セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

ワクワクメール

リモコンバイブで大量失禁しちゃった…島根の遠隔操作デートが酷すぎた

投稿日:

20代独身時代に体験した、羞恥プレイの極みと言える思い出です。
当時出会い系サイトにハマっていた私は、アブノーマルなセックスが大好きでした。

年上のドS男性に知り合い、ミニスカートにリモコンバイブを入れられ、
「これを付けて外でデートよう」と…

もじもじ耐えている私を監視し、マン汁がダラダラ溢れる様子を楽しんでいました。

私はショーツをぐっしょり濡らしながら、イキ顔を公衆の面前でさらさないか心配で…
ついにファミレスでおしっこを漏らしてしまい、その後ラブホでセックスしました。

とんでもない恥ずかしい体験ですが、男性のリモバイ願望は果てしないと知ったのです。

年上男性のアブノーマル過ぎる提案

ワクワクメールで15歳年上の男性と知り合いました。

何かすごくセックスが上手そう…私もエッチする気満々だったので、
メールしてからはずっとエロい話で盛り上がりました。

どんな危ないセックスしようか?と作戦を立てて、アナルや中出しなどの案も出ていました。

今だから言えますが、私はどちらも経験していましたし、
もっとアブノーマルなセックスをしたい!と考えていたんです。

結局会うまでにどんなエッチをするか決められず、経験豊富そうな彼に任せることにしました。
ですがこれが、とんでもない提案をされることになるとは…

 

会った瞬間にバイブ挿入…

当日会ってみると、TOKIOの松岡に似ている長身イケメン。
挨拶もおろか、いきなりリモコンバイブを渡してきたんです。

「これ付けて今日はデートしよう!」と爽やかに言われ、そこからはもう彼のペース…

出雲駅のトイレでキスをされ、バイブを入れるために手マン。
慣れた手つきでクリを刺激され、あっという間にヌルヌル状態になりバイブを挿入されました。

イケメンのせいなのか、かなり感じてしまった私はこれだけで気持ち良かった…
「スイッチ入れてみるね」と弱モードにすると、ビクンっと体中に快感が走りました。

「すごく気持ち良いです…こ、これ以上強くされると私…」

ブイーーンっ!!!!

「ハァっっ!!!だめぇっつ!!!!」

かなり敏感になっていたので、イク寸前まで煽られました。
この先…人前に出て大丈夫なのかな…不安しかありませんでした。

リモバイ体験~遠隔操作デート~

その日は彼のお願い通り、ミニスカを履いてきました。

Tバックやノーパンだったら、絶対バイブが落ちると思いました。
パンツは普通だったので安全です…

遠隔といっても、この頃のリモコンバイブは5mくらいの距離が限界。
でも私の様子がよく分かり、公衆の反応を見るにはちょうど良い距離だったようです。

彼は私が一人で歩いている時に、何度もスイッチを入れたり消したりしました。

手に握られているスイッチが、私の行動すべてを支配していると思うと、
だんだん感じてきてしまって困りました。

電車プレイも希望されましたが、さすがに周りとの距離が近いのでパス…
とりあえず買い物やカラオケへ行こうってことで、遠隔操作デートをしたのです。

 

買い物中、店員に気づかれた!?

いつスイッチが入るか分からないまま、JR出雲市駅の駅ビル「アトネスいずも」で買い物。

洋服屋さんに入ると、店員さんが近寄って来ました…

「何かお探しですか?」
話し掛けられた時に、バイブのスイッチが一瞬入りました…!

「アアっ!!いえ、アッ!大丈夫です…」

思わず大きな声が出てしまい、周りのお客さんもこちらを見ています。

は、恥ずかしいよぉ…

店員さんはキョトンとしたまま、それ以降私に声を掛けてきませんでした。
もしかして、バレたのかな…?

「ブインッ!」と激しい音が聞こえたような気がして、ハラハラしっぱなしです。

すごい羞恥プレイ…

ドMの私にとって、誰かに見られたらどうしようという感情でいっぱいに。

その後ちょこちょこ弱くスイッチを入れられて、ずっと濡れている状態でした。
もう足はガクガクしていて、立っていられないくらい感じまくっていたのです。

 

カラオケで悶え、咥えさせられる

その後はカラオケに行って、焦らしプレイへ突入です…
もう欲しくてたまらない状態でしたが、至近距離でバイブをMAXに。

「だめぇぇぇぇ!!!イクっ、イクイクっ!!」

私はソファーの上で体をよじらせ、何度も悶えました。
もうスカートにも薄くシミが付いてしまっていて、愛液がダラダラ止まらない状態です。

さっきとは違って周りに人は居ませんでしたが、バイブを強力にされました。
私はたまらなくなり、「お願い…ここで入れて」と頼みました。

すると彼がズボンのチャックを開けて、勃起したアソコを露わにしたんです…

「咥えて。こんな立っちゃったんだから。」

監視カメラがあるかもしれませんが、彼のアソコをむさぼるように咥えました。

店員さんに見られていたらどうしよう…
ガラス扉の向こうから誰かに覗かれているかもしれない…

そんな羞恥心もたまらなく快感でした。

膀胱が満タン!ファミレスで失禁…?

まだ彼は射精しておらず、お腹が空いたと言い出して近くのファミレスへ。
私は喉がカラカラだったので、ドリンクバーで何杯もジュースを飲みました。

ただ食事は喉が通らず、とにかく水分補給だけしていたのです。
30分くらいして尿意を催し席を立とうとすると、久々にスイッチオン…

「まだ座ってて。トイレ行かないで。」と言われて、
弱い振動からだんだん強くされ、ついにMAXにされました。

私は苦しそうに「う~ん」と唸る顔をマジマジと見て、
「勢いよく噴き出すところを見たい」と言われました。

膀胱が満タンで漏れそうになり、ついに私は大量のおしっこをビシャーっ!と放出…
直前でトイレに駆け込みましたが、パンツを下ろすのが間に合いませんでした。

あと一歩早ければ便器に出せたんですが、アソコの感覚が無くなっていてクリが開き、
尿が出る部分も全開だったんです。

どうしよう…パンツが絞れるほど濡れていたので、トイレのゴミ箱へ捨てました。
私はノーパンで彼のもとへ戻り、ずっとうつむいていました。

「もしかして、漏らしちゃった…!?」

ちょっと引いていましたが、「もうノーパンだから」と開き直りました。

 

興奮状態でラブホへ…バイブを抜くと…!?

彼の目的が失禁だったのか、この後すぐにラブホへ行きました。
部屋に入るなり、おしっこの臭いが残るマンコを舐めまわしました。

バイブを抜くとアソコはトロトロ状態で、「こんなに感じて…」と執拗に責められました。
彼もずっと我慢していたのか、この時すごい勃起していたのを覚えています。

興奮していたせいで、抜いたバイブをアナルに入れられて、私は即イキ…

彼の巨根をアソコに挿入されながら、お尻の穴に入ったバイブの振動で、
涙目になりながら喘ぎました。

たぶん人生で一番気持ち良かったセックスだと思います。
アソコもお尻のどちらもヒックヒックさせながら、彼の巨根を味わっていました。

野外での大人のおもちゃプレイは、もう止められません。
何年も前のこの体験は、思い出すだけでドキドキして濡れてきます。

私はこの先もセフレを作るなら、ちょっと刺激的な男性を望みます。

アブノーマルで、リモコンバイブを提案してくれるような…
恥ずかしい体験をさせてくれるエッチな男性が良いです。

ワクワクメールのエッチ体験談一覧

-ワクワクメール
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」