セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

Jメール

エリート公務員がお酒を飲んで大変身!風俗嬢も顔負けする濃厚フェラを体験したオッサンの話!

投稿日:

メタボ体系であろうとも、やっぱり女の子が見にくる場所をしっかりケアしておけば結果を出せる。濃厚フェラに興奮した後、セフレ化した女の子はアナルもさせてくれる雌犬へ進化!

出会いアプリ結果がでないのだから、これで最後にしよう。

最近巷で流行っている出会い系アプリにハマってみたものの、やはり見た目が命なのだろう。40代にもなって出会い系に参加している男というのも寂しいもんだ。
ダイエットしろ、とかデブとか言われ慣れてはいるものの、正直なにも癒しがないままお金を使うのは虚しいものがあった。私はこれが最後と思い、Jメールに1万円課金する事にした。
今回は無理せずに、若い子だけを絞ってメッセージを送るのではなく、とりあえず自分のプロフを充実させることに集中しよう。
見た目が最悪なのはしょうがない。であれば、せめてそんな男が出会い系で良い思いをするには、武器となるようなものがいる。
私はサラリーマンをしているおかげで、営業の仕事にも慣れている。
社員旅行で行ったハワイの写真と趣味の釣りの写真を入れておいた。そして、私の武器をフットワークの軽い好奇心旺盛の男としてプロフ文章を着飾った。
今日から忙しくなる。一日に一回は何かしら日記を更新しよう。とりあえず、写真はなくてもいいから、オシャレな場所で過ごしただの書いて、そのフットワークの軽さってやつを証明していけばいいだろう。

自分のキャラクターをしっかり作れば、それに合わせて女の子がしっかり反応してくれる

孤独な日記更新を続けるも、いつの間にか足跡に何人かの女性が来てくれていた。
まだメッセージを送る訳にはいかないだろう。ここら辺で女の影でも出すべく、架空の同級生と酒を飲みにいった話でも日記を更新してやろう。
うん、書いてみて思ったんだが、中々リアルを楽しんでいるいわゆるリア充してる私がいた。現実は小汚い立ち飲み屋で、ビールをやってるオッサンなのだが。
金曜日の夜は少々飲み過ぎたせいか、そのまま日記を更新して忘れてしまった。

土曜日の昼間、二日酔いで頭がガンガンするなかJメールを開くと、若い女の子からメッセージが来ていた。
「初めまして。とっても素敵なプライベートを過ごされていて羨ましいです。私の兄も40過ぎですが、Aさんと違ってインドアなんですよ。ほんと見習って欲しいです。」
ニックネームがアルファベットでoguroと書いてあった。本名っぽい感じがなんとも良い。
普段はデスクワークをしているそうで、趣味はディズニーに遊びに行くことらしい。ロングヘアーで、ディズニーランドで楽しんでいる彼女の写メは温かい感じがして良かった。
「初めまして。おぐろさん。僕も最初はそうでしたよ。でも、このまま家でジッとしていても、色んな人や場所で過ごす時間を増やしたほうが充実するって分かったんです。」
まだ日記にも公開していなかった、サッカーの観戦試合の写メを添付した。
「あ、サッカーですか!いいな、私も女友達と見に行きますよ。ずっと愚痴を言い合って終わりますけど笑」
彼女はメイという名前で、普段は県庁で働いているらしい。エリートな子だった。今まで彼氏はいたものの、いつもフラれて終わる。それが嫌で今は友達のような緩い関係を臨んでいるとの事だった。
彼女とはそれから時間を適度に空けて、2週間ほどメッセージを交わした。
彼女もため口になってくれて、たまに甘えるような内容も送ってくれた。
私としてはいつもここで終わってしまうのだが、ラインの交換をお願いしてみた。
「Aさん、いいですよ。っていうかQRコードとか分かるんですか?遊び人ですか~笑」
「メイちゃん、オッサンをからかわないでよ笑」
簡単に連絡先を交換してくれて、なんかアニメのようなスタンプを送ってくれた。
これがきっかけで、おはようやら、夜の愚痴もやり取りするようになった。
それから更に2週間。ついにデートに誘ってみる。もう誘い文句はネットで調べあげたものばかりだ。簡単にスマートに。
「メイちゃん、金曜日よければ食事にでもいかないか?万代シテイで買い物もしたいし。」
「えーいいですけど、だったらドライブ連れてってくださいよ。私、仕事あがりにご飯色々買っていきますから。」
そんな初デートで、ドライブという何とも美味しいセックスを予感させる条件を彼女から提示してくれた。

