セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』
体験談 神奈川 女子大生即ハ

PCMAX

おっさんが女子大生の生まんこを、その日にハメちゃう。女は飯と酒を詰め込めば簡単にズボズボできちゃう!

投稿日:

おっさんだけど、女子大生と出会ってそのままセックスに持ち込む事ができちゃう。誰もが雑誌で読んだ事がある即ハメ女をゲットしたいい話にはコツがあった。それはメールと自分のキャラ付け!

給料の1/4は出会い系に毎回使う男が続ける理由

出会い系アプリにハマって、もう5年以上経つ。そもそもの始まりは大学のとき、コンパで失敗するわ、バイト先でも出会いはなし。性欲に染まる毎日が、出会い系サイトを使うのにビビる事はなかった。当初はサイトによっては、必ず会えて必ずやれる毎日が続いた。でも、ニュースやメディアで物騒な事件が取り上げられてから面倒になった。
簡単に言えば、女の子が男を選ぶ時代に変わってしまったのだ。
そして同じ女の子を使って、会員を増員している可哀想なサイトもある。
清掃会社の連中と出会い系サイトの番付をしていると、まともな女の子がいるサイトが何とか自然淘汰されていく。
PCMAXが俺たちの答えだった。

俺が会いたい女の子は、売りや真っ黒いデリヘル嬢ではない。
できるならば、淡い欲望を隠して登録している女の子がいい。そんな女の子はエロい写メを載せてはいない。
俺はとりあえず15名の女の子にメッセージを送った。1/15の確率。6%の確率と思えば納得のいく女の子と出会う事ができるだろう。

ビールを飲んで、ピーナッツを剝いていると返事が来た。
女子大生の子だった。ざっと見たプロフを見てみれば、最近彼氏と別れたそうだ。
「返事ありがとう。ギャグとグルメだけは誰にも負けない変なオッサンだけど、よろしくだぜ。」
ミサキちゃんと言うらしい。
「あはは、ギャグは私も好きだよ。ノリがいいオッサンでよかった!」
写メを添付してくれた。眼鏡をかけていて、ポニーテールだ。色白でキレイ系の女の子だ。
手っ取り早く飯へ連れ出す為に、俺は飯の写メを送りまくった。
「いきなりだけど、最近行った店の写メ送るね。好きな料理があったら言ってよ、オススメの場所を教えてあげるからさ。」
彼女とのやり取りはそんな感じで、ほのぼのした感じが続いた。
夜中にメールをくれた時は、ちょいエロい写メもくれたりして、そろそろ仕掛け時だ。
「なぁ中華食いに行かね?」
「えー中華かぁ。したら、横浜がいいなぁ。」
なんだかんだ言ってオーケーを出す女には種類がある。お姫様モード突入して文句ばっかりのタイプ。もうセックスを予定のなかに組んでいるタイプ。ミサキちゃんは週末の夜を自分から指定してきた。つまり、セックスを予定に組んでいるタイプだ。
俺はとりあえず中華街で待ち合わせをする事にした。

ミサキちゃんをゲットするには、中華と酒が手っ取り早い!

元町中華街には地下鉄で行った。ミサキちゃんは青いブラウスに白のミニスカートでキメていた。長い脚がそそる。
「ミサキっち、元気か?」
「あ、Aさん。今日はなんでスーツなの?」
「今日は本社で会議してからな。ネクタイは窮屈なもんだぜ。」
彼女はあまり元町中華街には来た事がないそうだ。みなとみらいには一度デートに来たらしいが、高校生以来来てないそうだ。
レストランに入って、とりあえずメニューを見る。
「ねぇねぇ、やっぱりAさんは餃子が好きなの?」
「やっぱりってなんだよ。俺は青椒肉絲が大好物なんだよ。」
「あー言ってたね。私ピーマン嫌いぃ。」
べぇと舌を出してるミサキちゃん。その舌がいやらしく感じてしまう。
一緒にビールを酌み交わし、色んな話をした。
デートのときに俺が必ず聞く話は元彼の話だ。この彼氏の話から、ミサキちゃんがセックスを許すキーワードが含まれている。彼の良いところをリサーチしてみると、筋肉質であること、お父さんっぽい堂々としている男性像が見えた。
この人物像に近づく為に時間をかけてセックスに持ち込み、セフレに繋げるのがベストだ。
だが、彼女が最後の分岐点までにこちらに何かしらサインを出したら、即につながる可能性がでる。

彼女は4杯目の紹興酒を飲んで大分酔っているようだった。
俺は彼女を支える意味で腕を取ってやったが、それが気に入ったのか腕に巻き付いてくる。
親戚の子供のようだった。
「ねぇAさん、他に良い場所知らないのぉ?もっと一緒にいたいよぉ。」
セックス確定のサインを彼女は出した。
俺はコンビニでとりあえず酒を買いまくった。彼女はフラフラしながら俺を見ている。
横浜の良いところは、色んなところにラブホがある事だ。俺たちは繁華街から少し離れた場所で彼女を抱きしめ、ホテルへ連れ出した。

生まんこをクンニするだけで喜ぶ女!

ミサキちゃんは、俺をぎゅっと抱き締めてからじっと見た。
「ねぇAさん、彼女にはなれないよ?おっさんだし?」
「ん?どういう事?」
ミニスカートをめくり、パンツ越しにまんこを触る。
「ん、あん!だから、友達でならずっといれるから!もう!」
セフレ確定を自分から出す女も珍しかった。俺はそのままパンツ越にクンニを始めた。
「ねぇ、ちょっと恥ずかしいぃよ!あああ!えっちぃ!」
俺はパンツをずらして指を根本まで入れた。キツキツで、ジュルジュルとマン汁が溢れるまんこは最高だ。
「Aさん、もっとして?」
俺は彼女の脚を開いて無理やり舌をねじ込ませた。舌をズボズボするかなり疲れるクンニだが、ミサキちゃんは俺の頭を掴んでしまうくらい感じているようだった。
その後は、ミサキちゃんのご奉仕タイム。掃除機のようにいやらしい音を立てて舐め上げてくれた。うーん、これだから尽くす系の女子はいい。
おまんこの感じも入れただけでイキそうになる位、締め付けがいい。俺は酔いも手伝ってそのまま彼女のなかにザーメンを注ぎ込んだ。
俺は彼女がイッてビクビクしている姿に興奮した。そのまま彼女の腰を掴んでピストンを夜中まで続けた。

出会い系の良さは、これだ。簡単にセックスを堪能できる関係。俺は3人目のセフレをゲットする事になった夜であった。

PCMAXのエッチ体験談一覧

-PCMAX
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」