セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』
体験談 山形 人妻とセックス

ハッピーメール

アラサー主婦が一日だけの僕の彼女に!一度限りの生ハメは二度と味わえない思い出を残した!

更新日:

年上女性だからってなめちゃいけません。彼女のように接してくれてい一日だけの甘い恋愛を僕にくれた最高のあの人とは、気持ちの良いひと時を残して終わってしまいました。

おねぇ様と大人セックス!人妻の魅力にはまるきっかけに

専門学校を出てから、僕は夜勤のコンビニでバイトをしている。やりたい事がない。
というか、別に一人暮らしには困らない。
ぼーっとタバコ吸いながら毎日を過ごしている。
僕一人がシフトの日に、返品処理の雑誌を暇つぶしに読んでみた。夏の出会い必勝3本勝負、とか書いてあった。出会い系サイト、ナンパ、街コン。僕が挑戦できそうなのは出会い系サイトしかないので、とりあえずハッピーメールに登録だけしてみた。
しかし、深夜のお客は酔っ払いか変なおっさんしかいないんだ。クソ。
適当に接客を終わらせ、アプリの登録を雑誌通りに書いた。
ていうか、この雑誌買おうか、迷った。
朝のシフト連中が来るまでにある程度終わらせて、僕は家に帰った。
とりあえず、安全に出会い系サイトでセックスまで辿り着きたいなら人妻らしい。
自分より年上の女性か。適当に30代後半の巨乳の女性へメッセージを送って布団に潜り込んだ。

夕方目を覚ますと、ネットでコピペしたメッセージに釣られた奥様方がメッセージをくれていた。まぁまぁスペックの高い人から、お金のなさそうな方までお返事くれた。
僕はその中から、一番話しやすそうな女性にした。スタイルがいいか分からないが、優しそうな人だった。
マキさん。36歳。僕より10歳より上。うーん、昼間のパートのおばちゃん位なのか。
プロフを読んでも、旦那が出張族でほとんど家にいない事くらいしかわからなかった。

メールでのやり取り

とりあえず僕なりのメッセージを返した。ネットでのガイドを見ると、簡素に優しくがポイントらしい。
「マキさん、僕には時間がいっぱいあります。よければお話聞かせて下さい」
バイトに行く前の時間だ。タバコを吸いながら、バイト先に歩いていた。
メッセージはスグに来た。
「Aくん、お返事ありがと。なんだか照れるな。バイトしてるんでしょ、大丈夫なの?」
なんか心配してくれる感じっていいもんだ。
「大丈夫。マキさんこそ、遅い時間にありがと」
バイトの時間はまぁまぁ楽しかった。ちょっとした彼女が出来た気分で、バイト仲間にコーヒーをおごってやった。
夜勤からあがると、メッセージが2通入っていた。
マキさんからで、1通は眠いだので、もう1通はバスローブに身を包んだ写メをくれた。
言うまでもなく、一発抜いてしまった。

デート

マキさんとはあれから定期的にメッセージを交わす仲になった。
ラインもスグに交換してくれた。
バイトの無い日はずっとラインをしたり、最初は緊張もしたが電話もした。
毎日コンビニ飯を食べている話から、マキさんがご飯を作ってくれる事になった。
なんとも言えない恥ずかしさがある。童貞ではないが、この彼女がいる感じがムズムズした。とりあえず、お互いのスケジュールを合わせた。土曜日のお昼、バイトもない大安の日にした。
「Aくん、私みたいなおばさんじゃつまんないでしょ?」
「マキさん、そんな事言うと余計おばさんになっちゃうよ?」
「それっておばさんってこと?ムキイイー!」
変な顔文字だ。彼女の見かけは、黒木メイサが年を取った感じ。スタイルは中々だ。
彼女との待ち合わせは駅前にした。ポニーテールにまとめた感じがなんともいい。
「Aくん、こんにちは」
「マキさん!」
僕と彼女は、駅前のスーパーで買い物をした。色んな話をしているうちに緊張感は消えていった。酒田市から少し離れているせいか人も少ない。
「ねぇ、マキさんはいいの?僕みたいな男で」
「何それ。一緒にご飯食べるだけじゃん」
曇り空は気分を重くする。
「まぁ、でも、うちの旦那より構ってくれる弟って感じかな?」
弟ってなんだよ。つぶやきながら、アパートの鍵を開ける。
「どうぞ。お入りください」
デートの前日にはちゃんと掃除はしておいたものの、緊張してしまう。
「男の子なのに、綺麗だね」
二人でキッチンに立って、無駄話をする。
マキさんは出会いアプリを一度だけ利用してエッチまでしたのだという。セフレにはならなかったという。逃げられちゃったと笑いながら僕を見る彼女を直視は出来なかった。

大人の関係

マキさんの作ったチャーハンは美味しかった。冷やしたウーロン茶を飲みながら、僕は茶碗類を流した。
「ねぇAくん、あんまりこういう出会いした事ないでしょ?」
なにそれ?笑いながら返事をする。
僕は値踏みされているような気はした。そんな変な空気のなかで、マキさんが僕の横に立った。ゆっくり僕の顔を持ち上げてキスをしてくれた。
「んっ」
流しの水を止めて、僕は彼女を抱きしめた。
「弟君じゃなくなったね。いいよ、おいで。最後だよ」
僕はマキさんをゆっくり床に寝かせて、彼女の体を求めた。柔らかくて、いい匂いがした。
「あああっ!もっと!」
彼女のなかを突けば、突くほど敏感になっていた。
「ねぇ、イキそう!マキさん!」
「あああ、いいよ、来て?精子ちょうだい!」
ぎゅっと最後まで出すまで僕を離さないマキさんは最高だった。
でも、もう彼女はラインすら返してくれなくなった。

ハッピーメールのエッチ体験談一覧

-ハッピーメール
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」