セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

ラブサーチ

いやらしい淫語に興奮!おしとやかな石川県の女ですが…Fカップ美乳なんです。

投稿日:

私は石川県金沢市に住んでいる、まりな29歳。
2~3年前までは、ごくせん時代の仲間由紀恵に似てると言われていました。

黒髪だし旅行代理店へ勤めているので、真面目そうに見えるんでしょうね。
でも本当はセックス大好きだし、セフレが4人います。

今回セフレになった男性は、石川県加賀市に住んでいる、菊田さん30代後半。
目が斎藤工に似ていて、セックスや雰囲気作りも上手です。

私のFカップ美乳が気に入ったのは良いんだけど、淫語が上手くて興奮しちゃったんです…
性的興奮を促すような言葉…言われても、言わされても濡れちゃいます。

旅行代理店の激務、転勤族でラブサーチに登録

私が菊田さんと出会ったのは、大手安全で有名なラブサーチです。
王道な出会い系サイトですが、いろんな男性が居るので面白いです。

今も旅行代理店で働いていて、転勤ばかりで出会いがありませんでした。
彼氏も作れず、その代わりにセフレを…ってわけで、男漁りをしていたのです。

実は全員セフレ4人とも、このラブサーチで出会いました。
ビッチな私ですが、そうでもしないと旅行代理店の激務に耐えられませんでした。

転勤しては知らない土地でセフレを作って、エッチしまくっていました。
仕事の疲れはあるものの、性欲だけは抑えることが出来ませんでした。

私はFカップあったので、出会った男性に「セフレになろう」と持ち掛けられることが多いです。

30歳を目前にして、女として扱われているなーと実感がわいて、
仕事にも意欲的に取り組める気がしたんです。

Gmailでやりとり。プライベートと分けたい男性だった

菊田さんからサイト内でメッセージをもらうと、「Gmail持ってる?」と聞かれました。
今はLINEが主流ですが、たまにGmailや捨てアド等でやり取りしたがる人もいます。

奥さんでも居るのかな?と思いましたが、既婚者ではないみたいです。
私もたまにGmailを使用していたので、アドレスを交換しました。

===
まりなちゃん、アドレス教えてくれてありがとう!
何となくLINEは使いたくなくて…
改めてこれからよろしくね。
もし良かったら今度ご飯でも行こうよ。
===

プライベートと分けたい男性なんだなーと思いました。
彼女候補ではなく、完全にセフレとして付き合おうと思っていたのかもしれませんね。

===
菊田さん、まりなです。
メールありがとうございます。
LINEじゃなくても大丈夫です~。
ぜひ今度ご一緒させて下さい。
===

あまり良い雰囲気のスタートではありませんでしたが、
激務のストレス発散のために関係を持つことにしました。

セフレでも、大事にしてくれますか?

