セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

PCMAX

岡山のレンタカー屋のギャルは俺に心を開いた!ワインを飲み干せば、いつのまにかラブホの玄関で濃厚フェラのご褒美!キツキツまんこをたっぷり生ハメ三昧!

投稿日:

ギャルだからって普通の女の子。そんなちょっとした気遣いが彼女の心に火をつけた。初の出会い系も濃厚セックスで幕開けできる!

俺だって女の子をゲットしたい

クリスマスがもうスグそこなのに、俺は一人だ。それが嫌じゃない、そんな瘦せ我慢は、もうコリゴリだった。事の始めは残業で疲れ果てた駅前。テンションだだ下がりで、自分を慰めるつもりで缶コーヒーを買っていたその時だ。雑居ビルから超かわいい女の子が笑いながら出てきた。本当に可愛いかったので見入っていると俺の後ろから、俺と同じようなスーツを着た男がその女を抱き締めた。映画のワンシーンのように、抱き締めて軽いキスをしていた。男が冷たい目で俺を見て、その子のケツを鷲掴みしていた。
帰りの最終電車。周りには酒臭い奴、疲れきった俺と同じリーマン、体臭のきついオッサン。さっきと比べると天と地だ。
電車から降りた俺は、誰もいない夜道を睨みながら歩いていた。アパートに入ってやった事。
前に失敗した出会い系サイトに再登録ことだ。

好みの女より返事をくれる女

俺が登録したのは、ハッピーメール。名前がいいじゃないか。頼む、俺に幸せを分けてくれ。プロフは思い切って顔ありの写メ。顔バレとかどうでもよかった。こんな日常ならどうなっても構わない。
俺は1万円分ポイントを購入した。岡山なら、広島や兵庫の女でも休日なら会えるだろ。そう思って絨毯爆撃、そこら中の女にメッセージを送った。
「プロフを見ちゃいました。魅力的っていうか、いいなって感じたので思い切ってメールしました。仲良くしてください。」
このメッセージで果たして、何人くれるのか。

次の日の帰り道、サイトにアクセスしてみると俺のメッセージに返信をしてくれる子は誰一人いなかった。
コンビニで発泡酒を買う。最近道端で酒を片手に帰っているオッサンがいるが、こんな心境だったのか。やけくそなんだな。辛いわな。
アパートに戻って、1発抜いて寝ようかとした時。スマホが震えた。見てみると、いかにもギャル系の多少化粧の濃い女からメッセージが来てた。
「A君、メールありがちょ。ウチとも仲良くしてね~」
シズちゃん、24歳と書いてあったプロフにはちょっとエロい感じの水着の写メ。どうやら、根っからのギャルらしい。彼氏に振られて彼氏探し?イケメン探しの旅とか言って登録したらしい。駅前で見たあの子とは、まったく別のベクトルだが、いないよりかはマシだ。俺は感謝の内容とシズちゃんのスタイルが良いからモデルかと思った、そんな内容を書いてやった。
「もうA君、エッチ!でも、ありがとうなのだ!。」
さっきロリ系の動画で抜いたにも関わらず、俺はシズちゃんで一発抜いた。

自分に自信がないから、金をかける

シズちゃんは岡山駅近くのレンタカー屋で働いてるらしい。男が多い職場で大変じゃないか?と聞くと、実はいちいち体のライン見られたり、休みの日は何するのか?とか顔見る度言われるので、勘弁して欲しいとか。この子に仕事の話を聞くと、やばかった。
「ねぇ、A君、聞いてよ。今日なんかさ、ブラ紐見えただけで興奮したとか言ってくるんだよ?キモくね?」
そんな話から始まり、愚痴の連続。女って怖いと思ったのは、ぼーっとおっぱいを見てるとかお見通しで、死ねって心のなかで思ってるとこだ。シズちゃんはもしかしたら、そんな感じでコミュニケーションを取るんじゃなくて、もっと女性として接して欲しいのかもしれない。
俺はそう思って、丁寧に彼女の話を聞いて、ただ頷くばかりだ。その甲斐があってか
「A君、いつもウチの事大切にしてくれてありがとう。」
そんなメッセージを機に、声が聞きたいからと言って真夜中に電話をくれたりした。
出会い系は確かにリスクはあるし、安全じゃないかもしれない。だけど、インスタントなセックスをしたいとアピールするよりも、人との出会いを楽しめばいいんだと感じた。

念願のデートはまさかの飲み

ちょっと寒い日の夜、シズちゃんと寝る前の電話をしていた時の事、彼女からご飯いっしょに食べたいと言われた。正直、嬉しくて、何を話したか覚えていない。だけど、俺は思った。
Cucinaしかない。
この店は俺の先輩から教えてもらった、唯一の店なんだ。西川緑道公園駅の近くで、そこでデートすれば、大抵の女の子は彼女になってくれる!らしい。俺は勇気を出して誘った。
「シズちゃん、良かったら金曜日の夜、西川緑道公園駅で待ち合わせできないかな?連れていきたい店があるんだ。」
1分、いやもっと早かったと思うけど、静かな間が空いた。唾を飲み込む音が聞こえて
「いいの?ウチで?」
「シズちゃんだから会いたい。」
その後は静かに電話を切った。お互いの距離を再確認して、少し寂しい思いにかられた。本当はまだ出会ってもいないんだ。シズちゃんが来てくれるか、わからない。でも、だからこそ俺は会いにいくんだ。

念願のホテルハートにチェックイン!

