セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

ワクワクメール

中年男性に残された性の喜びは出会い系サイト!思わぬ肉食系中年女性にそそのかされて、我慢できずにカーセックスを2発!これは病みつきになる!

投稿日:

恋愛に縁が遠くなったのはもう何十年間。急にセックスをしたいと思っても掴みとれる恋愛は出会い系しかない!自分にあった女性だからスグにゲットできる!

40代から遅咲きながらも

私が生まれたのは山口の小さな街。人口こそ少ないが、そこそこ満足できる生活はできていると思う。小さな商社に勤める私は、もう中堅の職についてから昇進こそないが、うまくやっているはずだ。周りからの評判を気にしながらも、車出勤の私は、夕方スタンドにガスを入れにいった。ほぼ、セルフと化した閑散としたスタンドの奥に黒の大きなアルフォードが泊まっていた。違和感はあったが、私はそそくさとガスを入れてメーターを見る。その時、アルフォードから女性の喘ぎ声が聞こえてきた。微かに揺れる車体。そういう事か。
私の記憶のなかでそんな色めいた話はもう何年昔か覚えていない。そう、私は一人なのだ。家に帰れば、野球観戦に一喜一憂してビールを潰して寝る毎日。ときめきが欲しい。ガスのメーターが一杯になると同時に私は、その場にいるのが不似合い過ぎる中年であると自覚して車を出した。

年齢はリスクがあった

スポーツ新聞に出会い系サイトの特集が大きく載ってあった。ビールを片手に私のような中年にもチャンスがあると書いてある紙面に乗せられて、私はハッピーメールに登録した。38歳。独身男性。なんとも痛々しい。なんとかプロフィールを埋めて、サイト内のきらびやかな女性たちにメッセージを送る。
はや2週間が過ぎたが、一切の動きなし。やはり私のような中年男性は風俗なり、外国人パブしか道はないのだろうか。安全に出会えるワクワクメールにお前は終わりさ、と言われてる気がした。

等身大の出会いを

登録して1か月が過ぎた頃、一人の女性からメッセージが届いた。34歳独身の女性。少しふくよかであるけれど、どことなく色気のある女性だった。ちょっと濃いめの化粧がよく似合い、仕事は事務らしい。
「Aさん、初めまして。私は昔から年下の方より年上の男性と関係を持つことが多くて。こんな年齢にいつの間にかなってしまいましたが、よければ仲良くしてください。」
彼女の名前はミキコさん。プロフィールには宇部市野球場での写真だろうか、ナイター観戦をしている彼女の写真があった。これはうれしい。早速私は返事を返した。
「こちらこそ、ご連絡ありがとうございます。ぜひ仲良くさせて下さい。よろしくお願いします。」
まるで社外メールのようだが、これがうまくいった。その日から朝の挨拶や、くだらない冗談の言い合い、晩御飯の話をする内に距離が少しずつ縮んでいった。
サイト内のやり取りから、社内で無理やり登録させられたに等しいラインを交換できたのはうれしかった。彼女の打つスタンプ?というのは何とも可愛いらしい。

こんな高校生のような文通を通して、私たちはやっと食事をする機会を得た。というよりもミキコさんから誘ってくれた。
「Aさん、給料日だし、どこか食事にいきませんか?」

まさかの展開

彼女を車で琴芝駅まで迎えにいく。車のなかを掃除して、急いで消臭剤やらも取り付けた。男身の私としては無用のアイテムだったが、これは女性の為にあるのか。駅の改札を出たところに紺色のワンピースに、黒のコートを羽織った女性がいた。ミキコさんだ。車を降りて、彼女に挨拶。
「お待たせしました、Aです。」
「Aさん、ごめんなさい、迎えに来ていただいて。」
彼女は丁寧に私にお辞儀をし、車の中へ入ってくれた。助手席に女性がいるのはなんだか変な感じだ。そこからちょっと出したところのレストランへ彼女と入る。
「男の人とご飯に行くのも久しぶりです。」
「私も同じですよ。さぁここはお魚が美味しいんです。」
刺身の盛り合わせを頼んで、私はウーロン茶。彼女は日本酒。なんだか反対のような気もするけれど、話はコロコロと流れて楽しかった。お腹一杯になるまで食べて、二人して笑顔になり店を出た。
「Aさん、明日お休みですか?」
「そうですよ、部屋の掃除でもしようかな。」
「よければ、海までドライブ行きませんか?」
急に私の手を握る彼女にドキドキしたのは、今でも忘れない。

海沿いの夜景

夜遅い海沿いの道は空いていて、車もみんな家路のほうへ走っていくばかり。見晴らしのいい駐車場があったので、車を停めてみた。
「夜の海なんて久しぶりだ。」
「私も。車はそこまで使わないから。」
少し沈黙が続いて、彼女が車のシートを後ろへ下げた。
「今日はごちそう様でした。なんだかリラックスってこういう時間を言うんですね。」
背伸びをしてるせいで、ワンピースの端が太ももを露にした。嫌でも目線がいってしまう。
「あは、気になります?」
彼女はワンピースを徐々にめくっていって、小さくつぶやいた。
「どうぞ、Aさんが満足できる体かは保証できません。」
脚を開く彼女に私は我慢の糸がきれた。彼女の白い太ももを舐め上げ、ワンピースの上から乳房を強く揉みしだいた。
「あっ…あんっ!そこ弱いです…。」
彼女のパンツ越に顔を突っ込み、とにかく舐めまわした。酸っぱい匂いが興奮してくる。
「ミキコさん、私も我慢できません。」
中年になっても性欲は衰えない。回数が減るだけだと新聞記事の話の通り、私のそれは固くなっていた。
彼女はうっとりした瞳で私に言う。
「その大きなおちんちん、欲しいです。」
パンツを脱がせ、そのままシートに覆いかぶさるようにして私は彼女を突き上げた。
「あああ…だめ、あん…あああ」
車内に響く声に蕩けそうになりながら、私は30分位だろうか。激しいピストンの果てに射精した。
彼女は丁寧におまんこから溢れる精子を舐めとり、私に告げた。
「Aさんのセックス、好きかもしれないです。セフレになってくれませんか?」
私は指についた精子を舐めあげる彼女に、また興奮してしまい2回目のセックスを狭い車のなかで開始した。

止めらない遊び

結果、私はミキコさんとセフレというセックスだけの肉体関係だけの関係になった。週末になると彼女は私の家に来て、色んなセックスを私に教えてくれた。なかでも彼女のアナルは風俗嬢も顔負けな程の気持ちよさで、カリを吸い込むあの感触はいつまで経っても忘れられない。
等身大の出会いを見つければ、私のような中年でも出会いはあるのだ。それが出会いサイトの秘密なのかもしれない

ワクワクメールのエッチ体験談一覧

-ワクワクメール
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」