セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』
体験談 秋田 W不倫

YYC

秋田の昼顔妻です。真っ昼間からW不倫…手マンで大量の潮吹き初体験

投稿日:

「優しくされたい…」そんな寂しい思いを癒してくれる男性と出会い、
欲求不満を一気に爆発させることに。

夫との夜の営みが無くなり、かなり溜まっちゃっていたんです。
自分でもびっくりするくらいに体が感じ、何度も潮吹き体験してしまいました…

まるで昼顔妻。真っ昼間からラブホへ行き、今でもW不倫を継続しています。
手マンで潮吹きするほど、私の体は欲しくてたまらない状態でした。

この気持ち良さ…一度味わったら、もう一度味わいたくなる快感なのです。

お堅いイメージのYYCでセフレと出会う

夫に内緒で、私はいくつか出会い系サイトへ登録しています。

なかでもYYCは安全で真面目な出会いを求めているイメージがありましたが、
ここで体の相性が合うセフレと出会うことになったのです。

あまりにもセックスがしたかったので、平日の真っ昼間から
欲求不満な人妻をアピールして掲示板に書き込みをしていました。

ちょっと「昼顔」っぽいですが、私以外にも欲求不満な方が結構いるんです・・
夫が相手にしてくれず、セックスを希望している女性の投稿が目につきました。

翌日YYCの掲示板をチェックしてみると、お悩み相談に乗ってくれる男性を発見。

===
プロフィールに投稿文、見ました!
僕で良ければ、話聞きますよ。
いきなりですが、LINEで話しませんか?

モトヤ 35歳
===

私がエッチな投稿ばかりしていたので、サクラだと思われたのかもしれません。
それを確かめるためなのか、LINEのIDの交換を提案されました。

私は会う気があったので、渋ることなく個人の連絡先を交換することにしました。
YYCでは、素早い行動がとにかく大事なのです。

===
ユメ 27歳です。
モトヤさんに会いたいです…!
欲求不満な人妻ですが、大丈夫ですか?
セックスがしたいです。
===

もうLINEでやり取りしていたので、エッチな発言を連発していました…
モトヤさんも、「勃起してくる」とか「ユメちゃんの体が見たい」と言ってくれました。

実は向こうも既婚者でしたので、W不倫ということになります。
そんな話をしながら、平日の昼間にちょっとだけ会う約束をしたのです。

平日の昼間…ファミレスで待ち合わせ

夫はいつものように仕事でしたので、平日の昼間こっそり会うことに。
ランチがてら、ちょっと遠いファミレスで待ち合わせをしました。

秋田市中通には、いくつかご飯屋さんがあります。
気軽に会えるファミレスは、主婦も行きやすくて罪悪感が薄れる気がしました。

モトヤさん「ユメちゃん、ですか?」
私「モトヤさん!ユメです。今日はよろしくお願いします!」

アイスコーヒー飲んでいると、スラっと背が高いモトヤさんが現れました。
俳優で言うところの、「堤真一」のようなさわやかな方でした。

でも私の頭のなかは、この時セックスでいっぱいでした。
正直、背格好の良い男性だったので、”アソコが大きそう…”と思ってしまいました。

モトヤさん「何か頼んだ?」
私「あ!まだアイスコーヒーだけ…です。」
モトヤさん「今日はご馳走するから、何でも食べてね~!」

モトヤさんはさわやかで優しくて、こんな人とセックスするなんて…と思うと、
ドキドキしてしまいました。

私「モトヤさん、今日お仕事は?」
モトヤさん「午後は休み取ったんだよ。ゆっくりしようね!」

私は夕方までに家に帰れば良いし、久しぶりにセックスができると思いました。
ファミレスに滞在したのは、1時間くらいでしょうか。

その後は、お互い躊躇せず近くのラブホテルへ向かいました。

ラブホ到着…淫乱な自分が恥ずかしい

到着したのは、ファミレスからすぐの「ホテルデジャヴ―」。
歩いて10分も掛かりませんでしたが、デート気分を味わえました。

私「夫が相手してくれなくて、私かなり溜まっちゃってる…ねぇ、キスして?…」
モトヤさん「ん…ん…」

急に甘えモードになった私は、モトヤさんの首に手を回しておねだりしました。
キスさえお預けされていたので、舌を絡めるだけでアソコがじわ~っと濡れました。

私「はぁ…はぁ…もっと抱いて…」
思い出すと恥ずかしいです。

私は吐息を立てながら、欲求不満な様子を隠し切れませんでした。
そこら辺の男性より性欲が強い私を、モトヤさんはしっかり受け止めてくれました。

モトヤさん「ユメちゃんのせいで、こんなに大きくなってる」

ズボンの上から触ってみると、真っすぐ勃起しているおちんちん…
スーッと下から上へ何度も触ると、モトヤさんのキスも激しくなりました。

どうしよう、淫乱な自分がもう抑えられない…。

ベッドに押し倒され、手マンで初めて潮吹き

そのままベッドに押し倒され、キスをしながら服を脱がされました。
激しいキスのせいで、もうアソコがとろっとろになっている私…

私「こんなことされて、我慢できないよ…」
モトヤさんが私のパンツを脱がして、指を入れてGスポットを刺激してきました。

グチョグチョと卑猥な音を立てて、いつものオナニーとは違う気持ち良さに喘ぎました。
男の人の指は、太くて気持ち良い…欲しくてたまらない…

モトヤさん「ユメちゃん、イッていいよ、すごく溜まってるよ」
モトヤさんの手マンがどんどん激しくなり、何かが込み上げてくるのが分かりました。

私「あっ。で、出ちゃうぅぅ…!」

頭が真っ白になった瞬間、ピュッー!!と思いっきり潮を吹いてしまったのです。

潮吹きしたのは、生まれて初めてでした。
おしっことは違う、あの押し出される快感…たまらなく気持ち良かったのです。

“尿道が割けるような痛み”と聞いたことがありますが、痛みなどは皆無でした。

「エロ過ぎて腰が止まらない」と言われ…また潮吹き!

たっぷりと濡れてしまった私のアソコへ、いよいよ挿入することに。
もちろん妊娠しては困るので、ゴムを着けてもらっています。

モトヤさんは、「ユメちゃんのオッパイ、形が良いね…とろけた顔が可愛いよ…」と、
興奮するようなことを言ってきました。

私は感じ過ぎていたので、腰をカクカク痙攣させていた気がします。

私「モトヤさんのおちんちん、はちけれそう…すっ、すごい勃起してる…」
モトヤさん「ユメちゃん…感じ方がエロ過ぎる…腰が止まらないよ…!」

何度も何度もイカされて、お互いにエッチな台詞を言い合っていました。

「ん…はっ、、!イっちゃう…!」
手マンで既にどうにかなっていた私は、また何かが込み上げてきました。

ピュッ、ピュッ、ピューーッ!

モトヤさんがタイミング良くアソコを抜くと、勢いよく潮を吹いたのです。

「あっ、あーっ!!気持ちいい…!」
私はラブホの部屋中に響き渡るような声で、絶叫していました。

モトヤさんもビンビンに感じていたので、また勃起したアソコを挿入しラストスパートへ。
最後は絞りだすかのようにピストンして、射精へと導かれたようです。

男の人に優しく包まれるような感触…安心感というか、心と体が癒された瞬間でした。
また潮吹きしたい時は、モトヤさんに会って思いっきり発散させてもらっています。

お互い既婚者ですが、こういったセフレ関係なら良いんじゃないかな…?
不倫というと重いけれど、とにかく体の相性が合うのです。

YYCのエッチ体験談一覧

-YYC
-,

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」