セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

Jメール

お父さん世代の年の離れたセフレ。富山のオジさんと出会い系サイトで知り合いエッチな関係に…!

投稿日:

私がオジさんと出会ったのは、出会い系サイトのJメールでした。

お互い富山出身なだけで、ほかに共通点は何ひとつありません。
年齢も二回り以上違いましたし、娘と同じくらいって言われちゃいました。

友達には援○みたいで、何か嫌じゃん?って言われたんですが…
年齢を重ねても性欲が衰えないオジさんとのセックスが気持ち良かったんです。

同年代とはちょっと違う体験を、赤裸々につづりたいと思います。

むしろオジさんが好き♪エロ話に花がさいちゃった

Jメールって女の子は若めですが、男性の年齢層はわりと幅広い気がします。
なのでこちらも気兼ねなく、年上にメッセージを送れる感じです。

オジさんからは、率直にメッセージを貰ったことを覚えています。

===
美香ちゃんこんにちは。
若い子とお友達になりたくて、メール送ってみました。
オジさんだけど、大丈夫かな?
良かったら連絡ください
===

私は半年前までキャバでバイトしていたので、オジさんに全く抵抗はありませんでした。
むしろタメや若僧より、オジさんの方が好みです(笑)

しかもJメールは身元確認をしているサイトだったので、お店よりよっぽど安全に思えました。
私もすぐさまオジさんへ返信することにしました。

===
はじめまして!
むしろオジさん好きです~♪
私で良かったらお友達…てか、セフレになってください~!
===

もちろん金銭のやり取りはなし、単純に体の関係だけです。
オジさんは何人か若い子のセフレがいて、慣れている様子でした。

すぐにLINEのIDを交換して、エロ話に花が咲きました。

「若い子とのセックス楽しみ。興奮する!」とか、「美香ちゃんのおっぱい見たい」とか色々と…(笑)

「オジさんスケベ♪」言っておきましたが、正直オジさんとのエッチを楽しみにしていました。
ぶっちゃけ私は見た目も派手だし、ヤリマンだね!と言われることも多いです。

オジさんからすると、娘と同じくらいの女の子とヤルわけなので、こちらもお父さんみたいな感じで…何だか興奮しました。

私は専門学校に通っていたので、いくらでも休みを合わせられます。
はじめて連絡をもらった3日後には、デートの約束をしちゃいました。

日本の渚百選に選ばれた雨晴海岸に感動…!

オジさんとは、日曜日に高岡駅で待ち合わせしました。
県内でも栄えている駅なので、電車での待ち合わせには便利です。

「おーい、美香ちゃん!…かな?」

「あ!オジさん!もう来ていたんですね!」

「美香ちゃん派手だねー!でもめちゃくちゃ可愛いよ。」

「ほんとですかー?嬉しいー♪」

オジさんは布施明に雰囲気が似ていて、ハンサムでかっこ良かったです。

若い女の子がオジさんとデートっ…怪しいかな?と思ったんですが、全然おかしな関係に見えないくらい、オジさんは若々しかったです。

夕暮れ前だったので、オジさんが「雨晴海岸へ行こう!」と言い出し、ドライブデートを楽しみました。

「美香ちゃん、来たことある?日本の渚百選に選ばれた海岸なんだよ。」

「へぇー!初めて来ました。知らなかったぁ~!」

ちょうどサンセットの時刻になり、キレイな海をオジさんと眺めました。
こんな景勝地に来られたのも、年上のオジさんのおかげです。

奥の細道の風景地にもなっている海岸は、想像以上にステキな場所でした。

ちょっとオジさんが好きになった私は、しっかり腕を組んでデート気分を味わいました。

海沿いのレストランに連れてってもらった♪

その後は、ドライブがてら海沿いのレストランへ行きました。
オジさんが行きつけのようで、マスターとも顔見知りでした。

若い男に比べて、年上は美味しいものを食べさせてくれます。
デートの時は、ちょっとお洒落なレストランへ連れて行ってくれるんです。

「美香ちゃん、ここワインが美味しいんだよ。飲める?」

「あ、うん。飲みたい。でも…オジさん車だから飲めないよね?」

「僕は大丈夫。美香ちゃん、好きなだけ飲んでね~。」

オジさんの、こういう気を遣ってくれるところも好きでした。
お金があるから好き…というだけでは、私はセフレにはなれないタイプです。

ワインに合うタパスとか、サラダとか、お腹いっぱい食べました。
創作イタリアンのようなメニューだったので、本当に美味しかったです。

「オジさん、女の子の好みが分かってるね♪」

「そうでしょ?良かった、喜んでもらえて。」

「このあと…どうする?行っちゃう?」

私が誘惑するように言うと、オジさんは嬉しそうに席を立ちました。

ワインと美味しい料理で上機嫌になった私は、お店を出て車内で激しいキス。

「お、おじさん…ホテル…行こう?」

服の上からおっぱいを激しく揉まれたので、ちょっと濡れちゃいました…

それにしても、オジさんの性欲はすごい。
まだ20歳の私よりも、よっぽどセックスに意欲的でした。

オジさんが感じ過ぎて、我慢汁が止まらない…

車を走らせて、到着したのは「夢の丘物語 ホテルシャトー」。
またまた外観からお洒落で、テンションが上がりました。

部屋に入ると、オジさんは私の体を見たいと言って脱がせてきました。
ほろ酔い気分だったので、ブラもパンツも脱いで…あっという間に全裸です。

「すごい…美香ちゃんの体、こんなにエッチなんだ…」

「いやっ。オジさんも早く脱いでよ…!」

オジさんは「お尻の形がいい」とか「おっぱいハリがある」とか言って、私の体にそそられている様子でした。

「美香ちゃん、ほら、お股見せてみて…!」

私はバックの体勢のまま、お尻を突き出して見せました。
後ろから激しく手マンされたので、もうビッチョリ…

「オ、オジさん、上手いね…気持ちいいよ…」

若僧では感じられないテクニックに、私は腰をカクカクさせてイキました。
体勢を変えようと思い振り返ると、オジさんのアソコもギンギンに…

「オジさん、そのおちんちん、舐めてあげるよ」
オジさんは40代後半の割には、ビンビンに勃起していました。

デュッポデュッポいやらしく舐めると、かなりの量の我慢汁が出てきました。
私はちょっと我慢汁が苦手なので、うまく吐き出しながらフェラを続けました。

オジさん、すごい感じてる…
舐めても舐めても、止まらない…

バックでイったオジさん…精子を太ももに擦り付けて…

オジさんはもうパンパンで、口に入るのがやっとの状態になっていました。
「オジさん、もう入れてよ…我慢できないよ…」

オジさんは私をバックの体勢にして、奥まで一気に挿入しました。
ゆっくりしたピストンがいやらしく、いつもより余計に感じました…

「美香ちゃん、アソコがピクピクしてる…エロいよ…」

そう言うと激しく突いてきたので、私は汁をまき散らしてしまいました。
オジさんはかなり経験豊富で、掻き混ぜるようにピストンを繰り返しました。

「イ…イクよ…美香ちゃん…!!」

私の太ももにフィニッシュすると、そのままアソコを擦り付けてきました。
ドロっとした大量の精子が、太ももから伝え落ちる感覚…すごくエッチでした。

別れ際に「美香ちゃんとセフレになりたい…」と言われたので、即OKしました。
オジさんとのデートは楽しいし、本当に気持ち良いエッチができたからです。

「オジさん、またセックスしようね!」と言って、今でも年の差セフレ関係を楽しんでいます。

Jメールのエッチ体験談一覧

-Jメール
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」