セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』
体験談 神奈川 SM

PCMAX

SMプレイって実際のところ何が面白いだろう、と試した件

更新日:

かつて、横浜は、もっと恋人同士がイキイキと闊歩していたような気がしますね。
私もその一人で、山下公園や、みなとみらいでロマンチックな恋を語って来たのです。

横浜には、最も素敵な恋人たちがおり、他の恋人たちは、格好いい恋人たちを見て、自分たちもああなりたいと相乗的に成長して来たはずです。
しかし最近、32になった私は、山下公園を一人歩く機会がありましたが、そんな気配を不思議なほど感じないのです。

横浜というイメージ

横浜といえば、東京とは違う、異国情緒がかつてから存在していたのではないでしょうか。だから、横浜は、みなとみらいや、山下公園、赤レンガ倉庫などの場所で、ロマンチックに浸ることができたのです。

しかし、果たして異国所情緒ってなんなのでしょうか。誰もが簡単に海外へ行ける時代、横浜で海外に夢を見る姿勢もなんか芋クサイという感じがありますよね。

結局、横浜という存在は、恋人同士にもてはやされるほど、全然スタイリッシュな存在ではなくなってしまったのです。

異国情緒は、価値を失い、現在山下公園を求めているカップルって、まるでいま田舎から電車でやって来ましたという感じのカップルばかりなのです。あとは、ほとんど、休暇に出来るだけお金を使いたくないファミリーでしょう。

さて、格好いいカップルは一体どこへ行ってしまったのでしょうか。

格好いいカップルは、横浜まで出向くクルマを持たず、めまぐるしく変わる東京で、ぐいぐいやらかしているのかもしれません。

私に言わせれば、過疎化してしまった横浜こそが、私にとって、マニアチックな性を追求する絶好のスポットと言いたいのです。

私は、いま、ほとんど結婚しなければならない意識を持たず、結構性的に我が儘なんです。

いま、私に研究意欲をわかせているものは、SMプレイです。

SMプレイとはなんぞやということを、現在、セックスフレンドと暗中模索している最中です。

アダルト動画サイト そして

一人だから、私は、何も山下公園へ出掛けて行く必要もないのです。最初、家でインターネットから、アダルト動画サイトを悶々と制覇してやろうという気持ちでいましたね。

アダルト動画サイトのパンチラ盗撮で夜な夜な抜く虚しい日々を過ごし、私は中核な性の世界に出会うことになりました。

それは、SMプレイです。

私は、SMプレイに興奮しているということではなく、SMプレイがなぜ、人たちをこの上なく興奮させるのかが理解出来ないから関心を持って見ているのです。

こんな馬鹿な、アダルト動画サイトの使い方をしている人たちもそれほど多くはないのかもしれませんが、SMプレイの動画を購入して、抜く訳ではなく、こんな方法もあるのか……なんて、ごくごく客観的視野のまま、脳にインプットして分析している自分がいました。

ここには、私が現在、想像することができないほどの性の快感が存在していると段々と期待もするようになって来ましたね。

でも、なんだか腑に落ちないのです。かつてSMプレイは、ブルジョアの快楽とも言われ、大人たちはブルジョア気どりをしたいから、性的に興奮しているふりをしているのではないかという思いもあります。 そんなことして楽しいのでしょうか。

チャットレディーに問う

その後、私は、ライブチャットにはまったこともあります。チャットレディーと、いろいろエッチな会話をするのがライブチャットなのですが、 私は、ライブチャットのチャットレディーに、SMプレイの本質はなんぞやということを、いろいろ質問してみました。

SMプレイの本質とはなんぞやということをノンアダルトのチャットレディーとしていたら、いきなり“キック”されてしまいました。

どうSMプレイを論理的に語ろうとてしても、それは普通の会話ではあり得ないのです。

アダルトのチャットレディーと向きあえば、いきなり、自分のおマ●コに、こけしさし込んで「アヘアヘ」やっているし、こんなんじゃ、SMプレイとはなんぞやという論議は出来ないでしょう。

SMプレイって、こんな感じでアヘアヘやっている女の子たちが、結局、そのようなアヘアヘに飽きてしまって、リアルセックスを求めて、リアルセックスにもいずれ飽きてしまった結果、マンネリ化を打破するために存在しているモノなのでしょうか……。

セックスを追求し、マンネリ化してしまえば、必然的に辿り着くものなのでしょうか。

チャットレディーの女の子は、そんな私に答えの材料は何もくれず、依然アヘアヘやっているだけです。

こんなの、私ここに別にいないでもいいじゃないですか!

