セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

ラブサーチ

大阪・天王寺で女性コンプレックスを持つ非モテ男が出会い系サイトで酒の力を借りヤリマン女のセフレ化に成功!

投稿日:

趣味が出会い系サイトでの女探しの27歳♂です。
自分はもともと非モテ系の性格で女性は苦手だったんですが、出会い系サイトを試しに使ってみたら意外に簡単に女友達とかが結構できてしまいました。
それで調子に乗ってどんどん女性と会っているうちに、女性コンプレックスもいつのまにか治っていました。
それで、同じように女性恐怖症とかコンプレックスで悩んでいる人も結構多いと思うので、自分の体験が参考になればと思い、体験記を書いてみました。
今回書いたのは、先日会って、その日のうちにセックスまで持ち込めた女の子との出会いについての体験談です。

酒好きな欲求不満女を誘い出す

私はその日も仕事が終わってから寝るまでの数時間、ラブサーチでいい女の子いないかな、と掲示板とかプロフィール検索で探していました。
今回使ったラブサーチは個人情報などの安全対策もしっかりしているので、ふだんから安心して利用しています。
いつも自分が狙い目にしているのは、なんかストレスが溜まっていそうな女の子です。
女はストレスがたまると男に走って、セックスでストレスを発散しようとする子が結構いるからです。
要するに、女の心が弱っている時というか、心が揺れてるところを狙ってうまいこと口説いちゃう、という作戦です。
これがなかなかうまくいっています。
だいたい女って、なんか理由がないと男とは会わないものなので、心が弱っている時を狙うのは結構有効な作戦ではないか、と自分では思っています。
それで掲示板を見ているうち、飲み友達を募集している31歳の女性、ゆうを見つけました。
どういう女性なのかな、と思って日記を見てみると、ゆうはなんだかしょっちゅう酒ばかり飲んでいます。
これは相当ストレスが溜まってるみたいだな、ワンチャンありかも、と思ってゆうにメールを送ってみました。
「はじめまして。
掲示板を拝見して興味を持ったのでご連絡させていただきました。
ゆうさんはお酒が好きな方みたいですね。
私もちょくちょく飲みに行ったりするので、飲み友達が欲しいなと思ったりしていました。
もしよろしければ、一度、飲みに行きませんか?おごりますよ。
気が向いたらお返事いただければ嬉しいです!」最近は飲食代金も女性と割り勘にするのが流行ってるみたいですが、私はそこまでの魅力はないので、いつも素直に女性におごることにしています。
ゆうからは翌日、返事がありました。
「ありがとうございます。
おごってくれるんですか!すごい嬉しいです!ふだんはどういうお店に行ってるんですか?」「会社の人とかと行くときは普通の居酒屋なんですけど、一人の時は立ち飲み屋とかが多いですね」「どこかいいところ、知ってるんですか?」ゆうにそう聞かれたので、立ち飲みパブの全国チェーン店、ハブ(HUB)はどうかと聞いてみました。
するとゆうはそこでいい、と言ったので、ハブで会うことにしました。
ハブが入っているのは天王寺のあべのキューズモールというところです。
このテナントビルはイトーヨーカドーやいろんな飲食店、専門店が入っているので、何かと便利なところです。
待ち合わせ場所はハブの入り口にしておきました。

酒とトークでその気にさせて密着!

当日、私は早めに着いて待っていました。
しばらくするとこちらに向かって歩いてくる女性がいます。
多分あの子だな、と思いました。
ぱっと見た感じ、特に美人でもないし、顔が好みのタイプというわけでもないけど、普通の可愛らしさがある女性だな、と思いました。
私は首を振って軽く挨拶すると、ゆうは私に近づいてきて「こんにちは」と言いました。
私も返事を返しました。
「こんにちは。
今日はどうも……」ゆうはニコッと笑っていました。
感じの良さそうな女の子なので、私は内心ほっとしました。
「それじゃ中に入りましょうか」席に着いて、私は尋ねました。
「ふだんはどういうお店に行ってるんですか?」「そうですね……、ファミレスとかが多いかな……」「そうなんですか。
僕はちょくちょくここに来るんだけど、この店、夜になったらナンパバーみたいになるらしいですよ」「え、そうなんですか?」「ハブはナンパスポットとしても有名らしくて……」「私はそういうの、ちょっと苦手かな」「ナンパとかは嫌いなんや?」「嫌い……。
好きじゃない」「今はまだ時間が早いからそういうこともないみたいやけど」「……」「とにかくここ、カクテルがいっぱいあるから、いろいろ飲みましょう!」こんな具合に二人でお酒を飲んでいるうちに、結構打ち解けてきました。
それでなんかいけそう、という気がしてきたので、カラオケ屋に連れ込んで口説いてみようと私は思いました。
キューズモールの向かい、阿倍野筋を渡ってすぐのところにカラオケ屋のジャンカラがあるので、ここに行くことにしました。
さらに好都合なことに、このジャンカラあべの店から歩いて1分ぐらいのところにラブホテルがあります。
カラオケ屋の中では、ゆうに色々と質問してしてみました。
「自分は一人暮らしなん?」敬語はやめてタメ口で話すことにしました。
「一人……」「家はどのへんなん?」「上新庄」「えっ、ここからちょっと遠いね。
ごめん、知らんかった。
それやったらもっとそのその辺のお店選んだんやけど」「別にいいよ。
ここで」私は少し話題を変えてみました。
「ふーん。
女の子の一人暮らしいっぺん見てみたいな。
そのうち遊びに行ったらあかん?」「……いいよ」「え!いいの?」「でも今日はあかんで」「そりゃそうだろうね。
今日じゃなくてそのうちってことで」「……」「隣に座っていい?」彼女はうなずいたので、私は密着して座りました。

