セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』
神奈川 川崎マン汁

Jメール

ネオン街の川崎で、恋人気分を味わいデート!マン汁を全部飲み干して挿入再開!?

投稿日:

今回セフレになった男性は、もっぱらの競馬ファン。
天皇レース後に、初めて会ってご飯してラブホへ♪

イチャイチャ恋人気分を楽しみ、いざセックス。
私はマン汁を飲み干され、かつてないエロ過ぎる展開に…!

私は川崎市民♪ギラギラしている街が好き

私が住んでいるのは、神奈川県川崎市。
駅前はネオンがギラギラしていて、風俗や居酒屋が立ち並んでいます。

日曜日になると、多くの競馬ファンが「川崎競馬場」へ集まります。
はっきり言ってガラは悪いですが、私はこの街が好きです。

常に刺激を求めていて、その時楽しいのが一番だと思っているからです。

人との出会いに敏感…というか、私は浮気をしやすいタイプです(笑)
「ノリが良いね♪」と言われることが多く、毎日楽しく過ごしています。

川崎って日本屈指のソープ街「堀之内」や、「ちょんの間」とかピンサロがあるんです。
カオスな場所ですが、なんか刺激的で面白いんですよね♪

やっぱりセフレは、恋人気分を味わえて、楽しく過ごせる人が一番です。

写メを要求するのが楽しい。キスできそうな男性だからOK!

友達が出会い系サイトをやっていたので、私も登録したのがきっかけです。
安全にすぐ出会いたいならJメール!ということで、使ってみました。

毎日、何人からかアプローチされるんですが、
恋人オーラを感じる男性からメッセージを貰いました。

===
コトミちゃん、僕ジュンと言います!よろしく!
写メすごい可愛いね、めっちゃタイプです。
今、横浜に住んでいます。
ちょくちょく競馬しに川崎へ行くので、デートしませんか?

ジュン32歳

===

なんかノリが良くて、同じ神奈川県民かぁ…!
競馬に偏見もありませんし、川崎愛もありそうだったので気になりました。

でもジュンさんの顔か分からなかったので、写メを送ってもらうことにしました。
やっぱりイチャイチャしたり、恋人気分を味わいたかったので、顔がタイプじゃないと…(笑)

===
ジュンさん、はじめまして!
メッセージありがとうございます♪

川崎競馬場、うちから近いです(笑)

もし差支えなければ、ジュンさんの写メを送ってもらうことできますか?

コトミ 23歳

===

実はこのやり取りが好きで、面白見たさ半分で写メを要求します。
30分くらいすると、ジュンさんから写メが送られてきました。

おぉー!アナウンサーに居そうな顔…川畑一志?に似てる男性でした。

この30分間、ジュンさんが何度も撮り直したのか?とか、
いろいろと想像するのが楽しいのです(笑)

私のなかの判断基準は、「キスできるかどうか」です。
相性が悪そうな男性とか、不潔そうな人はここで終了です。

ジュンさんは、競馬ファンとは思えないくらい爽やか系男子でした。

すぐにLINEを交換して、ざっくばらんに世間話を楽しみました。
よく分からない馬の話を聞いたり、川崎の歴史?など、引出しが豊富な方でした。

さっそく次の日曜日、天皇賞レースがあるので、その帰りに会うことになりました。
私は、競馬のついで…?ま、川崎まで来てくれるし、楽しければ良いかっ♪

ジュンさんと待ち合わせ♪天皇賞レース結果は…

待ち合わせ場所は、私の地元である川崎駅です。

川崎競馬場へ行っても良いかな…と思ったのですが、初デートですしね(笑)
いずれにしろ競馬場は人が多過ぎるから、落ち合えない気がしました。

日も徐々に暮れて、時刻は17時半。
ちなみに天皇賞の発走時間は、15時半だったらしいです。

ジュンさん「あ、コトミちゃーん!いたいた!」
私「ジュンさんですか♪はじめましてー!」

初顔合わせとは思えないくらい、テンションが高かったです。
私が求めていた、カップルにようなやり取りです♪

私「ジュンさん、今日のレースはどうでしたか?」
ジュンさん「いやー、ダメだったね…!でも、コトミちゃんに会えたから大丈夫!」

全然レースに負けたとは思えないくらい、明るい顔をしていました(笑)

勝っても負けても、今日は美味しいご飯をご馳走するよ!と
約束していたので、ご飯デートへ行くことにしました。

ジュンさん「いつも負けちゃうとね、この駅前の牛丼食べて帰るんだよね~」
私「えー!それ本当ですかー?」

先のことを考えてないと言えばアレですが、目先のことを全力で楽しめる男性は好きです。

ご飯デートでイチャイチャ。食べさせ合いっこ♪

ジュンさんは、駅近にある美味しいご飯屋さんを予約してくれていました。
地元民も、グルメじゃないと格式が高くて行けないようなお店です。

自分でお肉とか魚介など、好きな具材を炭焼きして食べるスタイルです。
私が好きなお刺身を、あぶり焼きで食べたりして豪華でした。

2人でビールを何杯もおかわりして、気分が盛り上がりました。
貝の炙り焼きは甘みすごくて、歯ごたえを楽しめました。

ジュンさん「ご飯デート、すごく楽しいね!」
私「うん♪ほら、この貝すごいプリプリ♪はい、アーンしてっ。」

ちょっと酔っていた私は、ジュンさんに甘えて食べさせました。
代わりにさざえの壺焼きを食べさせてもらって、もうラブラブな感じです。

ジュンさん「なんかこの貝…エロくない?」
私「やだっ♪エッチ~!!」

ジュンさんが、ぱっくり割れたムール貝を見せてきました。
きれいなオレンジ色に、ヒダヒダがいっぱい…(笑)

