セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

PCMAX

宇都宮在住の専業主婦がPCMAXで不倫セックス

投稿日:

私は栃木県に住むごく普通の専業主婦です。
一緒に住んでいるのは夫と私、子供はまだいません。
私達夫婦には一つだけ大きな問題があります。
それは、私と主人は長い間セックスレスということ。
この記事では、セックスレスに悩んだ私がPCMAXでセフレを見つけたときの体験談をご紹介します。

私がPCMAXに登録した理由

栃木県の中でも栄えている宇都宮市、そこに私と夫は住んでいます。
この地域に住み始めたのは夫の仕事の都合のため。
友人も近くにおらず、夫とのことで悩んでも相談する相手は近くにいません。

私(もう私に女としての魅力はないのだろうか…)

徐々にセックスの回数が減っていき、最近では数ヶ月ご無沙汰なことも多い私達。
セックスだけが愛情表現ではないと頭では分かっていますが、女として愛されない寂しさに私はずっと苦しんでいました。
誰かに抱かれたい、女としての魅力を再認識したい。
PCMAXを見つけたのは、そんな時です。
スマホで調べ物をしていてたまたま目に入ったその広告をクリックすると、気づけばのめり込むようにサイト概要に見入っていた私。
そのまま導かれるように登録作業をおこなっていました。

宇都宮市内で会える男性を探す

登録をおこなうと、しばらくはただサイトを見つめるだけで活動していませんでした。
安全に出会えるかも分からないし、出会い系サイトを使うのなんて初めてで、どうすれば良いかよく分からなかったというのも正直なところです。

ある日、意を決して掲示板に書き込みをすることにしました。
内容は簡単に『宇都宮市内で会える人・既婚者なので秘密を守ってくれる人』といったものです。
ドキドキしながら掲示板への反応を待っていると、すぐに数人の男性から声がかかりました。
それぞれの方のプロフィールを見ていると、一人私と同じ既婚者の男性がいます。
同じ既婚者なら秘密も守ってくれそうだし、何より気持ちを理解してくれるのではないか。
そう思った私は、その男性に連絡を取ってやり取りを開始しました。

メッセージの感触は穏やかで女性扱いが慣れていそうな感じ。
主人以外の男性とメッセージを送り合うなんて久しぶりで、会う前からドキドキしてしまいます。
私達はお互いのスケジュールを相談し、金曜日の日中に駅に近いラブホテルで会うことになりました。

宇都宮駅近くのラブホテルで待ち合わせ

お肌の手入れをしながら待っていた金曜日。
既婚者同士の私達は、周囲から見られないようにラブホテルで待ち合わせをすることにしました。
駅からタクシーに乗って指定のラブホテルに行くと、駐車場から直接部屋に入れるタイプのようです。
彼から連絡が来た番号の部屋を探すと、濃いグレー色の車が停まっていて、すぐ隣に男性が立っています。

男性「はじめまして、◯◯さんで合ってます?」

身長は170後半程でしょうか、程よく筋肉がついた爽やかな男性です。
短く切り揃えられた髪型はとても清潔感があり、女性から人気がありそうな方だなと思いました。

男性「入りましょうか」

彼にうながされ、ホテルへ入室します。
久しぶりに履いたヒールの靴を脱ぎながら、とうとう引き返せなくなったことを感じました。

初めての不倫セックス

入室すると、ベッドに座って軽く雑談をします。
彼は話をしながら私の肩を抱き、太ももを軽く撫でながら私の様子を見ているようでした。

男性「◯◯さん、こんなにキレイなのにね」
私「もう…おだてるのが上手なんだから」
男性「おだててるんじゃないよ!まぁ俺も奥さんとセックスレスだから人のこと言えないけど」

事前のやり取りで、彼も私達夫婦と同じでセックスレス状態であるということは聞いていました。
私からすればとても爽やかで魅力的に見える彼ですが、きっと何か事情があるのでしょう。

男性「じゃあ、今日はお互い恋人みたいな気持ちで楽しもうね」

そう言って彼の唇が私に近づいてきました。
私はそっとそれを受け入れると、少しずつ舌を絡めあい、久しぶりのディープキスを堪能します。
それからはもう私も彼も夢中でした。

恋人時代を思い出す激しいセックス

ベッドになだれ込み、お互いを貪るように触り合う私達。
服をはだけ、下着も外し、彼が私の乳房を何度も愛撫するたびに体が喜びで震えました。
女として愛される喜び、快感。
それはこんなにも甘いものだったのか、と久しぶりのセックスに夢中になりました。
彼がギンギンになったモノを取り出して私のアソコに押し当てると、少しの圧迫感はありましたがすんなりと挿入されます。

私「あぁぁっ…!」
男性「大丈夫?痛くない?」

甘くとろけそうな声を私があげると、彼が私のことを撫でながら心配そうに声をかけてくれます。
痛みなんてなく、ただ快感に思考が飲まれそうになっている私は、ぶんぶんと首を振ることでしか返事が出来ません。

男性「◯◯さん可愛い…キレイだよ」

彼は腰を打ち付けながら、何度も私に「可愛い」「キレイ」と声をかけてくれます。
ずっと女として愛されていないことに不安だった私の心が、その言葉に溶けていきました。

男性「ごめん、もう出ちゃいそう。出す、出すよ…!」

ひときわ激しく腰を打ち付けられると、コンドーム越しに彼の熱い精液が発射されたのを感じます。
膣奥で感じる熱さに、私も少し遅れてイッてしまいました。
その後二人でしばらく呆然としていましたが、彼のモノを舐めて愛撫し2回目のセックスへ。
結局その日は帰る時間が来るまで、計3回セックスをしてお互い満足するまで貪り合いました。

PCMAXで出会ったセフレが私を救った

その彼とは今も定期的に会っています。
初めて会ってから約半年、関係は非常に良好です。
彼はセックスのたびに私のことを褒めてくれて、私も彼とセックスをするたびに女性としての自信を取り戻していきました。
いわゆるセフレ関係の私達ですが、彼と出会って以来私の心はとても穏やかです。
思いつめていた夫婦生活が、セフレのおかげで解消されました。
あの日、怯えながらもPCMAXに登録して出会いを求めて本当に良かったです。
私と同じ、夫婦の性生活に悩んでいる方。
あなたがもし、PCMAXへの登録をためらっているなら、ぜひ挑戦してみてほしいです。
きっとあなたの悩みを解消してくれるようなパートナーを見つけることができます。

PCMAXのエッチ体験談一覧

-PCMAX
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」