セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

ラブサーチ

高知の女子大生は俺との思い出にセックスさせてくれた。最後のセックスが初のアナルセックス。おまんこもアナルもしっかり使い込んだ思い出!

投稿日:

誰にだって苦い思い出はある。まるで恋愛めいた出会いとセックスを彼女とするとは思わなかった。キツキツまんこは風俗以上に満足できた!

恋愛したいから出会い系

俺は就職してから、中々出会いがない。というよりも俺自身が出張の多い商社にいるため、月の大半は大阪にいて残りの半分は本社で事務処理に追われている。もともと事業所だったらしいが、今は人件費削減の為に大阪の親会社で仕事をする事になったのが原因だ。
当然、大学生の頃に彼女がいなかった奴は大阪で彼女を作ったり、俺のように風俗大魔王になっている。そんな生活が四半期が近いせいで、今回俺が居残り組になった。大量の会計データを精査しながら淡々とこなし、ちょと残業して帰る毎日。
小さなマイホームに生活を快適に過ごすなんて意義のあるもんはなくて、俺はネットフリックスを見たりしていた。そんなある日、近所のコンビニに行ったとき、目の前にカップルが歩いていた。俺に気づいてないせいか、彼氏はキスはするわ、ケツは揉むわ。もう見てるこっちが悔しい思いで一杯だった。

俺に残された道

なんとなく雰囲気が良かった出会い系サイト「ラブサーチ」に登録したした。クソが。金はあるのに、女がいない。
あんなフリーターみたいな男には彼女がいて、今頃パコパコしてんだ。本当に悔しかった。俺は大阪市内で見たナイターやライブの写真、それに今までいった旅行写真を沢山プロフの写真にいれた。書けば書くほど、見栄っ張りだ。
最初は誰にも相手にしてくれなかったが、変な女を除いてある女の子と仲良くなれた。安全に出会うくらい、やればできるもんだ。

期間限定でお会いしましょう

その子は大学生だった。ユキちゃん。最初のメッセージが面白い。
「期間限定でよければ、仲良くしてください。気まぐれな猫みたいな生き物です。」
彼女のプロフは、なんというか変わっていた。自分の書いた英文の写メだったり、龍馬の像と一緒にピースしている写真など。まぁ大学生なんてそんなもんだ。変なものにこだわり、時間を使う。
「ユキちゃん、初めまして。よければ仲良くしてくれ。」
「Aさん。うーん、今日からAって呼び捨てしてもいい?」
こんなラフ感でいっぱい。その子から来るのは、ランチは何が美味しかったとか、急に英文で送ってきたり。ちょっとピントがずれていたが、それはそれでよかった。
「ユキちゃん、明日飯いかない?スパゲティ食べたい!」
「あ、いいね!私グラタンも食べたい!」
結局、高知駅で待ち合わせて、ファミレスで無駄話したいってことになった。

最高のおまんこ

高知駅にいた彼女は、キャップをかぶって赤い大きな眼鏡。そしてラフなTシャツに革のジャケット。黒のミニがエロく感じた。やっぱり大学生とは言っても色気は十分だ。
「あ、A!待ったぞ!」
「ごめんな、ちょっと仕事が長引いた。」
「じゃあ、私ビールお代わりするんだからね。」
ファミレスでの彼女は、よく食べてよく話した。急に英語が出るのは外資系の会社に就職するつもりだからと話してくれた。二人ともデキャンタワインを良い感じに飲んだせいで、かなり酔っていた。
「Aの家で、飲みなおそうよ。てか、ゴロゴロしたい。ネットフリックス見たい。」
プリプリとケツを振りながらせがむので、しょうがねぇなぁと言いながらタクシーを拾った。あのカップルを見たコンビニで降りてユキちゃんのケツをもんだ。
「触り心地、いいでしょ。ヨガにはまってるからね。」
軽く勃起したまま、酒とコンドームを買って家に入った。玄関でショートブーツを脱いだ彼女を後ろから抱きしめた。
「ユキちゃん、俺きみのお尻で興奮したかも。」
「え?うそ?」
スラックスの上から勃起した息子を掴んで、目を丸くする。そんな彼女がかわいく思えて、彼女をソファーに押し倒した。不思議と抵抗はなく、ディープキスを交わした。
「ねぇAって肉食系だね。」
彼女のおっぱいを鷲掴みにして、パンツを脱がした。唾で指を濡らして、手マン。グチョグチョになったところで深く入れて潮をふかした。
「あっすご、おしっこ、でちゃうう!!!」
カーペットをベトベトにした悪い子に無理やり息子を咥えさせた。不慣れな感じはしたが、ユキちゃんの顔がどんどんエロくなっている。ゴムの袋を破いて装着。そう、俺はラブサーチで会った女の子とセックスするのだ。
挿入した感じはキツキツで、処女かと思えるほどだった。
「い、イクよ、Aもイこ?一緒に、ね?あああ!」
大きな声を上げる彼女のまんこを深く突いて俺は射精した。

最後のセックス

最初のセックスが終わってから、俺達は期間限定のセフレとなった。その理由が彼女は実はもう2週間もしないうちに、東京の本社でインターン生として働くという。単位も全部取ったらしく、こっちにも帰ってくる事はないという。幼なじみの男が向こうで一人暮らししてるので、一緒に住むそうだ。
「ね、だから、期間限定なの。Aとはこっちでの思い出にしたくて。」
俺が大阪で買ってきたワインをチビチビ飲みながら、話してくれた。俺はユキちゃんの頭を撫でて、頑張れよ。としか言えなかった。

お互い初めてのアナルセックス

最後の夜。せっかくだからAのしたいエッチな事していいよ?と言ってくれたので、俺はユキちゃんをボンテージテープで、彼女をМ字開脚で縛って電マ責めした。
「クリだめ、イク!あああ!」
2回イカしたあとは、指をアナルに入れながらのクンニ。ヒクヒクさせながら、感じていた。そしてクライマックスはローションを息子にたっぷりつけて、アナルにあてがった。
「ユキちゃん、こっちまだなんでしょ?」
「本当にするの?こ、怖いよ。」
じゃあこれあげると言って、ローターをおまんこに入れて、カリをアナルに当ててゆっくり挿入した。
「入ってくる!ああ、大きいのくるうう!」
クリも擦りながら入れてやったので、すんなりと入ったが、まるでオナホだった。まんこ以上のきつさ。俺は射精を我慢しながら何度もピストンした。
「あ、もうわかんない!気持ちいい、いく!ああああ!」
彼女が一体何度イッたのか分からないが、俺もそれに合わせてアナルに中出しした。

次の日、彼女にラインをしてもブロックされているようで、連絡がつかなくなった。ラブサーチでまさかこんな恋愛まがいの思いをするとは思っていなかったが。本当にありがとう。それだけだった。

ラブサーチのエッチ体験談一覧

-ラブサーチ
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」