セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

Jメール

地元でセフレを作る喜び。富士ICの白い恋人で、配達スタッフの男性と本気で感じるセックス!

投稿日:

地味な私が、静岡県富士宮の地元でセフレを作りました。
配送スタッフの男性は、ピストンの持久力がすごい…!
今では月1で会うほど、良いセフレ関係を続けています。

地元でセフレが欲しい…隣の市に住んでいる男性と出会う

私が出会い系サイトを使ったきっかけ…
それは単純に地元でセフレが欲しいと思ったからです。

もともと控え目な性格だったせいか、友達は少ないし地味です。
でも最近、安全なJメールで知り合った男性と、何回かやり取りを楽しんでいます。

ある日のこと、そのサイトにログインしてみると1通のメッセージを貰いました。

===
充と言います、はじめまして。
雅子ちゃんに会ってみたいです!
僕は隣の市の、富士に住んでいます。
27歳の年上ですが、大丈夫ですか?
===

私は容姿に自信がないので、プロフィール画像は写メではありません。
地元の人と出会いたかったので、あえて富士山にしています。

そして25歳㊛富士宮出身ということだけ、オープンにしていました。

それにしても、私のどこが良くてメッセージをくれたのか?
サッパリ分かりませんが、とりあえず返信することにしました。

===
充さん、こんにちは。
メッセージ嬉しいです。
あまり男性慣れしていないので、ちょっと緊張しています。
迷いもあるので、その場でお断りしてしまう可能性もありますが…
大丈夫でしょうか?
===

弱気な私の、精一杯の返信メールです。
嬉しかったのに、もっと仲良くなりたいと思ったのに…!

それから充さんにLINE交換を持ち掛けれ、素直に応じました。

最近では、LINEをすぐに交換できる子を条件にしている男性が多い気がします。
サクラかどうか、見極めるためでしょうかね?

何通かやり取りすると、充さんは配達スタッフとして働いている方でした。

佐川急便とか、ヤマト宅急便のお兄さん…?ちょっと興奮しました。
私は痩せ型なので、筋肉質っぽい男性は結構タイプです。

充さんは、富士のイオン近くに住んでいるそうで、地元話で盛り上がりました。
私が富士宮の歯医者で、歯科助手をしているよと言ったら、行ってみたい(笑)と。

地元あるあるネタは、やっぱり面白いです。
話も尽きませんし、もしかするとすれ違っていたかもしれませんしね。

お互い顔が分からないまま、会う約束をして当日を迎えました。

浅間大社の鳥居前で待ち合わせ

充さんは仕事帰りにそのまま向かうとのことで、平日夕方会うことに。
ドキドキしながら、待ち合わせ場所である浅間大社へ向かいます。

地元民があえてここで待ち合わせるのも、デートっぽくて良いですね。
健全なデートって感じがします(笑)

大きな鳥居の前で待っていると、白いミニバンで1人の男性がやって来ました。
すらっと背が高くて、俳優の長谷川博己に似ている人でした。

どう見ても、配達スタッフだ…充さん!?

「こ、こんばんは…」

「雅子ちゃん?充です、こんばんは!」

爽やかでとても感じの良い男性でした。
こんな人が家に配達へ来てくれたら…変なことを想像してしまいました。

「お腹空かない?そこで軽く食べよっか?」

「あ、B級グルメですね。良いですね!」

鳥居の向かいには、オレンジの旗がいくつもあって、
富士宮焼きそばやおでんなどが食べられる横丁があります。

「何にする?かき氷もあるよ?」

その日は猛暑だったので、夕方でも30℃は超えていました。
ちょっとした充さんの気遣いも、嬉しかったのです。

B級グルメを食べて地元話が盛り上がる

せっかく地元で出会ったんだし!ということで、B級グルメをシェアしました。

気前の良いおじちゃんが作った富士宮焼きそばと、
静岡おでん、宇治抹茶のかき氷を注文…

とても新鮮な気分で、地元グルメを堪能して会話を楽しみました。

「雅子ちゃん、素朴な可愛さがあるよね」

「え、そんなこと言われたことありませんよ~!」

「歯医者さんで、お客さんにモテるでしょ?」

「いやいや、ほんとにそんなこと全くないです」

本当に地味でモテた経験もないので、お世辞でも嬉しかったです。
配達スタッフの格好そのままで来てしまう充さんの言葉は、本心に思えました。

それにしても、そそられる…(笑)
下手にスーツの男性より、ポロシャツ姿の充さんはとても爽やかでした。

お腹もいっぱいになったところで、充さんの実家方面の富士のラブホへ向かいました。

富士IC近くには、白い恋人とムーミンという有名なラブホがあります。
ムーミンは車が入りづらかったので、白い恋人へ行くことにしました。

それにしても平日の夜なのに、空室わずか3室…
富士、富士宮の人たちは、不倫でもしてるのかな?と思ってしまいました。

久しぶりに触る男性器…自然と手が動いた

部屋に入ると、2人でベッドに腰掛けてイチャイチャしました。
こういうの憧れだったので、すごく幸せな時間です…

「雅子ちゃん、可愛いね。タイプだよ…」

「も、もっと言って…気持ちいいから…」

舌を絡めあってキスをすると、不思議と言葉が出てきました。

充さんは私の頭をやさしく撫でてくれ、とろけるような気分になりました。
本当に感じちゃう…キスだけですごく気持ち良いと思いました。

キスをしながら、服の上から胸をサワサワされると、アソコがじわ~と濡れました。

ダメダメ。まだダメ…!!

そう思っていても、充さんはどんどん私の服を脱がせました。
同時に私の右手を取り、ズボンの上から膨らんだアソコを触らせます…

あぁ…男の人のアソコってこんなになるんだ。

処女ではないものの、ほとんど男性と関係を持ったことがないので、
久しぶりに触れる性器に興奮しました。

でも何故だか手が勝手に動いて、慣れない手つきで一生懸命しごいていました。

「ま、雅子ちゃん…シャワー浴びておいで」

長くイチャイチャタイムを味わった後、やっとシャワーを浴びました。
かなり濡れてしまっていたので、あのまま指入れされていたら即イッちゃったと思います。

こんなに本気で感じられるセフレは、この先もいない…

ベッドへ戻ると、カップル以上に熱いキスを交わしました。

「雅子ちゃん、好きだよ…好きになっちゃった…」

「わ、私もです。充さん…」

濃厚なやり取りに、私の感度はさらに増していきました…
正常位の体勢でお互いのアソコを刺激し合い、69もしました。

「アンっ!ダメ…気持ちいいっ…!」

おまんこへの激しい舌入れに、体を反らしてしまいました。

もう体がビクンビクンになっていたところに、ついに挿入です。
私は自分から足をM字に曲げて、充さんのモノを誘導しました。

「す、すごい吸い付いてくるよ…!!」

感じ過ぎていたせいで、内側もヒクヒクしていたんだと思います。

充さんの激しいピストンに、もうメロメロでした…
配達スタッフという仕事柄、持久力がとにかくすごかったです。

イッてもイッても、突かれ続けるので、かなり喘いでしましました。

「ま、雅子ちゃん、イってもいい?」
「うん…キスしながらイキたい…」

そう言うと、さいごはキスしながら密着してフィニッシュしました。
イッた後も抱きしめてくれ、そのまま余韻に浸っていました。

こんなに本気で感じられるセフレは、この先もいないと思います。

お互い車を走らせれば30分の距離に住んでいるので、今では月1ペースで会っています。

Jメールのエッチ体験談一覧

-Jメール
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」