セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』
体験談 茨城 玄関イマラチオ

PCMAX

巨乳眼鏡っ子も、優しくすれば玄関イマラチオでご奉仕する雌犬まんこに早変わり?

投稿日:

同僚にも相手にされない男の取った行動は、出会いアプリの登録だった!どんな女の子も真面目にやり取りすれば、チャンスはすぐに訪れる!

女の子に相手してもらえないなら、出会いアプリしかない!

彼女と別れて3年。もう天王町のピンサロに行くのも慣れてしまった。
仕事は映画館で働いている。若い女の子は周りにいるのだが、どうやら僕は対象外らしい。
新卒の女の子と酒を飲むなんてチャンスはあるはずなのに、上手い具合にパスされる。

そんな寂しい夜を過ごしている日々に魔が差した。
PCMAX。
出会い系サイトがきっかけで女の子とセックスできるなんて信じられなかった。
でも、風俗を我慢してポイントに使えば下手な鉄砲、数打ちゃ当たるだろう。
彼女とは言わぜ、セフレの一人でもいれば、一緒に偕楽園で花火を見たり、大洗のビーチで良い思いができるのだ。
面倒ではあったが、登録する事にした。

もちろん映画好きの女の子を探す事にした。手当たり次第に探してみると結構いるもんだ。
できれば、近場で会いたいので水戸駅あたりのレストランでの写メをプロフに入れた。
地元民の強味も出したいもんだ。

そうこうしているうちに、気になる女の子がいた。25歳。医療関係。白い白衣に眼鏡をかけたショートボブの女の子。僕より3歳も年下だ。
プロフを見ると、彼氏に振られてこのサイトに登録したものの、エロ目的にうんざりしていると書いてあった。
これってつまり、真面目系男子を希望していると言いようがない。コナンでなくとも分かるサインだ。

「初めまして。映画好きの28歳です。白衣似合ってますよね!かっこいいです!」
彼女の名前は、セイコちゃんと言う。僕は何を書けばいいか分からなかった。
まぁでも、とりあえず丁寧に紳士的に話をしようと思った。

紳士的なトークが出会いを彩る秘密!

セフレというか、セイコちゃんみたいなエロいおっぱいをした子は周りにいない。こんな子とセックスできれば!と仕事をしながらも思い出してしまう。お昼にメッセージを確認してみると、出会いアプリの画面に1とあった。
「Aさん、メッセージありがとうございます!私も毎晩映画見てますよ!」
写メも添付されていた。今日食べているアンパンだそうだ。アンパンの先には綺麗な白い脚が写っていた。細くてエロイ。僕はドキドキした。
安全に出会えるなんて簡単じゃないか。ちゃんとした女の子にメッセージを送るだけでいいんだ。僕も昼食のラーメンを添えて写メを送った。

その夜からは頻繫にメッセージを送り合う関係になり、ラインの交換もスムーズだった。
彼女は筑波大付近のドラッグストアに働いているとの事だ。勇気を出して食事に誘おうかと思っていた矢先、彼女からメッセージが来た。

まさかのお迎えがオーケーサインに?

金曜の深夜。彼女は飲み会の帰りで水戸駅前だそうだ。
「良かったら迎えに来てくれるかな?タクシー人多すぎでやばいの。」
むろん車を出す僕。職場からめちゃくちゃ近いが、気にはしない。ロータリーから離れた
ファンケルハウスのそばにいた。
白いワンピースに、うす緑のカーディガンを羽織っている。スタイルが良いのは彼女を離れて見てもわかった。
「セイコちゃん。大丈夫?」

彼女に声をかけると、少し怪訝な顔をされたがスグに返事をしてくれた。
「Aさん!本当に来てくれたんですか?うそ、本当に?」
「まぁ夜遅いし。送るよ。」

彼女を車に乗せる。少しフラフラしていたが、途中で買ったウーロン茶を嬉しそうに受け取った。
「セイコちゃん、家どっち方面かな?」
「赤塚駅で大丈夫だよぉ。Aさん。」

ご機嫌なようでこちらの質問にポンポン答えてくれる。
「本当に彼氏いないの?」
「あーーていうか、Aさんこそヤリ目じゃないよね?」
「何そのB級映画。このままカッコよく去るのがハリウッド映画でしょ?」

以前にハリウッド映画のラブストーリーあるあるの話を持ち出した。彼女は覚えていたようで、爆笑していた。
「あ、じゃあこのままだと味気ないしさ。大塚池行こう?」
深夜のせいか車の通りもない。僕は少し悪い気はしたが路駐して、彼女と降りた。
静かな公園は確かに雰囲気があっていい。
「セイコちゃん、この辺りよく来るん?」
「うん、たまにがんばってランニングここまで来るよ。けっこう車が危ないんだけどね。」

まだ酔いが残っているせいか、僕の腕に胸を押しつけてくる。
「ねぇ、キスしたい?」
セイコちゃんは僕の胸に手を回して抱きついてくる。眼鏡をかけてはいるものの、瞳がエロエロになっている。
「うん。」
彼女をそのまま抱きしめて、キスをした。もう勢いも手伝って、彼女のお尻やおっぱいをグニグニとまさぐる。
「んんっ!」
「いやかい?」
「もっとして欲しいけど、恥ずかしいよ。ホテルにいこ?」

まさかこのままセックス出来る流れになっていたとは思っていなかった。
僕は彼女を車に押し込め50号線を急いだ。

眼鏡を外すと玄関でご奉仕?巨乳に飛び散るザーメンのしぶき!

僕らがホテルにつくと、彼女は大胆になっていた。
「ねぇ、私ね?いつもバイトの子から一発やらせて?って冗談でも言われるのよ?」

抱きついてくるセイコちゃん。シャンプーの匂いがいやらしい。
「それで?興奮しちゃう訳?」
ズボンに手をかけ、無理やり脱がす。当然息子はびんびんである。
「興奮しちゃうう!」

パンツ越しに息子をしゃぶりつく。甘く嚙まれている感じが溜まらない!
「どうでしょう?教えてあげなああい!」
どんどん涎まみれになって、甘くかまれていると我慢できなくなる。
「ねぇ、しゃぶってよ?」

パンツを脱ぐ僕を見ながら、彼女はワンピースを脱いでいた。オレンジのブラジャーがエロい。
彼女の口は大きく開き、僕の息子を根本まで咥えてきた。
「んんぐぅ!んっんっんっ!」

激しくピストンされる。ゾクゾクとする。まさか本当にセックスが出来るだなんて。
彼女はブラを外し、大きなおっぱいを見せる。自分で乳首を掴みながら僕を見上げる。
僕は我慢の限界と共に、彼女の喉奥から息子を引き抜きザーメンを吐き出した。
「あああ、い、いくう!」
「あんっ!すごい!!!」

鬼頭を鷲掴みにして僕のザーメンをおっぱいで受け止める。僕はそのまま彼女を脱がし朝まで楽しんだ。初めての出会い系でもこんな可愛い子とできるのか!僕は彼女の脚の先から毛先までたっぷりと味わった。

PCMAXのエッチ体験談一覧

-PCMAX
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」