インターネットは、回線が繋がってなくても彼女は間違いなくアヘアヘやり続けているんでしょ。

再び、ライブチャットをしようと思ったとき、相変わらず、彼女が、ライブチャットに居すわっているのを知り、なんだかライブチャットを使おうという気持ちがどこかへスーッと行ってしまったのです。

その後、私が利用するようになったものが、安全圏の出会い系サイト・出会いアプリであり、最強のPCMAXです。

出会いアプリPCMAXでSMプレイの実践を

きっと、私は、言葉で、SMプレイについてさも確信をつくようなことを言われてもなんとなくして受け止めることができないのだと思いますね。結局、私は、体裁でしかSMプレイを噛み砕くことができていないからです。

私が、しなければならないのは、「体験」です。

私がこれからしようと思っているのは、実験なのですが、そんな実験は、恋人とはすることができないですよね。恋人たちは、ただただ相手に気遣い、愛を確認しあうためにセックスをしているようなものなのです。 でも、SMプレイは、真の快楽の追求です。相手としっかり繋がるための手段ではない。

こんな実験にもってこいの相手といえば、最近はやりのセフレです。

出会いアプリPCMAXでは、セフレと安全にかつ気軽に出会うことができるから、相手をSM中毒にさせてしまっても、私には何ら責任はありませんし。

相手探しに成功

出会い系サイトでぶっちゃけ、なかなか美人とは遭遇することができないでしょう。

もしも、PCMAXで美女を見つけて、その女の子相手にして手錠などすれば、それもSMプレイでしょうけど、何か興奮の本質が違うという感じもあります。美女を拘束して従わせることに、男たちは興奮するという意味も判りますが、SMプレイには、それ以上の何かがあると信じたいのです。ブスとも同等の快感が得られるものが、性の快感の本質です。

実際に、出会い系サイトで、簡単に美女と出会うことができる訳ではありませんので、それを良しとして、どうでもいいようなブスをセフレの相手にすることにしました。

PCMAXで、ブスでも構わないとうい気持ちがあれば、釣れること釣れること、PCMAXって、こんなに使い勝手のいいツールだったのですね。

私の書き込みは、「SMプレイに関心を持っている女の子、横浜へ全員集合!」です。

結構、ブスで、SMプレイに関心を持っている女の子って多いんですよ。

出来れば、私が購入するだけでなく、相手の女の子もいろいろとSMグッズを持っていてくれるといいですね。

お互い、それぞれ持ち物を分担したりして……。

おぃおぃ、キャンプか……?

「オレは、アイマスクフェイスと全頭マスク、口枷、猿轡を用意するから、君は、キャッツアイSMロウソクとバラムチね」なんてね。

なかなかドキドキする会話のやりとりではありませんか。

SかMか役割分担

SMプレイの相手を決める上で大事な要素は、相手がSかMかということをあらかじめ明確にしておかなければならないことです。自分がSというのに、相手の女の子もSなら、それだけで、???ということになってしまうでしょう。

お互いにムチを持っても仕方ないのです。「格闘技」ではありませんし。

出来る限りグッズにお金をかけないで男性に任せてしまいたいという相手は敬遠したいですね。SMグッズも安くないのです。私、そんなにお金ありませんし、私ばかりに負担がかかってしまうスタイルはセフレではありません。セックスフレンドは基本、ウィンウィンです。

SM共同体が横浜に出没

もはや、田舎上がりのカップルと、お金を使いたくないファミリーばかりの山下公園に、「SM結社」が出没することになりました。

女の子は、見れば見るほどブスですね。誰って芸能人に例えるのは相当無理……、夏過ぎて道路にひっくり返っているセミみたいです。

そんなセミがは、エッグスンシングスに行きたいと言うので、待ち合わせは、そこですることになります。へぇ、まだパンケーキって強烈な人気なんですね。

私が待ち合わせ場所に行くまで、彼女が店の前で並んでいてくれたので、15分程度で入ることができましたが。

私も、あとあと行列に並び、彼女を遠めに見ていましたが、やっぱりセミですね。

彼女は、ボストンバッグを持っていました。よしよし、ここに一杯、SMという夢が詰まっているのですね。

こんなダサいボストンバッグを持っているのは、山下公園と言えども、一人もいないでしょう。しかし、これからSMプレイに突入する2人には、この鞄が非常にしっくりしています。

彼女とにかく美しくなくセミ人間であり、彼女に似合っていないとは言えないのです。この女の子なら、いつも会社に行くときも、こんな鞄使ってるんじゃないかなという感じですね。

でも、「仕事」と「遊び」と「快楽」はしっかり区別しなければ、ボストンバッグから、書くものを取りだそうとして、ローソクを握ってしまっては身の破滅でしょう。

私達は、ホイップクリームてんこ盛りのホイップクリームパンケーキをナイフで切り、切り、SMについて語り出したのです。ホイップクリームは、テーブルに出されてしばらくすれば、ナナメに傾いてくるくらいの柔らかさです。

