セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

ハッピーメール

セックスフレンドを連れだってハプニングバーでハプニングを期待したが思わぬ結果に!

投稿日:

出会い系サイトよりも、リアル出会いが出来る場所といえば、やっぱハプニングバーでしょ。出会い系サイトでモソモソやっているより、和歌山の男性は潔くあらねばならぬ!そこでオレはとあるハプニングバーへ出掛けていった。

和歌山・ハプニングバーで受けたとんだとばっちり

出会い系サイトなら、スマートフォンで、セックスフレンドを物色して、即タップ。パンダのシャンシャンでもわかる。

でも、和歌山のハプニングバーといえば、どこ探してもお店が見つからないではないか。オレは仕方ないから、お店に聞いたね。基本、ハプニングバーとは、お店の看板が出ていて、ネオンギラギラの風俗という感じではない。

オレは、ようやく案内通りの建物のドアを見つけた。中へ入る。

ハプニングバー 独身男性あり?

オレは、お一人様の独身男性34歳。ここで年齢は関係ないが、覚えておいて欲しいのは、基本、ハプニングバーというものは、カップルのために存在しているということ。

オレには、一応彼女というものがおるのですが、彼女にハプニングバーに行こうぜと言っても、OKなんてするはずはない。

なんて、自慢じゃないが、オレの彼女は、和歌山大学出のマジメ女で、IT企業で、日々忙しく仕事をしている。もっと言えば、オレもそのIT企業に勤めているのだが。

人それぞれで、IT企業には、こんなエロいしたがりの男もいるということ。

オレはエロい刺激を求めていた

実際にオレは、ハプニングバーというものを知らない。こんなオレは、ハプニングバーにとてつもない刺激があると期待しているのだ。

看板もネオンもないハプニングバーのチャイムを鳴らせば、胸元の広くあいた赤い服を着た女が出てきた。年齢は37歳という感じかな。オレは、この女と、セックス出来るんだと、何もわからないから思っていたね。

しかし違う。彼女は、そこで仕事をしているだけ。いわば、バーテンダーか。

オレは、女に案内されて、バーに通された。なんだ、普通のバーじゃん。

ハプニングバーでお酒を飲んでいるだけ

果たしてハプニングバーとはなんぞや。みなさんは、はっきりと理解しているだろうか。安心して利用出来る出会い系サイトでは、相手を決めて、メッセージを送り、クリックするだけ。しかしハプニングバーは違う。

ハプニングバーには、ハプニングバーのルールがあり、覚えておかなければならないのは、何度も言うがお一人様男性は非常に立場が悪いということ。お誘いがかからぬ限り、オレは、結局、バーでお酒を飲んでいるだけなのだ。

こんなつもりで来たんじゃないのに。よりどりみどりの女の子と、パカスコセックス三昧したいのに。

覗き穴からカップルを覗くことができる

ただし、こんなオレにも救いの女神が優しい声で囁いてくれたというか、そんなお一人様男性のために、覗き穴があって、別部屋で行われているカップルたちのあられもないセックスの様子を、生で見ることができる。

もちろん、オレは覗いた…。ぉぉぉおおおお!なんじゃこりゃ!!中では、カップル2組がスワッピングを。男性らは、少しでも変態モードをもりあげようと、ピンクのミニスカセーラー服を着ているではないか。

オレは思ったね。オレもああいうのしたい!!オレだったら、赤い血だらけのナース服を着るね。そして、注射器などもって、女の子のケツに注入してやりたい…。

ぉぉぉぉ。オレのこころにある、変態がムクムクと顔をもちあげて来る。こんなオレの本質を、彼女は何も判っちゃくれないのだ。

彼女にはお願い出来ないから出会い系サイトを利用した

彼女に、ハプニングバーへ行こうぜということをお願い出来れば一番話しは簡単だか、彼女はそんな女ではない。セックスはあるが、お堅いノーマルセックスであり、彼女にとって、オレにある程度愛情を示しているからセックスを受けてくれているものの、セックスなんて存在は一回こっきり、赤ちゃんを生む時だけでいいとでも思っているのだろう。

そんな彼女が、昨日お弁当を作って来てくれたが、お弁当ではセックスは出来ない。

そこで、オレは、再度変態プレイを挑戦したいから、ハッピーメールなど利用して、サクっとセフレを見つけてやろうと思った。

賢いでしょ。というよりは、最初に出会い系サイトを利用し、セックスフレンドを見付けてから、ハプニングバーに行けば良かったのだ。オレの情報不足だね。

セフレは簡単に見つかった

出会い系サイトを利用して、こんなに簡単にセックスフレンドが見つかるとは思わなかった。オレは思ったね。みんな変態プレイで、日常生活を打破したいと思っているのだということを。