駅の改札に着くと、白のミニに茶色のブーツが似合うギャルがいた。まさかとは思って声をかけてみた。
「シズちゃん?」
「A君!よかった!来てくれないかと思った!」
淡いチャコールのジャケットの袖から、小麦色に焼けた腕がちょこんと出て俺の腕を掴んだ。
「シズちゃん、大丈夫だよ。」
手をつなぎながら店まで歩いた。歩く度に彼女のちょっと大きめな胸や、手の温かさ、柔らかさにぼーっとしてしまう。
「会えて俺もうれしいよ。」
え?と顔を見られた。恥ずかしかったので、少し気取って店を紹介した。
「さ、ここだよ。」
「マジっすか?」
一緒に食事をしている間、シズちゃんは本当に可愛かった。ブロッコリーのガーリックオイルがけの見た目に驚いて、一口食べる度に目をぱちくりして、椅子の上で軽く跳ねていた。店のウェイターもシズちゃんのおっぱいが気になるようで、何かにつけワインのお代りを勧めてくれた。おかげで店を出るころには、彼女は出来上がっていた。
手をとって店を出る。終電大丈夫かな?と振り返るとシズちゃんが俺を見つめる。
「ん?どしたん?」
シズちゃんは一瞬下を向いたかと思うと、俺に抱きついてキスをしてくれた。
「今日のお返し。こんなデート初めてだよ。」
俺はそのまま彼女を抱きしめる。まだ人通りはあったけど、構わない。キスを何度かした後、駅まで歩く。
「ねぇ、A君は明日早いん?」
大きな瞳が俺を見てくる。
「おいで。」
腕をつかんで、タクシーに乗り込んだ。ホテルハートへ。運転手は俺とシズちゃんを軽く見るなり、無愛想な声で返事をして車を出した。シズちゃんはタクシーのなかとか関係ないらしい、俺の首にキスをしてずっと腕を離さなかった。

ホテルハート。いつも見るあのホテルの看板にいつか行くと決めていた。俺はついにこの子と入るんだ。
エレベーターのなか、彼女は音が出るくらいのエロいキスをしてくる。首筋を舐めあげて、俺の下半身をミニの上から確かめるように脚を絡めてくる。
「A君、私と同じこと考えてた。私もA君になら、私の全部あげる。」
上着をめくって、綺麗なおへそを見せる彼女。俺はそのまま彼女の腹に舌を這わせ、ブラの上からおっぱいを掴んだ。
「ひゃ、あっああ」
ビクっとしてくる。彼女も俺の息子を触ってくる。俺は我慢が出来なくなって、彼女をそのままソファーに押し倒した。
丸い瞳が俺を見る。挑発されている気分。俺は我慢できず、ズボンを脱ぎすて、反り返った息子を彼女の顔に突き出す。シズちゃんは先っぽにキスをして、長い舌を巻きつけるように舐めてくる。我慢できずに俺は彼女の口のなかへ押し込んだ。

最強の腰振りに我慢できない

じゅぽ、じゅぽ じゅぽ。部屋のなかに広がる彼女のフェラの音。
「A君、私も舐めて?」
自然とベッドにいき、69をする。彼女のまんこは綺麗なピンクでヒクヒクしている。俺は丹念に舐め上げ、それが気に入った彼女はクリを甘嚙みすると、激しく腰を振ってイった。
「ああああ、もうだめ、早く入れて」
自分から騎乗位に持ち込んで、ガシガシと腰を振る。いくらかするとまたイったようだ。もうこれで何回目だ?と思うくらい、彼女は俺の上で果てていた。

出会い系サイトでまさかこんなに早くセックスを体験できるかとは思わなかった。俺たちはそれからセフレという関係に落ち着く。彼女いわく、彼女にして欲しいアピールは大いに伝わってくるが、俺はそんな事も考えずに変わらず、抱いている。どうやら男は追いかけるより、追いかけられた時こそ踏ん張れば、モテるみたいだ。俺はひそかにPCMAXでも仲良くしている人妻とやり取りしながら、彼女のイマラチオを楽しんでいる。

PCMAXのエッチ体験談一覧

-PCMAX
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」