もう女の人のアソコを想像する以外、何も思い浮かびませんでした。

ジュンさん「コトミちゃん、そろそろ…ホテル行こっか。」
私「うん♪たくさんイチャイチャしたい♪」

お酒が程よくまわっていたので、そのままホテルへ向かいました。

一緒にお風呂。指入れが気持ち良すぎて…

川崎駅周辺には、手頃なラブホがいくつかあります。
でも今回行ったのは、「HOTELサローネ」。

京急川崎駅から徒歩1分にあって、お値段はちょい高め。
ご飯屋さんのチョイスといい、ジュンさんは羽振りが良かったです♪

ホテルへ着くと、さっそく一緒にお風呂へ入ることにしました。

ジュンさん「コトミちゃん、ばんざいして。」

私は何も躊躇することなく、服を脱がせてもらいました。
今日の下着は、上下白のレース…下はもちろんTバックです。

私「どう?」
ジュンさん「す、すごく良いよ…胸も大きいんだね…」

むっちり体型なので、男性には褒められることが多いです。
スレンダー好きな方には、デブだと思われますけどね(笑)

すでに私はスッポンポン、お次はジュンさんを脱がせることに。

ストレートパンツの上から、すでに分かっていたんですが…
もうすでにビンビンになっています。

しかもパンツには、ちょっと我慢汁が付いていて、
かなーりエロい男性ということが判明しました。

このまま生で始まってしまうのでは…!と思いましたが、
体をくっつけてイチャイチャとお風呂に入りました。

私がジュンさんに背を向ける感じで、湯船に浸かります。
振り返りながらディープキスをすると、ジュンさんは優しく乳首を刺激してきました。

私「んっ…フッ、んん…」
ジュンさん「気持ち良い?」

ギンギンに立っているであろうアソコを、私のお尻に押し付けながら、
マ○コを撫でて擦りました。

気持ち良すぎて、思わず私は湯船から立ち上がり、バスタブに腰掛けました。

私「あっ…ここ、もっと…!」
かなり興奮してしまい、ジュンさんはGスポットを刺激しました。

あっ、あああぁぁぁっ!!イっちゃううぅぅ!!

ジュンさん「ほら、指入れるだけで…こんなにヌルヌル…」
私「もう…!欲しい…!入れて欲しい…」

「マン汁、全部飲み干したい」…チンコを引き抜きクンニ

私は指入れで何回かイカされ、シャワーを浴びてベッドへ移動しました。
そこでも、たっぷり濃厚なキスをしました。

私「キス…ハァ、ハァ…気持ち良い…」

ベッドの上で、何度も舌を絡ませてねっとりしたキスをし合いました。

ジュンさん「コトミちゃん、唾…ちょうだい…」

ちょっとビックリしましたが、たくさん唾液を含んでジュンさんの口へ流しました。
キスをしながら、ジュンさんが私の股間をまさぐり、興奮はMAXに…。

私「んぁぁ…好き、すごい好き…」

ジュンさん「僕もすごい好き…好きだよ…」

私「もう、我慢できない…入れて…!!」

ジュンさんは手早くゴムを付けて、脚を絡ませながら激しいセックスへ突入…

正常位の体勢で、ピチュプチュ~っ!といやらしい音を立てて根元まで入りました。

私の内側は、中までグッショリ濡れていた状態だったので、
あっという間にジュンさんのアソコが飲みこまれました。

ジュンさん「すごい…締まってる…温かい…」

そう言うと、バンバンバン!とピストンをしました。

私「アアンっ…か、かたいっ!!あああっ!」

さらにジュンさんのモノはかたくなって、1分くらいで私はイカされてしまいました。

するとジュンさんがアソコを引き抜き、バックかな…?と思いきや、
いきなりクンニをしてきたのです。

私「え…?ジュンさん!?」

ジュンさん「このマン汁、全部飲み干したいんだ…」

ジュンさんは、ジュルジュルとわざとらしく音を立てて、
私がイッた後の愛液を舐め回しました。

「あ、アンっ、き、気持ち、い、いぃ」

お尻の穴が一瞬つぼまると同時に、アソコがヒクヒクしてしまいました。

き、気持ち良すぎる…。
突然クンニをするなんて、こんなセックス初めて…。

はじめは抵抗しましたが、体は正直なものですぐに力が抜けました。
何度も何度もイカされ、またジュンさんがチンコを挿入してきました。

「はぁ…気持ち良い…」ジュンさんが腰を振り続けると、
最後にガガガガっ!と早くなって射精しました。

私はジュンさんのテクニックにやられて、もう一回おねだりしました。
こんなに駆け引きされるエッチ…たまらなかったのです。

Jメールのエッチ体験談一覧

-Jメール
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」