セフレを作りたいけど出会い系サイトは危険だ、そう尻込みして何もできずにいませんか?実は今は出会い系業界は健全化がすすみ、誰でも安心して利用できるようバージョンアップされているんです。このサイトでは初心者が安心してセフレ募集ができる優良出会い系サイトとアプリを紹介します。

セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】

あなたにおすすめのセフレを急募出来る出会い系サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたの性活にGood!

  1. 20代女性に人気のエッチな出会い専用コミュニティサイト『PCMAX《18禁》』

Jメール

まさかの初アポからの初セックス?俺と話をしてくれたからには、時間をかけてしっかりセフレ関係へのプロセスを踏めば生ハメもあり!

投稿日:

男の一人暮らし。当然出会いなんてないんだけど。それが逆に出会いに飢えた男に変えてくれた。余裕をかました態度が逆に女心を開かせるきっかけになった。

四日市は男の欲望を満たす街じゃなかった?

大学を卒業して俺が就職したのは、三重の中堅の中小企業。ただの商社だ。サラリーマンになればとりあえず、生活は安泰するだろう。俺は津市の生まれだけど、せっかくならと思って四日市の会社にした。社会人としての生活は刺激的だった。一人暮らしを始めてから、何もかもが面白かった。
男の欲求としては、毎晩DVDを誰にも気にせず流せるのはよかった。オナニーし放題だ。仕事でストレスが溜まった日なんかはビールで酔いつぶれて朝を迎える事もあった。何にせよ、男の一人暮らしというのは悪くない。悪くはない、ただ、ただ俺は寂しかった。

出会いを盛り上げるには

大学にいたころは、合コンだのなんだので彼女も作る事はできた。社会人になってからは、そんな浮いた話はなかった。勝手に恋したコンビニの店員には声はかけられないし、定食屋のバイトの子にも話かける事すらできない。正直言うと、もう彼女とか真剣な恋愛よりも、セックスがしたかった。セフレでいい。それしかなかった。スマホでそんな事を調べていると、やっぱり成功率が高いのは、出会い系サイトしかなかった。俺はJメールってサイトに登録してみた。なんとなくキャラクターがかわいいなと感じたのが理由だ。

四日市の大学生を、ほんわかメールでしっかりツナぐ!

今まで出会い系っていうのは、いまいち使う勇気と金がなかった。しかし社会人になった俺には金はいくらかあった。とりあえず5千円分のポイントは用意した。思えば、一回の合コンよりも安い金額でこんな大人の遊びが出来るとは。普段の飲み代よりもエロの可能性が高いじゃないか。
女の子も沢山いた。こういう出会い系っていうのは、都会ならやる人も多いとは思ったけど、三重も負けじと参加者がいるもんだ。ていうか、大学生の子がけっこうな露出度高めの写メを載せていたのには驚いた。顔を見せている子とそうでない子の差は、外見に自信があるのか、ないのか、の違いだと思う。

ミサキちゃんからメッセージが来た!

俺はちっぽけな勇気を出して、メッセージを何人かの女の子に送ってみた。そうこれは時間のかかる遊びだった。考えてみれば、即メッセージをくれる女に出会う事じたいがレアだろう。しかも、だ。勉強させられた。なんとかメッセージをくれる女の子がいても、俺がエロ目的丸出しのメッセージを送ると一発でその子とはメッセージのやりとりができなくなる。そんな試行錯誤の末、やっとこさメッセージをくれる女の子ミサキちゃんとメールのやりとりができるようになった。

「A君。いつもメールくれるけど、いつもこんな夜遅くに終わるの?」
「お疲れ。うん、今帰ってきたんだよ。遅いのはあれだよ、飯食べて帰ってきてるから、それもあんじゃないかな?」
「あ、やっぱり男の人って自炊はしないもんなの?」
彼女が作ったというスパゲティの写メを見せられて、腹がグッと鳴った。大学生と書いてあったが、案外この子は大人っぽいところもあるんだろう。そんなやりとりを続ける毎日が何より楽しかった。

ジェラシーストームが手ぶら写メ ゲットのコツ!

課金した分のポイントが尽きるのに1週間かかった。後半はすべてミサキちゃんに使ってはいた。俺がフラッとポイントねーから、買うわぁとメッセージ入れた後に、悪用しないならというお約束付きでラインを交換する事ができた。
「A君、なんか素直だね。交換できなかったら、もしかして本当に課金してたの?もう社会人はお金持ちだなぁ。」
「そうかな?以前遊びに行ってた飲み屋に行かなくなったら、お金浮いたんだよ。」
「あ、キャバクラなのかぁ?もう~。」
実はこのメッセージは仕事の昼休みだった。そのせいで返事ができず、半ば疑いの目線のまま会話が途切れた。俺は誤解をとくにはどうすればいいものか。ちょいとどうしたものか、悩んでいた。
しかし、これが逆に功を奏した。ミサキちゃんは俺に手ぶらの写メを送ってくれていた。メッセージは浮気禁止!の一言。なんだかモテてる気がした。

勢いに乗ってペロペロしちゃおう

俺たちはこうして、ちょっとずつではあるが距離を縮めていった。秋の入り口には電話で話す間側になり、お互いに恋愛の話をした。そうして、出会い系サイトで仲良って1か月が経つあたり、俺たちは食事をする事になった。簡単に晩食を一緒に食いたいとぼやいたときに、照れくさそうにオーケーくれたのだ。

四日市駅で待ち合わせ。
「スーツなんてカッコイイじゃんか。」
そういって俺を腕を組んでくれた。おっぱいが歩く度にあたってエロい。俺たちは居酒屋で乾杯をした。とりあえず生で乾杯してから、彼女のペースはヤバかった。どうやらゼミの先輩にかなり嫌味を言われたそうだ。女の先輩って面倒らしい。
「ね、だからさ、A君。私は悪くないんだよぉ。」
うなだれるように俺の太ももをパシパシ叩く。俺はミサキちゃんの手を握った。簡単に腹を満たしたらいい時間だった。
「行くか。」
そんな話をしながら店を出た。夜の空気がうまい。ミサキちゃんが俺に抱きついてきた。支える感じで彼女のおっぱいも触ってしまった。柔らかい。
「ねぇ、A君の家行ってもいいでしょ?」
彼女に無理やりキスをして、タクシーに乗った。俺のアパートまではお互い無言だった。ドアを開けて暗い部屋。そこで俺の何かが吹っ切れた。彼女のスカートをめくり、手をいれた。感じやすいとは聞いていたが、もうパンツはぐちょぐちょに濡れていた。
「あ、あん!い、いや、もうAく、ん!」
俺は勃起した息子を彼女の太ももにゴリゴリしながら、彼女のおっぱいを鷲掴みした。そして、ぐちょぐちょのパンツを脱がし、根本までぶち込む。
「いやあああ!ああ、すごお」
彼女は玄関で立ちバックのまま俺とセックスをした。最初の一回戦は俺が主導だったが、シャワーを浴びながらの2回戦はミサキちゃんがフェラで主導権を握っていた。結局俺は彼女をセフレとして関係を結ぶことができたのだった。

Jメールのエッチ体験談一覧

-Jメール
-

Copyright© セフレQ募【全国地方別セフレ探し最新募集サイト&アプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved.

zz_1247
若い女性に大人気の『Jメール』でセフレ募集!
バナー:出会い系サイトの「Jメール」