カラオケでもラブホでも欲情女、ゆうはスケベ全開

そして、彼女の肩を抱いてそっと顔を近づけ、キスをしました。
少し驚いたことに、彼女は私に舌を絡めてくるディープキスをしてきました。
ファーストキスからディープキスという予想外の展開に私は一気に興奮してきました。
これは相当飢えているな、と思った私は、キスをしながら彼女の胸や太ももなど、体のあちこちを触りまくりました。
彼女は一切嫌がりませんでした。
完璧にもらったな、と思った私は彼女に言いました。
「別の場所でもうちょっと仲良くなろうか?」彼女は私の顔を見つめながら、うなずきました。
それでジャンカラあべの店を出てすぐ近くにあるラブホテル、ロコポルティに入りました。
この辺りでデートすると、飲食店もカラオケもラブホテルもすぐ近くにいくらでもあるので、お互いのムードを崩さないまま、短時間で移動できて本当に便利です。
私たちはホテルに入りましたが、お風呂は別々に入りました。
セックスする前に裸を見てしまうとドキドキ感が少し消えてしまうのが嫌なので、私はなるべく別々に入るようにしています。
彼女は後がいいと言ったので、私が先に入って待っていました。
その後、彼女はバスタオルを体に巻いて恥ずかしそうに出てきました。
私は彼女のそばに歩いていってそっとバスタオルを取りました。
すると31歳にしては綺麗な肌をした体が目に飛び込んできました。
ゆうはおっぱいは標準サイズですが、乳輪が大きいスケベな乳房の持ち主でした。
デカ乳輪が好きな私にとってはいい感じのおっぱいです。
私たちは再びディープキスをして舌を絡め合いました。
彼女は見た目は真面目そうですが、情熱的なキスをしてくる女性でした。
キスをしているだけで私は自分のイチモツがカチカチに勃起してきました。
そして、ゆうの生乳を揉んでみると、彼女の乳首も勃起しています。
「乳首勃起してるな」と言うと彼女は照れくさそうに笑っていました。
「結構感じてる?」「うん」私はゆうの股間を指を当てて触ってみました。
彼女のオメコはびちょ濡れというほどではありませんが。
チョイ濡れぐらいの感じで濡れていました。
私は彼女をもっといっぱい濡らせたいな、と思い、ベッドに誘導しました。
ベッドでもゆうにキスをして乳を舐めた後、思いっきり太ももを開いてゆうのおめこを観察してみました。
ゆうのおめこは大陰唇の周囲にも毛がもじゃもじゃ生えているワイルドな感じで、見ていると興奮をそそられました。
そして、ゆうの膣の穴からは透明の液が少しとろんと垂れていました。
私はゆうのスケベな液を指で少し取って、クリトリスに塗りつけてこすってみました。
でも、特に反応はなかったので、ゆうはクリ派ではなく中派なのかな、と思って指を入れることにしました。
「指入れてもいい?」と聞くと、ゆうは何も言わずに頷きました。
指を入れてみた感想としては、別に特徴のない普通のオメコでした。
しばらく指入れして遊んだあと、私はそろそろ挿入することにしました。
私は言いました。
「そろそろ入れたいんだけど…つける?」「つけて!」彼女が強い口調で言ったので、生本番は無理だと思って諦めました。
ゆうはどうしても生で入れたくなるような美人でもないので、病気と妊娠のリスクを考えたらつけた方が安全でいいな、とゴムをつけながら私は考え事をしていました。
そして私は自分のちんぽをゆうのおめこにぐっと挿入しました。
何度か腰を動かしていると、ゆうの乳首が再び硬く勃起してきました。
表情も明らかに変わっています。
ゆうはなんだか気持ち良さそうな顔をしています。
オメコをいじってる時にはほとんど無反応だったのに、ちんぽを入れた途端、ゆうに快感がこみ上げてきているのが、見ていても分かりました。
私はふだん、早漏気味なんですが、ここはすぐに出したらダメだと思いました。
私はちんぽを早く動かしたりゆっくり動かしたり、奥まで突いたりして、なるべく膣で感じるように、色々とちんぽの動きを工夫しました。
しかし、気持ち良さそうなゆうの顔を見ているうちに興奮がこみ上げてきてしまい、我慢が出来なくなってしまいました。
「ああっ……。
もう行くよ!」私は言ってすぐに放出してしまいました。
ゆうはまだいっていなかったのか、少し不満げな表情をしているような気がしました。
しかし、ゆうはセックスした後も親切に私に接してくれました。

ゆうとはタダマンやり放題だけど結婚はしたくない……

その後、私はゆうとセフレ関係になり、何度もセックスしています。
だんだん体の相性もわかってきたので、今ではばっちり息の合ったセックスができています。
ただ、ゆうがちょっと本気になってきたみたいなんですが、私はゆうと結婚する気はないので、はっきり言おうかどうか、悩んでいる最中です。
こんな風に、ストレスが溜まって飢えている女性を上手く見つけ出せれば、出会い系なら簡単にセックスまで持ち込むことができますよ!女性のことで悩んでいる人は、一度ラブサーチを試してみてください。

ラブサーチのエッチ体験談一覧

-ラブサーチ
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」