セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

PCMAX

元カレに中出しされて凹んだ女子大生も、お腹を満たせばすんなりヤラせてくれる欲しがり女だった!

投稿日:

出会い系サイトしか出会いの手段がない僕。
ホテルマンだからこそ、不規則な生活は風俗くらいでしかスッキリする事が出来なかった。
だけど、アプリを使えばしっかり女の子と仲良くなれる!僕のポイントは美味い飯を食わせる作戦だ!

夜勤明けの缶ビールは寂しいものだ

ホテルマンをしていると、普段から生活が不規則だ。おまけに夜勤明けに一杯引っ掛けようと思っても、店は閉まっている。コンビニやスーパーで酒を買おうとすれば、変な顔をされる始末。そこまでは我慢しよう。それより深刻な問題がある。
出会いだ。僕のような職に就いていると、同じ職場の子か友人の紹介くらいしかない。
つまりだ、職場が圧倒的に残念な結果である僕にとっては大ピンチなのである。
風俗も悪くはない。だけど、風俗よりも何人もの女の子と出会ってみたい。
セフレも欲しい。仕事上がりに一発やらしてくれる女の子なんて、最高じゃないだろうか。
生まれが木皿津だから、大学生の頃は海へナンパなんてスグに出来た。だけど千葉市内にきてからは、スッカカラカンだ。
千葉市内でナンパをしても、うまくいかない。というか。僕がイケてないんだろうけど。
こうなったら、出会い系でなんとかして一発タダマンしてやろうと思った。

いつもの様に僕はセブンイレブンでビールを買う。そしてビットキャッシュを一万円分。
汚い物を見るような感じの接客をするおっさんには慣れてしまった。僕は夜勤明けの鬱憤を晴らす為、店の前で一本開けた。
出会い系サイトだって、安全に出会えるもんだ。ネットの書き込みを見る以上、成果があるからこそ運営されているんだ。客を見る目がある僕だからこそできる、セックスまでの攻略も見えてくるんじゃないか?
缶ビールを投げ捨てて僕はアパートへ戻った。

スッピンの写メ!それが彼女のくれた信頼度!

PCMAXに登録してから2週間が経つ。あれこれやり取りをするうちに、自分のなかで一番セックスしたい子を絞った。
マキノちゃん。21歳大学生。最近彼氏の浮気が発覚し、最後の別れ話の際に無理矢理中出しされて相当凹んだらしい。その傷を見せてくれるところが気に入った。
きっと気持ちを大切にしている女の子なんだ。適当に遊びまくって性病持ちよりも、ちょっと男の怖さを知っている慎重な女の子の方が安心できる。
僕は挨拶だけのメッセージ以上に、仲良くなれるように彼女を褒めるようにした。
「Aさん、最近良い事あったんですか?なんかAさんとメールしてると楽しい気分になれるんで嬉しいですよ。」
「マキノちゃん、そんな事言ってもレポートは俺書けないからね?あ、英語ならいける。だけど、経営とかは無理(笑)マキノちゃんとメールできるから、俺もうれしいよ。」
このメッセージがきっかけとなったのか、初めてのマキノちゃんが写メをくれた。
パジャマ姿の彼女。綺麗な黒髪でクリっとした目がかわいい。スッピン!超レア!と書かれていたが、加工すらしていないまんまの彼女である気がした。
ラインの交換もすんなり行った。
マキノちゃんは、お肉が好きとのことでせっかくの初顔合わせなのだから、チバザビーフが食べれる超力ってお店にしようと話しあった。マキノちゃんは、お父さんに連れてきてもらったけど、それ以来行ってないとの事でとっても喜んでくれた。

酔ったせいなのか、自分からオーケーサインをくれた彼女

土曜日の夜。僕らは千葉中央駅で待ち合わせをした。改札を出たスグに彼女はいた。
ラインで書いてくれていたように、白の上着に水色のスカート。涼しげで綺麗な刺繍がされている高そうなスカートだ。しかも丈が短い。うーん、おいしそうだ。
「お、おーい!Aさん!」
僕が改札を出てボーっとしているのを気づいていた。
「ホテルマンだろぉ?しっかしろよぉ。」
僕の先輩の嫌味をサラッと冗談めいて言ってくれる。クリっとした目が僕に笑いかける。
可愛い。
「マキノちゃんが可愛いから、僕なんかで大丈夫かびびったわ。」
「これが姫様プレイってやつ?いいね、悪くない。」
冗談を話ながら僕らはロータリーを抜けた。お店への予約時間を少し過ぎたあたりに到着できた。プレミアムコースは彼女のお腹をしっかり満たしてようで、ずっと嬉しそうにかじりついていた。中々のお値段だが、やはりそれに見合う味だ。コンビニのつまみなんて話にならないレベルだ。2時間しっかり飲み食いした僕らは大いに笑うことが出来た。
「あー食べたぁ。ていうか、美味しかったね。」
「さすがチバザビーフだわ。俺この店好きになったかも。」
駅までの道は少し遠回りした。酔い覚ましといいながら、この後の雰囲気はどうなんだろう。
「もうAさん、急に黙ってどうしたの?」
マキノちゃんの顔がすぐ近くにある。キスできそうな位に近い。
僕は酒の勢いも使って、彼女を抱きしめた。
「うわぁ!え、な、なに?」
「ううん、なんでも」
彼女は嫌がらず僕の中で静かにしている。
「甘えん坊さんめ。いつもは私が甘える側なのに。」
「うん、すまん。」
人通りも少ないせいか、彼女も僕を抱き締めてくれた。
「ねぇ、何にもしないならAさん家で、ウイスキー飲ませて?」

僕はスグに大通りまでショートカットしてタクシーを捕まえた。
アパートまで30分ずっと彼女はタクシーのなかで僕の腕にくっついて寝ていた。
「わぁ、男の人の部屋なのに綺麗じゃん。」
「俺はホテルマンだからね。」
マキノちゃんは大きな瞳で僕を見上げて、両手を広げた。
「来て。」
そのまま僕は彼女を抱き締め、ソファーの上でキスを交わした。
いつのまにか彼女もスカートを汚したくないのか、脱いでいた。
「ねぇ、しよ?」
気が付くと、僕らは朝までお互いを求めていた。
出会い系アプリ、これが僕の求めていた本当の関係だ。

PCMAXのエッチ体験談一覧

-PCMAX
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」