現代社会は、ストレスに満ち満ち、マンネリ化し、ノーマルセックスのすきま風が吹き付けている。あきらめたようにセックスを終える男性、冷めた目でパンツを履く女。これが都会のセックスだ。こんなセックスの呪縛から逃れたいと、夕子さんもオレに手を差しのばして来たのだ。

オレのメッセージは、「ハプニングバーでいいことしましょ」

女の子の返信は、「おおいに関心あルルルルル♪」

カップルを装い、再びハプニングバーへ

まず、ミニスカナース服を購入。血だらけのナース服は売っておらず。注射器は、赤ちゃんが遊ぶようなものを取り敢えずゲット。女の子のケツにぶっさすのにはちょっと小さすぎかな。

血は、お家に帰って、デルモンテのケッチャップを、ベトベトとつけて。それをしている自分を客観的に見て、相当変態だと思ったね。

オレは、ナース服と注射器を持参して、ハッピーメールで、セフレを見つけて、堂々とハプニングバーのチャイムを鳴らした。何事もスムーズにやっている今度の自分は、偉いでしょという感じで、背筋が普段よりもピンと張ったりしていた。

夕子さんは、オレより背が高い。容姿は、そこそこかな。まあ、すぐに相手の女の子と交換してやるから、別にどんな女でも問題ないということ。

ハプニングバー?本当のことを言えば、堂々とスワッピングバーと言ってしまっていいのではないか。

セックスルームに通される

オレは、セックスフレンドというカップルをゲットしたことで、念願のセックスルームに入ることを許可された。そこでは、既に、複数のカップルが、汗まみれのセックスをしている。

また、ミニスカセーラー服を着た男性がいたね。常連客らしい。最初、オレは、流石、カップルたちのセックスの光景の中に入り戸惑いがあった。手が震えているが、武者震いか。

オレは、持参のナース服にルームの隅っこで着替えていた。ケチャップの臭いは、相当キツク、部屋中に充満していた。なんだってオレはケチャップを選んだろうだろう。まるで、部屋はオムレツ定食を注文したかのよう。

そのとき、美味しい臭いにクンクン臭いのもとを嗅ぎ付けて、あのセーラー服野郎がこっちへ来た。男性は頭が禿げている。頭が禿げている男性は、精力絶倫で変態体質というのは本当だろう。 部屋の中は暗いが、男の禿頭が全部灯りを吸い寄せ放出していた。

お前の頭は、和歌山の友ケ島灯台か。

セーラー服の男性は、ニタニタした顔をして、こちら来て、「そのナース服、結構頑張ちゃいましたね」と。

男は更に言った。「ハプニングバーに来るのなら、その程度の変態努力は自らしなければならない」と。

そして、「あんた、こないだ一人でいらっしゃって、覗き穴から見ていたでしょう」と。

なんで、そんなことがわかるのか聞いてみたら、禿げ男は「男の勘」という。

なんだこいつは。

セックスするもののなんだか感じが違う

本当にセックスフレンドは都合のいいものであって、出会い系サイトで適当なセックスフレンドを見付け、交換してしまえばいいのだ。ここに、未知なるスワッピングの体験が。ここには、セックスの最大なる刺激があるはず。

いや違う。

ここまで順風満帆と思っていたが、あきらかに何かが違っていた。オレは、禿げ男の中年太りの奥様をあてがわれて、奥様にナース服を舐めるようにして脱がされていく。

女は言っていた。「高野山のように深く、那智の滝のような清らかなセックスをしましょう」と。

オレのセックスフレンドパートナーは、禿げ男のもとに行き、舐め回されている。

つまりだ。

ここに不足しているのは、セフレが、禿げ男に舐め回されていることに対しての、“嫉妬・ジェラシー”なのだ。

ジェラシー、愛の言葉は、愛の裏側ジェラシー…♪

本当のスワッピングとは、最愛なる奥様が、相手の男に弄ばれるから、ここにジェラシーがわきたち、セックスに刺激を与えてくれているのです。

オレの提供したものはセックスフレンドに過ぎない。会ったばかりのセックスフレンドが禿げ男に弄ばれることに対し、ジェラシーなんて感じるはずないし。

沈没。

撃沈。

オレは、帰り道、泣きながら彼女に電話をしたね。

スワッピングしようぜと言いたい…。

しかし言えない。

そのとき彼女はオレに言って来た。

「ケチャップの臭いがする」と。

バカだな、電話でなんでそんなことがわかる。彼女はそのとき言っていた。

「女の勘」だと。

ハッピーメールのエッチ体験談一覧

-ハッピーメール
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」