セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』
東京 名器の女

Jメール

H好き25才フリーターの名器にやみつきになった話

投稿日:

私は以前は風俗ばかり行っている30代独身男ですが、ある時友人から、出会い系サイトならタダでヤらせる女がいっぱいいる、という話を聞きました。
最初は「嘘だろ」と思ったのですが、その友人からセフレの女性とのメールとかLINEを見せてもらったら、なんかバカみたいな会話しかしてなくて、こんなんで本当にやれるのか、と驚いてしまいました。
こんな程度で女が作れるのなら私でもやれるんじゃないか、と考え、思い切ってやってみたら、最初は何度か失敗もありましたが、慣れてくれば私もセフレを何人もゲットできるようになりました。

肉好きエロ女を落とすキラーワードは『モツ焼き』

セフレ探しには複数の出会い系サイトを使っています。
出会いアプリとかはほとんど使わず、サイトがメインです。
その中でもよく使っているのが大手出会い系サイトのJメールです。
Jメールは有名サイトで安全性が高いので、信用して使っています。
また、Jメールはお金を要求するような女性は厳しく排除しているので、無料でやれるセフレ候補の女性が探しやすい、という点も気に入っています。
それで、セフレを作る方法とか、特に彼女がいない人はすごく気になると思うんで、今回は実例として、少し前に東京の中野で待ち合わせしてセフレにしたフリーターの女の子とのことを体験談にして記してみたいと思います。

自分は今、セフレが何人かいるのですが、その中の一人、まなみと知り合ったきっかけは、Jメールの掲示板でした。
その掲示板にまなみは以下のようなことを書いて、相手をしてくれる男性を募集していました。

「暇~。一緒に飲みに行ける人募集してます。来れる人はメールどんどん送ってきてね!」

これを読んでなんとなく気になったので、私はまなみのプロフィール欄をチェックしてみました。

私が得意な「肉好き女」発見!もちろんメッセージを送るぞ

プロフィールを見てみると、まなみは中野に住んでいるフリーターということで色々とストレスが溜まっているみたいでした。
プロフィール写真を見てみると普通の女性っていう感じで、特に美人でもないけどブスでもないといったレベルでした。
私の場合、よほどのブスでない限りは大丈夫なので、まなみレベルでも全然オッケーです。
それでメールを送ってみることにしました。

---------
はじめまして。
掲示板を見て興味を持ち、連絡させていただきました。
プロフィール欄に焼肉が好きと書いてありましたが、モツ焼きとかはどうでしょうか?
私、中野とか高円寺でもちょくちょく飲んでいるのでその辺でお会いできれば、と思っています。
お返事いただければ嬉しいです!

---------

すると6時間ぐらい経った頃、まなみからメールがありました。

---------
ありがとうございます。
モツ焼きいいですね!
行ったことないんで連れて行ってほしいです!

---------

よしよし、いい返事だ。

なんとか会うところまでは行けそうだということで、私はとりあえずホッとしました。
ちなみにモツ焼きはおいしいんですが大好物ってわけではありません。
なぜかモツ焼きに釣られる肉食系女子が多いんですよね。
(*´艸`*)

待ち合わせの中野セントラルパークの入り口付近の公園で、
「こんにちは。あの……、約束していた方ですか?」
「あ、はい、そうです。どうも」
まなみの顔は写真で見ていたのである程度知ってましたが、実物を見てブスでないとわかって、私はほっとしました。

まなみを見ながら、素朴な感じであまり色気はないけど、すれてない感じがいいかな。
会っていきなりモツ焼き店に行っても話が弾まないかもと思ったので、とりあえずカフェで少し話をしてからにしよう、と私はまなみに提案しました。
選んだお店は中野駅北口の中野セントラルパーク内のグッドモーニングカフェ。
グッドモーニングカフェはテラス席があって割と空いていることも多く、周囲を気にせずおしゃべりができるので出会い系の女性と会うのには悪くない場所です。

いきなりガツガツ攻めるタイプじゃないのでゆっくり関係を深めます

カフェでドリンクを飲みながら、
「出会い系でちょくちょく人と会ったりしてるの?」
「今まで何人かは会ったことある」
「いい人はいた?」
「うーん、まあ……、いろいろだね」
まなみは言葉を濁しました。

「年齢的には同年代ぐらいの人が多いの?」
「そうでもないよ。40代後半の人と会ったこともある」
「へえー、守備範囲広いんだね」

「年齢とかあまり気にしないかな。むしろあまり若い人はちょっと苦手……」
「そうなんだ。それを聞いてほっとした。俺も30過ぎてるからね」
「30過ぎだったら全然若いじゃない。まだ前半ぐらいでしょ。半ばぐらい?後半じゃないよね?」
「そう、30前半」

こんなことを話していましたが、まなみはそれほどよくしゃべる女性ではないことに気がついてきました。
だんだん話すことがなくなってきたので、モツ焼き屋へ移動。
私たちは中野界隈で何軒もお店のある、モツ焼き屋の四文屋へ。

「こういうホルモンっぽいものは結構好きなの?」
「好き。でも、女だとこういうところ来づらいから、あんまり食べる機会がない」
「そうなんだ。それじゃ色々食べてね!」

「中野ってモツ焼き屋の店が多いんだよね」
「そうなんだ。住んでるけどあんまりよく知らない」
「高円寺なんかはモツ焼きだけでなく焼き鳥屋も多いけどね」

「私の家、高円寺と中野の間だから、歩いていけるよ。高円寺も行ってみたい」
「それじゃ次は高円寺で飲もうか?」
「いいよ」
次の約束も取り付けることができたので、この日はこれで帰ることにしました。

