セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』
山梨 プヨプヨな女

YYC

プヨプヨの女の身体に埋まり窒息寸前!!これがエクスタシーか

投稿日:

山梨県甲府って、東京で言えば、八王子程度の、見かけ倒しの街なんです。
八王子なら、渋谷や吉祥寺に簡単に出ていくことができるけど、甲府から東京にいちいち週末に出ていくというのもちょっと無理がある距離ですし。

私は、甲府のことを、山梨の八王子と言いたいですね。何もないから、私達が何をするのかといえば、やっぱりセックスでしょう。

冬は寒いから、部屋に籠もってヌクヌクとセックスをしている人たちが多いんです。

山梨では、デリヘル嬢も結構頑張っているのではないでしょうか。風俗の灯り火はそれほど元気ということではありませんが、結構、無店舗風俗はここ山梨で根強いパワーを秘めています。

安全に、出会い系サイト・出会いアプリJメール・YYCなどで出会うことができる現代社会だから、セックスフレンドという概念も、ここ山梨で俄然蔓延ることになりますが、私も、Jメール・YYCのことを知らなければ、彼女がいたとしても、デリヘル嬢と遊んで大金を使っていたことでしょう。

彼女がいたって余剰セックスをしたいというモチベーションが、山梨気質と言いたいですね。

出会い系サイトでのミステリアスな出会い

出会いアプリでの出会いを、私とてもミステリアスな出会いと感じてます。何がミステリアスなのといえば、私達はネットというバーチャルで結びついているからです。

でも彼女は、バーチャルのAIということではありませんし、ただの甲府の女の子に過ぎないのです。私の日常ですれ違っているかもしれない普通の女の子が、ネットでバーチャル的顔を見せ、セックスしたいという普段見せない欲情を露出してしまっているのです。

みなさん! 山梨までいらっしゃればレベルの高いセックスフレンドが結構いますよ。

やっぱりすることがないから山梨人は本気でセックスをしたいと思っているんです。

バーチャルはリアル世界と繋がっている

最初に出会い系サイトYYCを利用したのは、おじいちゃんの葬式の夜でした。

死というものが何かわからないという気持ちがあって、不条理なものと向きあって誤魔化してしまいたい気持ちがあったのです。

死をそれ以上嘆いても仕方ないという気持ちがありましたね。嘆いても嘆かなくても来てしまうのが死というものでしょう。

女の子と、ベッドでギシギシやりながら、おじいちゃんのことを考えて涙している自分は不謹慎な人間でしょうか……。

想像の中で、おじいちゃんは私に「頑張ってやっちょるか」と励ましてくれていましたが。

出会い系サイトの書き込みには、「28歳の人妻です いま丁度時間が空いているので、お会いできないでしょうか。お相手に高望みをしているということは全然ありません。ただ、優しくしていただければ」というものがありました。

はじめての私は、別にどのような書き込みかということは気にならず、本当に出会うことができるかということに関心を持っていました。

ファーストメールを私が送信をすれば、真夜中に、5分程度で返信が届きました。私は、そのことにえらく感動をしていました。私の世界は、間違いなく出会い系サイトで広がったという感じでしょうか。

あの世とも繋がっている……?

バーチャルの世界は、リアル世界とも繋がり、ひょっとしたらバーチャルは、あの世とも繋がっているのかもしれない……。この女性の横には、ちゃっかりおじいちゃんがいて、ニコニコ笑っているのかも……なんて馬鹿なことも想像していました。

こんな私をやっぱり不謹慎というのでしょうか。

ブヨブヨ太った女

2度目に出会った女性は、まるで、アドバルーンのようにブクブクに太っている女性でした。油断していると、このままデパートの屋上まで上がってしまうかもという感じでしたし、中にひょっとしたらおじいちゃんがもう一人入っているの?……という「倍」の体をしていました。

私は、その体型に失望したというよりは、バーチャルの女性と実際にこんな感じで出会うことができたことにまだ感動しているのです。

顔は、シュワシュワシュワと、空気を抜いて縮めれば、 あの女優に似ているかな……。 能年玲奈……。いやそんなの絶対にあり得ないですよね。失礼しました……。

相手は向こうから私に挨拶をして来てくれました。

「田中一郎さんですね」

「そうです」

「銀行口座名のサンプルみたいな名前ね」

当たり前過ぎる名前と言いたいのでしょう。まさか本名じゃありませんし。

彼女は、いつも「ホホホ」という笑い方をし、その笑う感じは、更年期障害で太ってしまった天地真理みたいでしたよ。

ホホホが妙に気持ち悪く、できればセックスの最中に、その笑みは御法度にしたいですね。

彼女は、「よろしくお願いします」と軽くお辞儀をしました。

こちらこそお願いします。

私は何しろ、 セフレ体験初心者なのですから。

いい時間を、ここ山梨で共有しましょう。

ブヨブヨの身体に窒息寸前

ホテルに到着して、彼女は服をスルスルと脱いで行きます。彼女の身体は、服を脱げば、もっと太くて、着やせするタイプなのですね……。

よく惜しげもなく大胆に脱ぐことができるかと感心をしていました。そんな気にしない性格をしているから、太ってしまうのでしょう。

彼女は私にこんなことを言いました。

「痛かったりしたらすぐに言ってね」と。

お前、風俗嬢か……?こいつは、いっつも旦那さんに対してもこんな言葉をいいセックスに突入することに慣れてしまっているのかもしれない。

「痛かったりしたらすぐに言ってね」ということは、攻撃的サド要素を持ち、我に奉仕してくれるということなのか……、なんて思っている瞬間、私の身体に彼女の全体重がのしかかってくるではありませんか。

「痛い」じゃなくて、「重い」でしょう。

重くて窒息しそうです。 彼女は死にものぐるいで地上へ脱出した私にこう言いました。 「物足りなかったら遠慮なくダメ出ししてね おそらく私のほうが年上なんだし」と。

言っていることがあまりよくわからないですね。 私は一応「OK」と言っておきましたが。彼女が翻った瞬間、私は再びベッドと彼女のブヨブヨの身体に挟まれてしまったのです。

こんな身体もなかなかいい?

男性たちは時として、こんなブヨブヨの身体を求めているんじゃないかなという思いも私にはあります。ブヨブヨの身体の上で、彼女の三段腹の中に手を挟まれていたりすれば、なんだか非現実的感覚に酔うことができ、日々感じているストレスなんて全部消えて行ってしまうかのようです。

ここでいう非現実とは、バーチャルでもなく、あの世でもなく、また違った「胎内回帰」の世界です。男性たちはママから誕生して、時として、潜在的に、こんな世界に浸り甘えたい気持ちを持っているのではないでしょうか。

「物足りなかったら遠慮なくダメ出ししてね」というのは、こんな感じで何もしない私に対して、あらかじめ予測して投げた牽制かもしれません。

私に「そんなところで寝てないで、次の行動に移せ」と言っているのです。

「はやく私の乳を揉め!!」と言っているのでしょう。

しかし、私の手が三段腹から抜け出ないではありませんか。

女性が息を吸い腹一杯膨らませることで、挟まっていた手は抜け、 そのとき彼女はとうとう「ほほほ」と笑いやがったのです。

彼女の乳を愛撫してやれば、彼女身体がヒクヒク痙攣したように反応していました。

そして強大な力で、私を両腕で、抱きしめようとしてくるではありませんか。どうやらベアハッグ(Bear Hug)という必殺技のようです。

YYCのエッチな出会い体験談

-YYC
-,

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」