セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』
体験談 栃木 口内発射

PCMAX

お酒に酔っちゃえば、ギャルの女の子もイマラチオ!我慢できずに口内発射!

投稿日:

出会いがないから始めた出会いアプリ。最初は期待はしていなかったけど、いつの間にか仲の良いギャルと仲良くなれた。セックスまで至ったポイントは紳士的に飯に誘ったのが何よりもポイント高かった!

フットサルをすれど、出会いはなし

就職してからの楽しみは、毎週末のフットサルだ。地元のチームに入って仲間が出来るのは嬉しかった。会社の先輩は毎日ビールの繰り返し。そう思えば、俺は恵まれていた。
だけど、可愛い女の子は周りにいなかった。仲間の奥さんと飲みには行っても、途中で仲間が合流してお持ち帰りやいい思いなんてAVでしかなかった。

そんな悶々とした毎日を繰り返すうちに、気づけば俺はPCMAXに登録する。
話は聞いていたが、なんだか可愛い女の子が多いじゃないか。出会いアプリは充実していた。使いやすい見た目に、さほど高くない金額が良かった。
とりあえず、プロフを作った。面倒なので簡単に、コピペで済ませた。
写メだけはフットサルで覆いつくした。正直、これを機に自分のチームに新しいマネージャーや応援してくれる女の子が出来たらうれしいと思った。

ふとしたきっかけで、ギャル系の女の子と仲良くなれちゃう?

俺はとりあえず大学生の女の子を選んだ。ギャル系に清純系の女の子。
沢山いたが、とりあえず写メを載せている子に絞った。クレジットで登録さえしてしまえば、キャンペーンとかで多めにポイントをもらう事はできる。気にせずどんどんメッセージを送った。
スポーツ好きの子は露出度が高くてよろしい。皆なかなかのスタイルであった。どんなメッセージが来るか楽しみであった。3日後。フットサルに追われて忘れていたが、アプリを久しぶりに開けてみると何件か女の子からメッセージが来ていた。
プリプリのお尻の写メがエロいルカちゃんだった。
「どもぉ!メッセージありがとうございます!フットサルめっちゃカッコいいじゃないですか!メッセージ絶対下さいね?」
何も考えなくてもいいんだ。俺はポチっとメッセージを返した。

無理に仲良くなろうとはせずに、自然なノリでキスしちゃう?

ルカちゃんとは簡単にlineを交換する事が出来た。というか、向こうがある意味気にしてないタイプなんだ。簡単に通話もする仲になるのは1週間も経たなかった。
出会い系サイトだからって、緊張していた。安全に出会う事も出来るし、ちゃんとした子もいるもんだ。
「ていうか、Aさん話しやすいからうれしいよ。」
「俺もルカちゃんが明るいから、元気になるよ!」
まぁ悪くはない。色んな話をしているうちに実際に会いたくなった。ルカちゃんは宇都宮共和大学に通っているらしく、土日なら暇とのこと。
俺たちは金曜の夜に酒を飲む事にした。お互いに餃子を久々に食べたいって話になった。
「なんか在り来たりだけど、美味いよな。」
「んー私はいつも飲み会で食べてるから、ちょっと麻痺してるかも。だけどうれしいよ」
ルカちゃんは写メまで送ってくれた。たぶん彼女なりにうれしいんだろう。
俺としてはこのままのノリでセフレにでも出来たら、最高だ。

俺たちは宇都宮駅前のララスクエアで待ち合わせをした。残業をしっかりさぼって落ち合う。ルカちゃんは、ギャル系らしく恰好がエロ可愛かった。エルメスのバッグが印象強い。
「ルカちゃん、初めまして!Aです。」
「どうもっす~。ハハ~やっぱりスポーツマンだ。爽やか系っすね。」
下から覗かれるとドキドキしてしまう。彼女は少し大人びた表情で、手つないでもいい?と甘えてきた。
こういう子とセックス出来たら最高だなぁと思いながら、大通りを歩いた。

俺たちは無口になって、近くの居酒屋に入った。ルカちゃんは餃子よりもビールなかり飲んでいた。
「Aさん、ねぇこのお店飽きちゃった。カラオケでも行こうよ。」
自分が飲んだ分はしっかりお金を払うところは珍しい感じがする。甘えないのか。
お店から出ると、体は違っていた。腕を組んで歩こうとしている。
「Aさん、もしかしてワンちゃん狙ってるでしょ?」
「セックスしたくてルカちゃんに会ったと思ってんの?」
「やだぁ、露骨だよぉ」
駅まで歩いているが、ホテル街への道へ進む。彼女はこの道筋を知っているのか、じっと俺の顔を見ている。
「もうまぁいっか。カラオケは絶対するからね?」

俺たちがラブホに入る頃にはルカちゃんの雰囲気が変わっていた。
からかうノリで彼女のおっぱいを触ると、キスを求めてきた。
「ねぇ、やっぱり私もしたくなってきたかも。」
ちょっと派手な化粧ではあったが、男慣れした感じで乗っかかってくる。
「おら、脱いじゃえよ。」
シャツに手をかける前に、俺の息子を触りながらニコっと笑う。
「ねぇ、彼女いるの?いてもしちゃうからね?浮気確定だ~」
「んな訳ねぇよ。」
パンツを脱いで、彼女の前に息子を突き出す。ルカちゃんの顔を息子で撫でる。ぷにぷにして気持ちいい。
「あん、もうして欲しいんでしょ?」
根本をぐっと掴んで、しゃぶりつく。久しぶりのフェラに興奮してしまう。
「んん!いいわぁ」
「んぇ!もう腰動かしすぎだよぉ。」
ルカちゃんの顔を掴んで、俺はそのままドンドン動かしてしまった。
腰のあたりにしびれてしまって、ドクドクと彼女のなかに出し切ってしまう。
「げほおお!ねぇ、溜まってたの?」
俺は我慢できずに、ルカちゃんを抱きしめて朝が来るまでセックスをした。

こんな良い思いが出来るからこそ、出会い系サイトは人気なんだろう。ガッツポーズしながら朝の宇都宮駅でコーヒーを飲んだ。

PCMAXのエッチ体験談一覧

-PCMAX
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」