セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

PCMAX

京都の女子大生が、PCMAXで出会った男を家に誘った結果…ヤバい事になったw

投稿日:

私は京都の大学に通っている、ハナです。
就活も終わり、暇だったので出会い系サイトで遊んでいた頃の事件…

周りの友達も、安全だからという理由でPCMAXを利用していました。
年上好きの女子大生も珍しくなく、私もそのうちの一人でした…

やっぱり同年代よりセックスは上手いし、考え方も大人なので年上は最高です。
でも私の無防備過ぎる性格が引きがねとなり、とんでもない事が起こってしまったのです。

出会い系サイトで知り合った初対面の男性を、自宅へ招いた結果…w

学食で出会い系サイトを読み漁り、暇アピール

その日は授業が午前中で終わり、午後はフリーでした。
バイトもしていなかったので、夜までずーっと暇…

就活が終わったのは嬉しいことですが、急に時間が空いても困るものですw
学食でお茶を飲みながら、あらゆる出会い系サイトを読み漁っていました。

とりあえず大手のPCMAXの掲示板に、暇アピールをしてみることに…

===
京都の女子大生です♪
暇です~誰か今らか遊びませんか?
===

するとタイミングよく、一人の男性からメールを貰ったのです。
出会い系は、ほんとタイミングが全てだとつくづく感じます。

===
こんにちは~!
俺も暇です、今から遊びましょう!
お昼だしランチでもしませんか?
===

はじめにメッセージをくれた人と会うのが、私のポリシーです。
まぁ5分待っても誰からも返事が来なかったので、この男性と会うことにしましたw

暇だから遊びたいなんて、いかにも遊んでそうな大学生ですよね。
かなり適当ですが、大学の友達もこんな感じでやり取りしているみたいです。

ちょうどお腹も空いていたので、「ランチぜひ!」と返信して会うことにしました。
年上はご馳走してくれるし、やっぱり最高…wと現を抜かしていたのです。

ランチ中、パンツ丸見え…家に誘ってみた

近くの駅で待ち合わせして、お目当ての男性に会いました。
田中 圭に似ている、なかなかの爽やかイケメン!!

こんな女子大生の誘いに乗ってくるなんて、ヤバい系の人かと思いましたが…
最近の出会い系は、街を歩いている人達が普通に使っているんだなぁと実感w

現役女子大生が、こんなカジュアルな出会いに少し感動しました(笑)

