セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』
体験談 福島 Dカップの女子大生

ハッピーメール

イマラチオを従順にご奉仕する雌犬をたっぷり生ハメした話!

更新日:

出会いに疎い職業でも、出会いサイトを使えばバラ色に!ヤリ目を金で隠せば、どんなにランクの高い女でもイマラチオでご奉仕する雌犬に大変身!

Dカップの大学生を生ハメするには、やっぱり出会い系!

一般的に公務員ってのは、お堅い仕事と思われている。
まぁ世間様の為に働いてまぁまぁ良い給料をもらってるのだから、やるべき事はしなければならない。

だけど、ね。
ストレスばかり溜まる職場だ。
乳だけはデカイ癖に年金を払わない主婦とか、金はない癖に消費者金融に借りまくっている高校中退の女とか。
弱みに付け込めば、一発やれそうな女ばかり。
しかし、それをしてしまえば一生犯罪者としてまともな職にはつけない。

公務員の仲間は、皆そう思っている。

「おい、絶対ばれない出会いを教えてやるよ」
夕日が落ちる前に、ビアジョッキを掲げる先輩が俺に自慢してきた。

「いいか、市外で出会うんだよ」
「うちの市内でよくないですか?」
イカゲソをかじりながら、モテるのか微妙な先輩がよく言う。

「馬鹿言え、課長どもがデリヘル呼んでるホテルに若い女と入る勇気あんのか?」
スマホを見せてきた先輩。

「こいつ、先週の金曜日生ハメしたぜ」
先輩は20いくかいかないかの裸の女と写メを撮っていた。

「これ、先輩?高校生を?え?」
「ばか、このサイトだよ」
ハッピーメール。
話の流れが分かった。
ビールを飲み干す俺。

出会い系サイト「ハッピーメール」でしっかりセフレをゲットしているのだという。

「で、どーすんだよ。お前もやれよ。安全に出会いアプリでゲットしたい癖に。もうデリは飽きたろ?」
うるせえと思いながら、ある程度の説明をもらいながら登録をした。

先輩曰く、とにかく若い女に絞って金を見せつけて売りを表に出さない女が正解、だそうだ。
売れないデリヘル嬢の営業に付き合うんじゃなくて、お金持ちの男にチヤホヤされたい女を絞りこめばいいらしい。

馬鹿くせぇと思いながらアパートに着く頃には、メッセージが届いていた。

公務員ってのをボカして、年収だけ書いたのだけど。
それに釣られた女が来ただけだ。

「Aさーん、すっごいオシャレなお店知ってますね、私もご褒美に行きますよ~」
とか
「初めまして、よければ仲良くしてもらえませんか?」
金に釣られた女の子の中から、一番おっぱいの大きい子を選んだ。

リカコ、20歳大学生。
プロフを見る前に俺は風呂も入らず、ベッドで酔いつぶれた。

メールでのやり取り

「おはようございます。メッセージありがとう。あのお店が好きなら今度食事にでも行きませんか?」
朝の6時にきっちりメッセージを送る。
アラームで調教済みの脳みそは、どんな酔い覚ましより効いた。

リカコからのメッセージは昼過ぎに来た。
媚びを売るような内容が気に入った。

金に従順だ。

「Aさん、メッセージ超うれしいです!私なんかでいいんですか?ていうか、絶対彼女いるでしょ?いても良いから可愛がってくださいよぉ」
「リカコちゃん、君を選んだんだ。ご褒美をくれよ」
先輩曰く、とりあえず釣れた魚には、ウザイほどのリクエストを送っても答える女が正解だという。

「Aさん、リカコの裸みて。。」
色白で綺麗なおっぱいを強調した写メ。
Dカップくらいか。
AKBにいそうな髪型をしてかわい子ぶっていた。

「君に決めたよ、リカコ」

彼女をデートに誘って断られるはずがなかった。
案の定、二つ返事で誘いを受けていた。

「Aさん、本当にうれしいです…」
メッセージが長文過ぎて読む気にはなれなかった。
俺はとりあえず金曜日の夜、駅前で待ち合わす事にした。

残業もしっかりぶっ飛ばして、金曜日のタイムカードを切る。

「おい、感謝しろよ」
タバコを吸いにいく先輩に頭をさげて、車を出した。

駅前に路駐をすると、まぁ人が多い。
でも、人ゴミのなかでも短いスカートで立っている女がいた。
リカコだ。

ブランド物のバッグを持っているが、逆に安っぽい女に見えた。

「リカコ」
名前を呼ぶと、犬のようにこっちをウルウルした目で見た。

「Aさーん!もう遅いですよ!」
まぁモテるんだろうな。
見た目は可愛いし、何より乳もでかい。

とりあえず車に押し込んで、レストランへ向かった。

よく喋り、よく酒を飲む女だった。
だが、店を出た途端に抱きついてきた。

車に入ると、エンジンを入れる前に彼女が抱きついてくる。

セックスと金しか頭にない女。

「リカコ、お前酔ってるだろ」
「Aさんはぁ?」
「車出すのに酒なんか飲むわけねぇだろ」
無駄に押し当ててくる乳を鷲掴みにした。

「あんっ!えっちぃ」
乳から手は離していない。

「なぁ、お前明日暇か?」
「んんっなんで?」
「俺ん家来いよ」
バっと俺から離れて、笑顔で見てくる。

「もう、もっと優してくれたらどこへでも行きますよ!」
車を飛ばして30分。
俺たちはバスルームにいた。

イマラチオ

リカコの体は柔らかかった。
シャワーを浴びながらも、俺の息子を咥え始める。

「おら、もっと舌使えよ」
彼女の頭を掴んで根本まで咥えこます。

「んんっぼえっんん!」
嗚咽しながらもイマラチオに耐えている。
調教済みなのか?
息子に涎の糸をつけながらリカコはいう。

「おちんちん美味しいです」
無理やり根本までぶち込み、彼女の喉元でザーメンを吐き出した。

「んんっごぼぉ」
ザーメンを吐き出しながら、俺の息子を掴む。

「Aさん、やっぱりサドなんだからぁ」
ピンクの乳首がいやらしい。

「じゃぁ優しくしてほしいのか?」
彼女を優しく抱きしめる。

「Aさんの好きにして、いいよ?」
俺を抱きしめるリカコ。
まだ大学生の癖に大人びた表情がエロい。

リカコをそのまま後ろを向かせて、尻を突き出させた。

ゴムなどないが関係ない。
息子を生でぶちこんで、力の限り突き続けた。

「ああああ!あが、あああ!」
痛いせいか、気持ちいいせいか分からないが、彼女はビクっとびくつかせて息子を受け入れていた。
俺は締め付ける彼女のまんこに耐えきれず、中で吐き出した。

ハッピーメールのエッチ体験談一覧

-ハッピーメール
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」