セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

Jメール

40代でも若い子とセックスデキル出会い系最高!Jメールで初デート生ハメ!.

投稿日:

恋愛自体が非日常になりつつある、アラフォー世代はちょっとのきっかけで簡単にベッドインできてしまう。敢えて大胆にならずに焦らすようなメッセージがセックスへの期待を深める!

遅咲きながらも、青春を感じていたい!

恋愛というものに縁がない。それが私の生活だった。鹿児島に生まれ、それから県を出たことは高校の修学旅行以外なかった。今年の冬には40歳になる身だが、いまだに独り身だ。寂しいと感じてはいても、それをどうすればいいか分からずに、一人気ままは贅沢なものと思って生きてきた。もう恋愛なぞ縁はないんだろう。そう決めつけていたが、週刊誌で読んだパパ活という話に胸がうずいた。
自分にチャンスがあるとするならば、こんなもんしかないんだろう。セックスにまで発展する事は期待出来ないだろう。なら、ちょっとの時間でいいから一緒に食事くらい出来る関係になりたいと思った。

とりあえず、どの話も始まりは良くある出会い系サイトらしい。ならばと思い、Jメールに登録した。以前、東京に出張に行ったとき、大々的にトラックが広告を流しているのを覚えている。もうどうしようもないオッサンとなった私にもチャンスはあるんじゃなかろうか。自分のプロフはなるべくつまらなくないように書いたつもりだ。趣味が釣りなので、海釣りにいったときの写真をプロフに載せると、積極的な自分がいて何とも歯がゆかった。

パパ活以前に人気が出たのは、年上の余裕と見せかけた引っ込み思案だった

登録してから、2週間がたった。色んな方からメッセージをもらったが、変なメッセージも多く、やはり出会い系サイトというのは、そう都合よく女性を工面できるものではないと思い知った。その中で、一人気になるメッセージをくれる女性がいた。26歳の会社員だそうで、どうやら水産関係の会社らしい。釣りの話に乗ってきてくれた。
「海釣りっていいですよね。私も以前は父と一緒に行ってましたよ?」
名前はミユさん。最近彼氏と別れて新しい出会いを求めて登録したとプロフの中に書いてあった。自分自身、彼女なぞ何年前の事だか覚えていない。ムラムラしたら風俗に行くだけの私には、そんな青春を生きている彼女の姿に憧れに似たものを感じた。
「メッセージ、ありがとうございます。釣りは気軽でいいですよね。ミユさんもまた始めてみてはいかがですか?」
なんというか、どう返せばいいか分からない。同僚や仕事関係の人と話すような感じの返信になってしまい、緊張してしまった。返事が来ることを祈りながら3日が経過した昼。彼女から返事が来た。
「遅くなってごめんなさい。仕事が忙しくて。ごめんなさい。釣り具が実家にあるんで今週末取りにいこうかな。」
返事がまさか来るとは思わなかった。私がこの年齢である事も理解しているようで、始終丁寧な内容だった。
私はうれしかった。こんな会社では全く女っけのない代名詞の私に、安全に、しかも綺麗な女性からメッセージをもらえるなんて。

市内でご飯だけ。それだけの約束だった

それから、私たちはメッセージを出会い系アプリからラインへ移行した。普段は何気ない挨拶や仕事の愚痴を言い合う感じだったが、金曜日の昼。ミユさんからメッセージが来た。
「今日、せっかくの金曜ですしよかったら一緒に晩御飯どうですか?」
驚いた。私はただメッセージを交わすだけでも十分だったのに、まさかこんな食事が出来るとは。普段遅く退社している為に、今日は定時で退社する旨を上司に伝えると、二つ返事でオーケーされた。珍しいですね、と皮肉めいた声も聞こえたが、いいだろう。

ミユさんは駅前に立っていた。鹿児島中央の駅は広い。ロータリーに立つ彼女はふくよかではあるが、清潔感のある服装だった。スエードのハイヒールというのもオシャレな感じがした。
「Aさん、来てくれたんですね。」
「は、初めまして!」
どう声をかけようか迷っている間に向こうから声を掛けてくれた。甲南通りを少し歩いたところ、ちょっとオシャレなレストランに入った。店に入るまでは緊張して中々話せなかったものの、お腹が満たされると会話もスムーズに出た。
「じゃあ、毎週釣りに行かれるんですか?」
「ええ。船長さんと仲良くなってしまって。ほら、顔をいつも合わせているとなんだか物足りなくて。」
「あはは、船長さんも同じなんでしょうね。」
綺麗に食事をする人だった。軽めのサラダも食べ残さず気に入ってくれたようだ。それから1時間するかしないか。お酒の話になって店を移すことになった。
「Aさん、、もしかしてお酒強いんですか?全然酔ってないですよね?」
私がよく行くモルトバーで1時間ばかし。彼女は頬を赤く染めていた。
「ミユさん、そろそろお開きにしましょうか。お酒に酔ってるみたいだし。」
「ありがとうございます。そうしましょう。」

タクシーから降りる奇跡

深夜1時を過ぎたあたり。タクシーは簡単に捕まった。
「じゃあ、ミユさん気を付けて!」
私は別のタクシーに乗るつもりだったが、ミユさんに手を引かれた。
「まだいてくれませんか?」
少し頬を染めて私を見る。ドキっとして力が抜けたせいかそのままタクシーに入ってしまった。彼女のマンションはそこまで遠くなく10分ほどで着いた。
「もう言わなくても分かってくれますよね?」
そう言われて私は彼女をマンションの玄関で抱きしめた。彼女の体は思ったよりも柔らかく、酒の匂い以上にうっとりとするような、香水のような香りに惹かれた。部屋に入るやいなやキスをして、彼女を脱がした。暗い部屋のなかでも分かる綺麗な素肌に溺れるように舐め上げた。
私はそのまま朝を迎えるまで、彼女の体を求めた。年甲斐もなく。そう、年齢差を超えて求める私に応じてくれた彼女は今週末、私の家で泊まる予定だ。これがセフレという関係。生まれて初めて男になった甲斐があると感じた。

Jメールのエッチ体験談一覧

-Jメール
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」