出会った初日からガツガツ攻めるのは私は向いていないので、基本的にしないことにしています。

2回目の出会いで肉体を狙う…長くセフレを続けるコツなり

2日後ぐらいにまた、まなみにメールを送って誘ってみました。

「この前はどうもありがとう。この前会った時、高円寺の話が出たけど、明日か明後日ぐらいに飲みに行きませんか?」

まなみからはすぐに返事が来ました。
「いいですよ。明日バイト休みなんで大丈夫です!」
二回目の誘いもついてきたので、「脈ありだな」と確信、高円寺駅前で再開することに。
今度はホテルまで狙っているので、タレににんにくを使っている焼肉店はやめておきます。

「この前は肉系だったんで、今日は別のものということで桃太郎寿司にしようかと思ってるけど、どう?」
「あ、そこ一度行ってみたかった。駅のすぐ近くの店だよね」
「そう、寿司屋だけど居酒屋みたいな雰囲気もあって落ち着くよ」
桃太郎寿司は激安系の寿司屋で、高円寺界隈では誰でも知っているようなお店です。
テーブル席からタブレットで注文する、というスタイルなので、気兼ねのないところもいいな、と思いました。

ここではまなみの一人暮らしの悩みや仕事の悩みを聞いてあげたり、休日の過ごし方、どんな恋をしてきたのか、などだんだん深い話へ。
まなみと割と打ち解けてきたように思えたので、店を出るなりストレートにアタックしてみました。

「今日は朝まで一緒にいたいな。まなみは?」
まなみはしばらく沈黙した後、言いました。
「いいよ。付き合ってあげる」

よしよし、いい返事だ。

「それじゃあもうちょっとゆっくりできるところに行こうか」
「それ…、どこ?」
( ̄ー ̄)ニヤリ

まなみの名器に翻弄される

中野はラブホテルが一軒しかないので結構困りますが、高円寺は何軒かあるので助かります。
そういう点で、女性とのワンナイト狙いなら、中野より高円寺のほうが都合がいいです。

ホテルの前に来ると、まなみはにやっと笑っていました。
「やっぱりそうだよね」
「いいよね」
私は笑いながらいいました。

部屋に入ってすぐ、抱きついてキスしてやろうかと思いましたが、やっぱりがっつくと印象悪いな、と思い、シャワーを浴びてからエロい事をしようと考え直しました。
「シャワー一緒に浴びる?」
「どっちでもいいよ…」
「じゃあ一緒に入ろうか?」
私は筋トレで体を鍛えているので、ちょっと自慢の筋肉をさりげなく、まなみに見せつけてやろうと思いました。

「ごめん、我慢できない。ここでちょっと触らせて」
私はバスルームでまなみに抱きつきました。

まなみは胸は大きくはありせんでしたが、普通に膨らみもあったので、まなみの裸を見ていると、この場で入れたくなるぐらいに興奮してきました。
私はまなみにディープキスをしたら、まなみも熱く舌を絡めて返してきました。

それで興奮に火の突いた私は乳を舐め回しながらまなみの股間を指で弄りました。
まなみのまんこはすでにぬるっとした汁を垂らしていて、このぬるぬるまんこを触っていると、私はさらに興奮してきました。
入れたくてたまらなくなりましたが、初回でいきなり立ったままセックス、というのはよくないかな、と思ってベッドに行くことにしました。

二人でベッドに行ってキスをしたり、ひとしきり上半身を愛撫した後、両足首を掴んで大股開きにし、まなみのまんこをじっくりと観察しました。
まなみのまんこはクリがぷりっと膨れていて、H好きそうないやらしい感じでした。
そのクリを舌でチロチロ舐めながらまんこに指を一本入れてみると、まるで手のひらで握られるように結構な圧できゅっと締め付けてきました。

これは気持ち良さそう、と思った私はもうチンコを入れたくて我慢できません。

「ゴムは……、着けたほうがいい?」
「外で出してくれるなら、そのままでもいいよ」

え、生OK?!

嬉しさのあまり私はもう一度聞きました。
「生でいいの?」
「うん、いいよ、外で出してね」
んじゃ遠慮なく、まなみのまんこにガチガチになったチンコを挿入。

いつもは7分腰振れるオレが、まなみのまんこは50秒でフィニッシュ

生の温かさが私のチンポをさらにガッチガチにさせました。
きゅっきゅっと強めに締め付け、ねっとりペニスに絡む膣のひだひだが、チョー気持ちよくて、
「な、なんだこの気持ちよさは、、もう我慢できない……」
ビューっとまなみのおへそあたりに発射、いつもより数倍早く果ててしまいました。
1分も持たず、50秒ぐらいです。

これぞミミズ千匹、名器です。

「えーっ、もう終わったの?早い…」
「ごめん。早すぎた?まなみのおまんこ気持ちよすぎて…」
「でも気持ちよかったよ」

クンニと手マンでイかせてあげます。

その後、まなみとはセフレに

私とまなみはセフレになって、月に2、3回程度会っています。
飾らない女なので気楽でいいです。
見た目は普通ですが、あの名器にもう一度入れたいという感情が常にあり、早く会いたいと思える女でした。

こんな風に、出会い系だと、意外と簡単にヤらせてくれる女の子が見つかるものです。
会うまでの費用がメール代だけで済むので、風俗行くより全然お金がかからないし、新規登録だと千円分ぐらいのポイントが無料でもらえるので、これだけでもかなり遊べます。

特にセフレ探しならナンパや合コンとかより、出会い系サイトが一番見つけやすいですね。

Jメールのエッチ体験談一覧

-Jメール
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」