Gmailだったのもあり、菊田さんに色々と仕事の愚痴を聞いてもらいました。

「菊田さん、私…毎日辛くて…」

「どうしたの?話聞くよ?」

「ありがとうございます…たくさん癒されたいです…」

「もちろん。そのつもりだよ。」

「あの…セフレでも、大事にしてくれますか?」

「当たり前じゃん!誰でも関係持ったりしないよ。」

「良かった…ごめんなさい、疲れているみたいで…」

ちょっと病んでいた時期でもあったので、文章で気持ちを伝えました。

セックスするのは良いんですが、ヤリ逃げされるのだけは避けたかったのです。
菊田さんに言ったら引かれちゃうかな?と思ったので、そこまでは言えませんでした。

黒髪で真面目な女の子というイメージらしいので、
男運が無いなんて思われたくありませんでした。

この頃の情緒不安定で不安な気持ちを取り除けたのは、菊田さんだけ…
「会いたい」とか、「寂しい」とかたくさん送ってしまいました。

どんなに夜遅くても、きちんと返信してくれた優しさが嬉しかったです。

加賀市まで車でおしかける!菊田さんの家に到着

菊田さんは迎えに行くよ!と言ってくれたんですが、
直接お家へ行くことにしちゃいました。

金沢市から加賀市までは、車でだいたい1時間弱。
運転は嫌いじゃないので、住所を教えてもらっておしかけました。

「おじゃましますっ!」

メールでは病んでる雰囲気を出していたんですが、実は結構元気です。

「菊田さん、来ちゃった♪」

だんだんエンジンが掛かってきて、ラブラブ気分を楽しみました。

一緒にアイスコーヒーを飲んだり、クッキーを食べたり…
カップルのような時間を過ごして、ひたすら甘えてしましました。

欲求不満でヤリまくりな私ですが、こういう癒しも悪くないと感じました。
菊田さんと付き合ってみたいかも…そんな気もしました。

でも口に出してしまうと、この甘い雰囲気が壊れてしまうかも。
セフレですら居られなくなるかも…と思って、言えず終いでした。

「まりなちゃん…しよっか?」

「う、うん…」

イチャイチャしていたので、菊田さんはもうビンビンだったようです。
(ご、ごめんなさい。気付かなくて…笑)

生き地獄のような時間を味わっていたのに、全然気づきませんでした。

「ほら見て、もうこんな…」

菊田さんが私の手を取って、ズボンの上から勃起したアソコを触らせました。

すごい固くなっていて…スウェット姿だったので、形もくっきり分かりました。
太くて大きいアソコに、内心大興奮してしまいました。

いやらしい淫語に興奮。全身が性感帯になっていく…

ベッドインすると、菊田さんは私のFカップ美乳に驚きました。

「まりなちゃん…すごいよ、このおっぱい…」
何度もそう言って、鷲づかみして揉みしだかれました。

菊田さんの淫語がとにかく凄くて、どんどんいやらしい気分になりました…

「おマンコすごい…ほら…ピクピクしてるでしょ?」

クチュクチュ…クチュクチュ…
手マンもかなり上手で、イヤらしい淫語とともに全身が性感帯になっていきました。

「おチンチン触って?まりなちゃんのせいで、こんな大きくなったよ。」
「舐めてあげて、ザーメンいっぱい出したいって…」

私はもうアソコがヌルヌルで、どんな大きさのモノも入ってしまいそうなくらい濡れていました。
我慢できずに、右手でオナニーしながら咥えました。

ハァハァ…ウゥゥンっ!!

「まりなちゃん…エロ過ぎ…そんなにまさぐっちゃって…」

男性の言う淫語って、本当に興奮する…初めての体験でした。

顔にかけて…!!大量のザーメンを顔射されてフィニッシュ

お互いの性感が十分に高まったところで、挿入してくれました。

「すごい…大きいのが入ってるよ…まりなちゃん、見える?」

「ああん…い、いやらしい…」

正常位だったので、おチンチンの付け根の出し入れしている部分が見えました。
完全に奥まで入っていて、菊田さんとエッチしているんだな…と思いました。

「まりなちゃんの中、グチョグチョで温かいよ…絡み付いてくる…」
「おチンチン、すごく気持ち良いって…」
「おっぱい、すごく揺れてるよ…ユッサユッサしてる…」

菊田さんに色々と言われて、私はエロいこと以外、何も考えられなくなりました。
リズミカルに腰を振られて、イキまくり…気持ち良すぎました。

「ま、まりなの顔にかけて…!!」
正気を保てなかった私は、淫語で返して顔射してもらいました。

ドピュー!!!ドクドク…!!

思わず目をつむって、大量のザーメンを顔にかけてフィニッシュです。

男の人の卑猥な言葉に、すごく興奮した日でした。
言葉がダイレクトに脳に伝わって、激しいセックスになる…また味わいたいです。

ラブサーチのエッチ体験談一覧

-ラブサーチ
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」