「初めまして!ハナです。」

「こんにちは、お腹すいたね!ランチしよう!」

田中 圭似の男性の名前はヨシキさんで、実は既婚者。
挨拶してから、初めて名前とプロフィールを知りましたw

連れて行ってくれたのは、学校から近くにある人気のパスタ屋さん♪
私は小柄な割によく食べるので、「もえあずみたい」と言われました。

あとロリ系でミニスカートを履いていたこともあり、
「ハナちゃん、パンツ丸見えだよw」と突っ込まれる始末w

天然で無防備な私は、ちょっと足を開いて座っていたので、
向かいの席から白いパンツが見えてしまったようです。

「ヤバいwなんかムラムラしてきた」

「えー?ヨシキさん、どうしたんですか?」

まだ昼過ぎなのに、こんなハプニングでヨシキさんを勃たせてしまいましたw

モヤモヤした気持ちを抱えながら、二人でパスタを完食すると、
この後どこへ行こうか迷って話し合いました。

「どうしよっか?女子大生は、カラオケコースかな?」

「いえ、カラオケは苦手で…もし良かったら、うち来ます?」

居酒屋は空いてないし、ホテルも微妙なので…
とりあえず家に誘ってみましたw

ヨシキさんは意外すぎる展開に、かなり動揺していました。
はじめて会った男性を、ひょいひょい家に呼んでしまうんですからねw

でもホテルではなくカラオケへ誘ってくれたので、良い人そうに見えたんです。

「じゃ、お言葉に甘えて…お願いします!」

ちょっと不安そうでしたが、ムラムラしていたのかあっさりOKしてくれました。
男の人って、色々考えるより性欲が最優先みたいですね。

パパが借りてる高級マンション…修羅場になるハズはない

「ここですよ~」

「おぉ!すげぇ…!!」

一人暮らしをしている、私のマンションへ到着しました。

下鴨付近の高級住宅街にあり、学生が住んでいるとは思えない雰囲気に、
ヨシキさんは圧倒されている様子…

それもそのはず、重圧な扉で閉ざされたエントランスを通ると、高級感あふれるロビーがあり、
洗練された空間が広がっている某マンションだったのです。

「これは…!!あの…一人で住んでいるの?」

「あ、はい。そうですよ~!」

「超すごい部屋…だね…」

「まぁ、私が借りているわけじゃないんですけどねw」

そうだ。大事なことを言い忘れていた!
ここパパが借りてくれているマンションだったww

パパと言っても、お父さんではありません。
昔クラブで働いている時に知り合った、そっち系のパパです。

「それは…ヤバくない?パパが来たら修羅場だよね?」

「大丈夫ですよwパパが来る日、決まってるんで。」

パパとはそういう関係ですが、彼にも家庭があるので来る日は決まっていました。
もう契約して二年くらい経ちますが、急に訪れたことはありません。

きっと大丈夫w
今日に限って、こんな昼間にパパがマンションに来ることは絶対ない…と思うw

お酒を飲みまくって正気を失う…イチャイチャ楽し過ぎたw

パパの存在でちょっと変な空気になってしまったので、お酒を飲むことにしました。
昼間のお酒…ヨシキさんは気を紛らわそうとビールを一気飲みw

「ワインとかもありますよ♪」

「お!飲もう飲もう!」

正気を失ったヨシキさんは、昼間からかなり飲んでいました。
という私も、久しぶりにワインを飲んでエロモード全開でした。

「ハナちゃん~可愛いね~おっぱい見せて~」

「ちょっと~♪ダメですよ~♪」

もうパパが来るかも?なんてことは忘れて、二人でイチャイチャ過ごしていました。

キスしてじゃれ合ったり、服の上からおっぱい揉まれたり…
就活が終わってから一番楽しい時間を過ごしていたと思いますw

ピンポン、ピンポーン…心臓が止まる出来事が…w

それから愛撫が激しくなっていき、広いリビングで全裸…
パパとはいつも寝室でセックスしていたので、何だか新鮮でした。

ムラムラしていたので、ヨシキさんのモノをヂュポヂュポ咥えると、
お返しで手マンからのクンニ…

やっぱり年上過ぎるパパとは違って、前戯も最高に上手でした。

「もうダメ…ちょうだい…」

おねだりすると、生でヨシキさんは挿入…
パパよりかたくて大きくて、かなり気持ちよくて喘ぎました。

すると心臓が飛び出そうな出来事が…

ピンポーン♪…

ピンポン、ピンポーン…♪

ヤヴァイ…と言わんばかりに、二人で見つめ合いました。

恐る恐るモニターを見ると、佐川急便のオジさん…ww

ふぅ~www びっくりさせんなよーww
エッチは中断してしまいましたが、かなりスリルのあった事件でした。

それから高級マンションには人を招くのは止めて、
ヨシキさんとはホテルで会うようにしています。

せっかく田中圭似のイケメンと出会えたので、これで終わりじゃ勿体ないですからw

今でも会うたびに、この話をして笑っています。
「色んなことが走馬灯のように駆け巡ったよー」

あの時ヨシキさんは、命を取られる覚悟を決めたようですw

でもヨシキさんも既婚者ですし、いつ修羅場が訪れるか分かりませんね。
女子大生の火遊びは、まだまだ止められそうにありません。

PCMAXのエッチ体験談一覧

-PCMAX
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」