セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

Jメール

天は見捨てなかった…童貞デブな俺でもJメールは28歳♀のまんこにありつけた神ツールだった

投稿日:

中学からずっと女と縁がなかった俺。他人のセックスを見たのがきっかけで出会い系に登録。みんな俺を馬鹿にした。だけどその中で一人だけ俺と会ってくれた人がいた!

キモデブがどうにかして童貞を捨てた最強ツール

九州男児は、とにかくでかく堂々としていればいい。それが爺ちゃんの言葉だった。中学に入るまでは、爺ちゃんの言葉通りに生活していたと思う。楽しかった。何も考えずに毎日が過ぎていく。それだけで満足だった。
でも、中学に入ってから、俺の聞かされていた九州男児ってやつが崩れた。
周りの男たちはイケメンになる為だけに命をかけて、周りの女子はそんな男しか見ていない。
俺はいつの間にか、そんな学校生活にうんざりして高校は農業高校に入った。高校を出たら、すぐに親の畑を継ぐつもりだった俺は、あっという間に時間が過ぎてしまい、大して思い出もない。
そんな俺が壊れたのは、球磨川で釣りをしている時だった。夕方、俺がルアー釣りに飽きて寝転がっていると4駆の車が近くに止まった。俺は気にせずルアー釣りを続けていると、車から喘ぎ声が聞こえてきた。車が軋む音がする。俺はまるで鼠男のようにコソコソと道具をしまって、家へ自転車へ帰った。
その夜、俺は実家の離れで出会い系サイトに登録した。何を考えていたんだろう。
「童貞男子っす。誰か思い出下さい。」
それだけ書いて、俺が30年ローンで組んだ運搬用の軽の上で焼肉している写メを入れた。恋愛なんて鼻から期待してない。かと言って風俗に行くつもりもない。思い出が欲しい、それだけだ。
Jメールをぼーっと見ながら、俺は深酒のなか酔いつぶれた。

馬鹿にされたメール10通 変なメール1通

昼飯を食いながら、畑を見る。トラクターに寝転びながら携帯をボーっと見ていた。メッセージはあれから何通か着ている。俺の写メを馬鹿にするメッセージや、童貞や風体について馬鹿にするメッセージが多かった。
だけど、1通だけ変なメッセージがあった。
「童貞とかどうでもよくない?もっと楽に息しなよ。」
ナツキって人だった。28歳キャバ嬢上がりで今は会社の事務をしているらしい。茶髪でなんとなく優しそうな顔の人だった。俺はなんて返せばいいかわからず一言。
「ありがとう。なんか、さ。俺こんな感じやけん。」
それだけ書いて送った。その日は組合の連中が帰っても俺は畑で作業を続けた。色んな事を考えた。
やっぱり俺みたいな人間はどうしようもないんだ。世の中の男みたいにイケメンとは程遠い俺に女なんて縁はないんだろう。出会い系サイトも諦めるか?
「男の癖にじゃからしか。気にせんで楽にいこうよ!」
俺の起床時間は朝の4時。味噌汁をすすりながら、携帯を見て俺はうれしくなった。その日から俺はナツキさんとメッセージを交換するようになった。

まさかの俺が即ハメ?

「俺みたいな男は女に相手にされるんか?」
「見た目に拘る女が好きなん?」
「な訳あるか。すまん。」
そんな会話を1か月ばかし続けて、ナツキさんから食事に誘われた。団子頭にチャーシュー麵に大喜びしている写真を何枚かもらった。その頃にはラインも交換していた。安全に出会い系を使って、嬉しい会話が続くのが楽しかった。
金曜日の夜。ナツキさんの仕事後に酒を飲むことになった。
俺は久しぶりにスーツを着た。日焼けした顔。でっぷりとした腹。ちょっと派手なネクタイは妙に俺を安心させた。
八代駅の前で待ち合わせた。ナツキさんから俺を声をかけてくれた。黒のパンツスーツの姿は昔ドラマで見た女優さんに似ていた。近くの居酒屋でいいというのでビールを酌み交わし、焼き鳥をいくらか頼んだ。
「でもさぁ、A君。なんで使おうと思ったん、これ?」
出会い系サイトの画面を見せるナツキさん。俺のプロフだ。
「いや、このまま見合いして、組合のなかで終わるくらいなら遊びたかっただけたい。」
俯きながら答えた。ナツキさんは、男らしくガハハハッって笑っていた。

ホテルへ行くのも彼女から

俺は少し酔った具合だが、ナツキさんは少し酔っているようだった。俺に抱きついては酒臭い息を俺に吹きかけてる。
「A君、いいだろ?お姉さんを一人で帰す気か?もう一軒付き合えよぉ!」
俺たちはそれから何件か周って、屋台のおでん屋にいきつく。
かなり酔っている彼女は俺が支えないと歩けない位だ。
「A君さぁ、あんた男だろ?この後は分かってんだろ?」
ごみょごみょしていると俺は店主に苦笑いされていた。なんて言うか。悔しくなった。皆そんな目で俺を見るんだ。ならいい。なるようになってしまえ。俺は彼女を抱きしめた。
「ねぇA君。その勇気があれば女なんて怖くないって。」
俺はそれからホテルへタクシー。何も考えられなかった。

「ねぇ、こんな事した事ないんでしょ?ほら?」
俺の体に舌を這わす。彼女は自分から脱いで俺の上に乗った。
「やっぱ筋肉あるじゃん。つかどーでもいいけど。」
彼女はそれから俺の体の上で、あっさりと童貞を奪った。セックスを楽しんでいる、そんな余裕は何回戦かした後だった。酔った心持ちも彼女の綺麗なまんこの前では関係なかった。
結局俺は深夜まで彼女の体を楽しんで、昼まで寝た。組合の連中は何も言ってこなかった。それから俺は何回か彼女と会うセフレ関係になった。九州のこんな片田舎でこんな関係になれるとは思えなかった。

Jメールのエッチ体験談一覧

-Jメール
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」