セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』
体験談 東京 シングルマザー

PCMAX

シングルマザーの娘はおっさんがタイプ?生ハメまんこのセフレをゲットできた出会い系サイトの話

投稿日:

40歳の地味なおじさんでも、出会い系サイトでは出会うチャンスが転がっている。
誰もが羨む即ハメを生まんこに中出しするおっさんの実話体験。

おっさんは出会いアプリで本当に出会えるのか

私ももう40になる。不動産会社に勤めて長くなったが、未だに結婚できない。
なんでだろうか。部下の子には嫌われていないようだ。実際お持ち帰りもした過去はある。
しかし、この年の寂しいところは家に帰れば誰もいない。
男の一人暮らし。気ままに出張族に染まったせいかいつもがらんとしている。
ニュースでは出会い系サイトの被害を伝えていた。ビールを飲みながら興味本位で私は登録してみた。クレジットカード決済なら、誰にもばれずに済む。
なんだ、キャバクラより安いじゃないか。PCMAXは使いやいって話通りだ。

私はとりあえず20歳後半の遊び慣れた女性に絞った。写メを見ながら選んでみればエッチな写真が多い。あからさまにニュースでいう売りのタイプじゃないか。
写真のある中でも胸の大きい子にしよう。会社の受付にいるような化粧の上手いプリプリしたお尻を見せつけてくれる子がいい。

メッセージをくれたって事はこの後も期待できるのは?

オフィスのランチタイムは何ともつまらない。役職に就いているのに、後輩は来ない。
一人きりだ。昨日の夜にメッセージを送った子からは何も連絡はない。
代わりに、検索したときに足跡が残っていたせいか1人の子からメッセージが来ていた。
「おっじさーん、なんで出会いアプリなんか使ってるの?」
軽いノリだな。若い子だ。彼女の名前はカイちゃんと言うらしい。シングルマザーの家庭で育ったらしい。うーん、大丈夫か。
「初めまして。どうも。一人で過ごす時間が多いと寂しいもんですよ。」
牛乳パックを飲み捨てて、セブンスターを吸う。
「おじさん、私と同じじゃんか。いいよ、今度飲みに連れてってよ。」
返信は恐ろしい程に早い。彼女は写メを添付してくれていた。保母さんなのか、何なのか保育園のようなところで、あぐらを組んでいる写メだった。
「あ、変な高い店じゃなくて、土間土間行こうよ。クーポンあるし。」
「とりあえず昼休み終わるんでまた後で。」

それ以来、カイちゃんと毎日メッセージを交わしている。彼女は保育園でバイトをしながら資格の勉強をしているらしい。お母さんは相変わらず元気らしい。良い子だ。
「おじさん、早くデートしてよ。」
「おじさんってやめてよ。じゃあ金曜日の夜でどうなの?」
「もう怒らないで。いいよ、じゃあ21時でもいい?」
私は残業があったが、今日は病院に行きますと一番に退社した。五反田駅で待ち合わせをした。彼女いわく職場から少し離れた場所が良いらしい。
結局だ、安全に出会うなんて誰にでもできるじゃないか。

やっぱり自分から欲しがる女の子へ豹変しちゃった

カイちゃんは、デニムに黒の露出の高いシャツを着ていた。五反田駅の宝くじ売り場の横で化粧をしていた。
「カイちゃん、初めまして。」
「あ、Aさん。なんだぁ早いじゃんか。」
「カイちゃんのお呼びだからね。」
早く行こうとカイちゃんは手をつないでくれた。土間土間では彼女はいつもの元気な女の子のイメージから、女の子らしい雰囲気が伝わった。
彼女は元気に話をしてくれたが、酒も大量に飲んでいる。
「大丈夫かい、そんなに飲んで?」
「なぁに言ってんの?Aさんも飲みなって。」
ブラ紐がチラチラ見れる。私たちが店を出る時間には終電を軽く回っていた。彼女はにやぁっとしながら聞いてくる。
「ねぇ、本当はこれ狙ってた?ねぇ?」
「もうカイちゃん。上手いなぁ。タクシーで送ろうか?」
「ばか。オッサンのくせに。」
彼女は私の腕を掴んでホテル街で進んでいった。酔っているせいか、おっぱいを触らしてくれる。あんっとふざけながら喘いでいる姿に私は興奮してしまった。

大人のシーン 500文字

カイちゃんはシャワーから出ると、私の背中を流してくれた。
「私さ、お父さんいないじゃん。だからさ。園に来るお父さんとか見ると寂しくなるんだよ。別にいいんだけど。」
「こんなおっさんだけどな。」
「セックスしてくれるお父さんなんて、他にいないもん。」
そう言い残したあとカイちゃんはシャワーに当たりながら、私の息子を咥え始めた。
根本まで吸い上げて、舌を巻きつかせて自分からおまんこを触っている。
「ねぇ生でして。今日安全日だから。」
私は彼女を抱きかかえ、お尻をこちらに向かせて息子を当てた。
「あああ、すごい!ねぇ早く入れて?ねぇ?」
愛撫もしていないのに、ぐちょぐちょと音を立てている。
「カイ、おねだりしないと入れてあげないよ?」
「ねぇ、お願いお父さん、入れて!おまんこにちょうだい!」
先を滑るようにいれると彼女はビクビクと震えていた。
「いい!いいよ!もっとして?」
自分から腰を振り初めている。感じているのか、ろれつがおかしい。
「カイ、すごいよ!キツくてイキそうだ。」
「いいよ、いっぱい頂戴!出して!」
私は彼女の腰を掴んで中にたっぷりと出した。

私たちは結局セフレ関係という事に固まった。一人暮らしという事で週末は彼女が家に来てくれる。彼女がもっとセックスを楽しみたいという事で購入したバイアグラのおかげで、彼女はアナルセックスすら求めてくる雌へと変わっていった。出会いアプリ登録してみるもんだ。

PCMAXのエッチ体験談一覧

-PCMAX
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」