いつの間にかエロエロモードに入ってしまう?女の子の気持ちは複雑です笑

私たちはとりあえず、新潟駅で待ち合わせをする事にした。彼女のロングヘアーは目立っていた。駅前で彼女だとすぐに分かった。ピンクの薄いカーディガンを来て、爽やかな色合いのスカートとハイヒール。スタイルはびっくりするほどよくおっぱいが大きいのが、逆にいやらしく目立っていた。
「メイちゃん、初めまして。」
「Aさん、早かったんですね。今日は天気よかったせいか熱くないですか?」
あ、初めまして~とニコっと笑って私に会釈した。育ちがいいのだろう。綺麗な笑顔だった。こんなオッサンとデートをする羽目になったというのに、彼女は全然嫌な顔をしなかった。
「あ、Aさん。ぽんじゅ館でおにぎり買いませんか?私好きなんですよ。」
「メイちゃん、日本酒は買わなくていいの?せっかくだし、一本くらい買えば?」
「だってドライブじゃないですか。飲んだら危ないですよ?」
「僕は飲まないよ。」
やだぁ~と笑いながら、僕の肩をバンバン叩く。可愛いらしい手首にはカルティエの時計が巻いてあった。さすがエリートさんだ。
簡単な買い物を済ませて、僕たちは車に入った。
「あ、きれー!中も掃除してある!」
「メイちゃんの為に、掃除したんだよ。」
「もーイケメンさんですか?上手いなぁ」
夕日が暮れ始めたデートは何ともいいものだった。メイちゃんは今日も仕事の愚痴を30分くらい話してから、昔の元彼の話をしだした。
「んで、何年くらい付き合ったの?」
「んー一年行ってないですよ?ていうかエッチばっかしてたかな。」
急に下ネタを言うのでびっくりしたが、私の知らないうちに日本酒を開けていた。
ぽんじゅ館で買った冷やしてあった地酒だ。
信濃川沿いまで来て車を止める。駐車場とも私有地も言えない微妙な場所だ。
静かなのは車でしか来ないような川沿いだからだろう。
「あー話したぁ。ていうかごめんね?話してばっかで。」
「いやいや、とんでもない。それよりご飯食べようか。お腹減ったわ。」
私たちは後部座席に移動して、メイちゃんが用意してくれたご飯を広げた。
彼女はもう酔っているらしく、シャツをかなり大胆に空けていた。赤いブラ紐が見える。
しかも、ご飯をあーんしてくれたり、自分からねだっているときなど、いやらしく舌を伸ばしてフルーツを舐め上げる様は妖艶だった。

「ていうか、Aさん。ほんと紳士だね。私があれか、魅力ないからか。」
「なんの話してるんだ?メイちゃんはとっても素敵な女性じゃないか。」
とりあえず性的な意味合いをさけて、彼女を褒め上げた。営業トークならではのキャラクターを褒め上げる技だ。
彼女は途中から私をぎゅっと手を握って抱きついてきた。
「Aさん…。」
僕は彼女の頭を撫でてあげた。これでいい。セフレには出来ないだろう。こんな可愛い女の子に頼ってもらえただけ最高だ。
いかにも逃げ犬らしいスイッチがまた入り始めたとき、親指をなめられる感触がした。
メイちゃんが私の親指をしゃぶっている。彼女はかなり酒臭い。酔っているせいか私のスラックスを触りながら指を舐めているのだ。
「メイちゃん、どうしたの?」
「Aさん、したげる。エッチしたかったんでしょ?」
チャックを下ろすと、息子が飛び出してきた。
「ほら、こんなに元気にしちゃって。エッチなおちんちんしてるじゃん。」
メイちゃんは、洗ってもいない息子をしゃぶり始めた。裏筋を下唇で何度も擦り舌先が尿道に入りこんでくるようだ。どんなテクを仕込まれたんだろう。私は我慢できずに彼女の口のなかで出してしまった。

結果として、私たちは付き合うことになった。やはり年齢差もあるのでセフレとしての付き合いだ。まさかここまで安全にゲットできるとは思わなかった。
今となっては平気で泊りにきてセックス三昧。アナルセックスも体験させてくれた。
彼女はいまのところ、このオッサンちんこで満足だそうで、私はなんとも言えない喜びでJメールを退会することができた。

Jメールのエッチ体験談一覧

-Jメール
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」