となりのカップルは、ベイスターズのことを喋っていましたよ。筒香が調子いいとか悪いとか。

我々が語っていたのはアイマスクについてです。

今回彼女が購入したアイマスクは、いつもより格段に視界が遮られて、見えない不安が更に興奮へと変化していくというヤツらしいです。

山下公園を歩く

「せっかくここまで来たのだから山下公園まで行ってみようよ」と私は言いました。

セミ人間は、「welcome」と言いました。

日本語で言っていただきたいですね。ブスなのですから……。

welcomeという言い方は、そもそも合っているのでしょうか。否定してないことはわかりますが。ここは、異国情緒のある横浜・山下公園です。welcomeという言葉もふっと飛びだしてくるのかもしれません。

山下公園を歩き、相変わらず、田舎から出てきたようなカップルが、私達とすれ違って行きます。

私が既に抱いていた横浜に対してのイメージは、どうやら間違いなかったようです。そして、ここに、SM結社の異質のカップルが誕生しカップルたちを追い越して行きます。

どこか知らない国へ向かって行くだろう大型船が、大桟橋ふ頭から離れて行こうとしまう。しかし、私達SM結社には、ロマンチックという言葉が無関係であり、まるで、山下公園を侮辱しているようないい感じです。

ロマンチックに相反する姿勢こそが、SM結社の会員の資格です。一方でセミ人間は、ひょっとしたらはじめて山下公園に来て、こんな光景にロマンを感じてしまっているのかもしれません。

……と思いきや、振り返る彼女は、アイマスクなどつけていて、私を思い切り笑わせてくれました。

SMグッズとはなんぞや。

私にはまだまだ一杯わからないことがありそうです。

スターホテル横浜にて SM陶酔の魔力

ホテルのフロントマンは、このボストンバッグを見て、中に何が入っていると思っているのでしょうか。

中にはお札が一杯入っていて、我々は銀行強盗と思われているかも。

それとも、我々も田舎から出てきたとってもダサいカップルと思われているかな。

私は言いたい!ここには、SMグッズが一杯入っているのだと。

セミ人間は、SでもMでもwelcomeということです。

ですから最初は私がMとなり、彼女がSと決めました。

ホテルの中で、セミ人間は、 「アイマスク」をつけて、「光沢ラメ入りストレッチ亀甲プレイスーツ」を着用し、SMの女王に変身しようとしている最中です。

SMプレイの道具として忘れてならないのは「ムチ」です。セミ人間は、「ハンドスパンキング」なども用意して来ていて、私は、彼女が、Sになりきる様子を目の当たりにして、相対的にMに頑張ってなろうとする自分がいます。

そのとき、私「よょょょょ~」と、金色夜叉で貫一に蹴り飛ばされたお宮のような頼りない声を発してしまったのです。

これが私の失態でしたね。

セミ人間は、私が、無理にMになろうとして、奇妙な女々しすぎる芝居をしていることに、腹を抱えて笑ってしまったのです。

私も、なんだか、腹の底からおかしくなってしまって……。

SMプレイってなんだかわからないですが、楽しい遊びだったのですね。

私が用意して来た、「乳首クリップ」も、「SM調教首輪」「SM淫語札」「牝豚の鈴」、 「ボールギャグ」「開口器」「開口マスク」も、日常生活で見ることがないほど、どれも個性的で滑稽なカタチをしています。

あらゆるSMグッズに囲まれて、なんだか私はハッピーな気持ちになって来たのです。全部SMグッズをまとめて掬って、天井に向かいはなってやりたい気持ちです!

こんなアバンチュールに、キテレツな体験が、現代社会の人たちからストレスを解消して行くのではないでしょうか。

そのあと、ムチを使ってセミ人間は、私に‘“くすぐり攻撃”をしてくるから最悪ですよね。

果たして、SMプレイの本質とはなんぞや、結論は出ないままです。

でも、いいんじゃないでしょうか。PCMAXで、安全にセックスフレンドをいつでも見つけることができるのですし。実験はまた次回でも。

せっかくホテルに男とセミ人間がいるのだから、セミ人間に感謝して、最後は普通のセックスしてもいいとは思っていましたが、私その時、全然勃起していなかったのですよ……。別にEDということではありませんが。

心の繋がりもなく、相手に関心もなく、SMプレイの果てに、性的関心は自ずとわき起こるものと信じていたから、それが実現せず私のチンコは失望を語っていたのでしょう。

私は、そのあと、ジンを飲んでいたので、もっとチンコは最悪の事態になっていました。私、酔うと全然駄目なんです……。それでもセミ人間は、ベッドで寝入る私の萎えたチンコをもて遊んでいたようですが。

朝起きたら、セミ人間はもうそこにはいませんでした。全然萎えていると思っていたけど、側にティッシュがまるまって捨ててあったので、寝てる私は寝たまま一回は抜いたみたいですね……。ハハハ。

問題はそんなことではなく、 私、ベッドに手錠で拘束されてるんですよ。

PCMAXのエッチ体験談一覧

-PCMAX
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」