょっと買い物ついでに待ち合わせ決めちゃって。」
コウさんはスッと僕にお辞儀をした。プルンと揺れるおっぱいに目がいく。なかなかのサイズじゃないか。
お店に着くまで、彼女と色々と話した。俺の仕事の事も肉体労働である事を知ったら、首を揉んでくれた。んー、こういうの良いもんだ。
レッドライオンについても、彼女はは優しい雰囲気のまま会話をしてくれた。
俺たちは本当ならビールで乾杯したいのだが、俺が車で来たので気を使ってくれた。
「Aさん、よかったらドライブしませんか?」
あまり夜遅くまでは一緒にいられないらしい。店を出てから駐車場まで彼女は俺と腕を組んでくれた。なんというか、雰囲気がエロい。店の中ではセックスの話は軽く出ていた。
彼女から、色々と聞いてくるのには少し驚いた。
駐車場について彼女を乗せる。
「あのね、実は私結婚してるの。」
「え?まじで?」
「うん。」
俺の手を何故か離さないコウさん。
「怒ってる?よね。だけど、ね。私たちずっとレスが続いてて…。」
コウさんは俺に抱きついてくる。
「あのね、こんな私でも良ければ、抱いてくれる?」
俺が返事をする前に、彼女は息子をズボンの上から触っていた。
「コウさん、スイッチ入ったの?」
シートを下げてコウさんを抱き寄せる。
「うん、男の人とこうしているとドキドキしちゃう。」
彼女のおっぱいを掴む。
「んっああ!」
もっとして?と俺の顔を見ながら、ズボンのチャックを下ろす。
もう臨戦態勢だった。彼女はここでしてあげようか?と話してくれたが、駐車場でもあったので、俺は烏川河川敷まで彼女のおっぱいをいいように揉みながら車を移動させた。
国道を少し降りると、もうそこは誰からも見えなかった。
俺は彼女の唇を奪い、おまんこをパンツ越しから擦りあげた。

コウさんは自分から網タイツを破いて、俺の息子を掴んだ。
「すごい、固いちんぽお!」
自らイマラチオともいえる位にしゃぶりつく。俺は彼女の乳首をグニグニと触る。
「ねぇ、もっとして?」
俺は我慢できず、彼女のなかに無理やり押し込んだ。
「んあああ!ふかいい!」
車をドンドン揺らしながら、彼女を突きあげる。
彼女は自分から腰を打ち付けてビクビクと震えていた。
「い、いくっ!いくうう!」
俺は彼女が果てた後も続けた。車から出て、彼女をバックからしたときはハメ潮すらも吹きあげる雌豚に変わり果てる。
俺はこのままコウさんをセフレとして調教したいと願いでた。
「Aさんのおまんこになるから、もっと!もっとして?」
もう頭のなかはセックスしかない彼女を俺は河川敷で求め続けた。

ワクワクメールのエッチ体験談一覧

-ワクワクメール
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」