セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

Jメール

甲府駅近くのカラオケ店員が俺のペニスをしゃぶる!Jメールはエロい女子多杉

投稿日:

生真面目な男であっても、ちゃんと求める気持ちがあればしっかり女性との距離を図る事が出来るのが出会い系アプリ!寂しい気持ちをしたならば、そこへ登録するしかない!

煌びやかな世界に憧れるも独り身

大学を卒業して、百貨店に就職した。当初はちょっと華やかな場所で働けるというステータスという魅力は何よりだった。僕の両親は昔ながらの料理屋をしていた。家に帰ると油の匂いとタバコの匂いが
広がっていた。温かい環境ではあったと思うが、そんな毎日は僕をげんなりとさせた。
そのせいか、清潔な雰囲気に包まれた職場は僕にとって気持ちのいいものだった。
しかし、30を過ぎて全く異性との出会いがなくなった今思えば、両親の店の常連客のような
寂しさを酒で紛らわす男達と同じだ。このままじゃ、いけない。変わらなければ!
インターネットで見る結婚相談所のようなお金をかける場所よりも、まずは出会い系サイトで、がんばろうと思う。

出会い系がきっかけであっても、気持ちはつながる

ちょっとエッチな感じのするサイトではあったが、Jメールに登録してみた。
自分でも驚いたのだが、女性も僕と同じアラサーと言われる年齢層が沢山いた。
嬉しかったのは、登録した日から5名近い女性が毎日足跡を付けてくれる事だった。
その足跡を付けてくれた女性のなかで、一番若い女性を選んでみた。
安全に出会う為にも、一番真面目なプロフを入れてるのが彼女だった。32歳で今カラオケ屋さんで働いている
そうだ。日記から感じる女性らしさにドキドキした。
僕はプロフの写メに、飲み会の時に撮った写メを載せていたが、それが急に恥ずかしくなった。
真剣に写メを取って、その足跡を付けてくれた女性にメッセージを送ってみた。
「初めまして。とても魅力的な方だったので、気になってメッセージしました。よければ仲良くして下さい。」
写メは甲府城で友達と撮った写メを乗せた。
昼休みにスマホを見てみると、お返事が返ってきていた。
「Aさん、メッセージありがと。なんだか照れるかも。でも、そう言ってもらえてうれしいです。Aさん、恋愛うまくいってますか?本当難しいですよね。」
なんだか落ち込んでいるようだった。アキちゃんは色白で目の大きな子だった。初めてアキちゃんの話を受けて
真剣にこの子の話を聞こうと思った。その日だけでなく、何日かかけて話を聞くと最近彼氏と別れたそうだ。
複雑な気持ちだったとは思うが、その話を受け止めたせいか、僕達はタメ口で話すようになっていた。

やけ酒の会って事で、僕たちは金曜日の夜に食事に行くことにした。
お互いの職場から適度に離れた市役所近くの居酒屋に決めた。もっと良い場所にしようと提案したものの
「初めて会うのに、いきなりおごりとかは申し訳なさすぎるよ。」
という事だった。僕はその日を楽しみにした。当日は残業をなんとか切り抜けてタクシーを飛ばした。
専門学校前近くの交差点にタクシーを止めると、一人の女性が立っていた。
黒のワンピース、スエードのハイヒール。小さなポシェットを持つ女性、それがアキちゃんだった。
「アキちゃん、ごめん、待たせて!」
「初めまして、Aさん。全然大丈夫だよ。」
僕たちはビールで乾杯してからは、ざっくりと腹を割った兄弟のようにお互いで笑い合った。
ラストオーダーでシャンパンをあけて、ぼーっとしていると
「Aさん、今日泊まっていい?」そんな砕けた雰囲気で僕に声をかけてくれた。
僕は曖昧にうなずき、店を一緒に出た。

すんなり初デートがいきなりのベッドインへ変わってしまう

「Aちゃん、いいの?」
ぎゅっと僕を抱きしめる彼女を見て、僕は店の前で彼女の唇を奪った。
舌を絡ませ、抱きしめた。我慢できなくなった。タクシーを止めて、駅前の東横インへ走らせた。
以前に残業で使ったことがあるせいか、タクシーのなかでダブルを予約するのは簡単だった。
「私のお店、近いかも。ドキドキしちゃう。」
お酒のせいではなく、只々恥ずかしさから来る頬の赤みだと思った。
僕は精算を済ませて、彼女をエレベーターに入る。
もうエレベーターの中では、彼女の体を触っても甘い声を出すだけの彼女だった。
「Aさん、私欲しくてしょうがないかも。」
「僕も我慢できないよ、アキちゃん。」
部屋の前で廊下に音が鳴り響くようなキスを交わす。胸を揉みしだき、彼女に息子を掴ます。
「続きはベッドでしよ?」
彼女は涙目で僕を見た。それが劣情を燃やした。
部屋に入って、僕は彼女を脱がし強引にキスをした。

ベッドに入る前に、彼女に僕の息子を掴ませた。
「アキちゃん、ほら欲しかったんでしょ?」
んんーっとイヤイヤするも、3秒後には根本まで吸い上げていた。カリの部分に執着があるのかずっと
カリを舌で舐め回していた。
「あんっ!」
僕が彼女のおまんこを触ると急にエロい声を出し始めた。それに興奮して、ぐちゅぐちゅと音を立てた手マンをすると
アキちゃんはベッドに大量の潮を吹いた。
潮を吹きながら「い、いくううう!」と大声を上げながら果てていた。
その夜がきっかけで、僕らは体の関係、つまり出会いアプリがきっかけとなったセフレ関係になったのだ。
駅前のカラオケ屋で働く彼女だったので、百貨店での忘年会の2次会はそこにして、僕はその店のトイレで
アキちゃんにフェラでご奉仕してもらった。こういうセックスに展開する出会いというのはこの非日常空間のなせる
技だと思った。

Jメールのエッチ体験談一覧

-Jメール
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」