セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

ワクワクメール

地方は終わコン?そんな訳ない!出会い系で本当にエロいおまんこを探すなら地方女子が一番エロくて最速で会える!

投稿日:

地方は人口が少ないからヤレないってのは、昔の話。今じゃ、地方でも十分いい女がいるし、写メで選び放題なこの環境!楽しまない男だけが損をする!

ダンサー志望のJDとカーセックス

出会い系アプリで今一番熱いのは、地方だ。

理由としては、何だかんだ言ったって、出会い系の利用者のほとんどが県内で会う事を前提で話をしているのだ。それに男のほとんどが車を持っている。都内に住む俺の友人なんか大学を出て以来、ハンドルは握っていないという。デートへの対応が広いのだ。
俺は和歌山市内に住んでいるが、同じ趣味の女の子は比較的安全にやり取りが出来た。ダンサーになりたいエリコは、大学2年生。サークルには入らず、地元のダンススタジオで深夜まで練習しているらしい。
ワクワクメールのアプリだけでも良かったので、ライン交換はそこまで重視してなかった。
だが、向こうと長くやり取りするにつれ交換の話が出て、簡単にゲットできた。
「Aってさぁ、なんで就職しないで遊んでんの?」
「いや、実家の店もあるし?つーか、仕事はしてるから。」
俺の実家は小さなレストランをしている。5年前から俺が夜この店を飲み屋として切り盛りしてるが、悪くない稼ぎだった。
エリコはずいぶん来たがっていたが、いつかな?でごまかしていた。

アッシーのはずが、駐車場でパコパコ

俺が店の締めも終わって、そろそろ自分用に酒でも飲むかって時に、エリコからメッセージが来ていた。
「まじ土砂降り!助けて!」
そういえば、今日は近所の客以外誰も来てなかった。雨だったのか。店のBGMを止めると確かに雨の音がした。
「エリコってバイクだっけ?送ってやろうか?」
「今日は雨降るって話だったからバイクじゃないの。バス。だけど、もう駅まで歩こうかな?って。」
ラインの通話ボタンを押す。
「今から迎えに行くから場所教えろよ。」
思ったより店から遠かった。というか、138沿いの道にスタジオなんてあんだ。教えてもらった場所をナビに入れて、車を出す。30分位か運転した。運転中に、ダッシュボードにゴムが入っているのはちゃんと確認できた。
「エリコ、お待たせ!」
窓を開けて顔を出す。初めて会うのだが、写メの交換は沢山していたので違和感はそこまでなかった。
「ごめん、まじで。先生ももう車で帰っちゃってさ。」
とりあえず、エリコを車に入れて駐車場に車を入れた。初めましての挨拶も早々に沈黙が続いた。
「ねぇ、なんで来てくれたの?」
俺は答えず、エリコのおっぱいを掴んだ。
「んっあん、もう。優しく、ああ!」
汗ばんだ首筋を舐めながら、柔らかい体を味わう。この夜、俺は初の出会い系にしてセフレをゲットする事ができたのだ。

宮前の看護師に自宅デート!

俺は初の出会い系「ワクワクメール」でセックス出来た事に感動して、ドンドン他の女にも声をかけた。
実は今回仲良くなれた宮前の看護師は、俺が内科に通ったときに俺を見た事があるという、まぁ面白いきっかけがあって成功できたのだ。
「ねぇ、胃の検査で先生に文句言ってたでしょ?」
「えーと、え?なんで知っとるん?」
これがきっかけで、俺の体調の話やら何やら。ルミは自炊できる男というか、自分が料理音痴なので俺の仕事を聞いて、ぜひ何か食べさせて欲しいと、お願いされた。俺はエリコとも続いているので、そこまで欲張る気はなかった。だから、速攻じゃあ、ルミの家でなんか好きなもんアラカルトで作ってやるよとメッセージを送ると、笑顔の写メとありがとうメッセージをもらった。結果、俺が食材等用意して、ルミが酒を用意する事になった。

まさかのキッチンで生ハメ

料理しない割にはちゃんと調味料がそろっていた。俺は笑い話を客と同じようにする感じで話して、ルミはワインをチビチビ飲んでいた。
「Aさん、なんであの時怒ってたの?」
「あ?あれ?順番待ちの間に水飲んだら、凄い怒られてさ。それで腹が立ったんだよ。検査の前に飲まないように!って注意書きもないし?」
お互いそんな病院あるあるを話ながら、俺の料理もどんどん食べていった。パスタがかなりお気に入りだったようで、俺のほっぺにキスをしてくれた。
「んじゃ、適当に洗うからゆっくりしててな。」
キッチンでフライパンを洗いあげて、一息つくとルミが立っていた。
「え?おかわり?欲しいの?」
「Aさんは、私のこと欲しくないの?」
ルミは薄いピンクのミニのスカートだったが、長い脚を俺に絡ませたせいでパンツが見えている。思ったより巨乳で、エロい。俺はベルトをはずし、パン1になると、ルミからパンツを脱がしてシャブり始めた。
じゅぽっじゅっじゅるる!
手慣れたテクで、どんどん吸い付いてくる。俺は我慢の糸と途切れてゴムも付けずに、やや無理やりだったがルミの腰を掴んで、後ろから思いっきり根本まで突き入れた。
「ああああ!あん、あ、あっ!」
クリを擦りながら付いてやると、これが好きなのか中がドンドンうねっていた。俺はこれにカリが吸いつかれた感じで、我慢できず出してしまった。それにも構わず腰を動かし続けて、あま立ちの息子をギンギンにさせて肉棒を楽しむルミの姿に、ナースは本当にエロイってことを教えられた気がした。

ワクワクメールのエッチ体験談一覧

-ワクワクメール
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」